子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

無印良品の「気になる冷凍食品・ごはん系」を初体験で食べ比べ!キンパ、個装おにぎり…編集部がうなったのは…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こだわりの素材や使い勝手の良さ、そして美味しさも兼ね備えた無印良品の“食”に注目してきたkufura編集部。これまでレトルトカレーやお菓子などの比べ座談会を開催し読者の皆さんにおススメしたい!というアイテムを紹介してきました。

今回、目を付けたのは、保存がきいていざという時に忙しい主婦を助けてくれる冷凍食品です!

20189月に販売スタートし、ごはん系からスイーツまで64アイテムが発売中。取り扱っている店舗は限られていますが、通販でも手に入るので、試してみたい!と思ったらおうちでポチッとできるのも魅力的ですよね。

 

編集部から食べ比べ座談会に集まったメンバーは、全員、無印良品の冷凍食品は初体験! みんな早く食べてみたくてソワソワしている中、まずはキンパやおにぎりなど、お腹を満たしてくれて頼りになる【ごはん系】からスタートです!

公式ランキングNo.1!「キンパ」の実力は⁉

キンパ(韓国風のりまき) 1本(8切れ)/490円(税込)

ライターS:少し開封して袋のままレンチン(600Wで2分20秒)してから、そのまま15分置いておくんです。無印の食品担当の方曰く、キンパは冷めても美味しく食べられるので、この解凍方法を開発したそうです。

チンした直後はまだ芯が固い感じで心配だったけど、ちゃんと均一に解凍されてますね! 無印良品の冷凍食品の中で人気No.1なので、すごく気になっていた商品です。

編集長ゴマ油が効いてて、とてもとても美味しい! 海苔がまた美味しくて、これはいい海苔を使ってるんじゃないかな?

編集Y:私もこのゴマ油のおかげで食べやすい。大根のしゃきしゃき感もいいですよね。

編集A:全体的にはやさしい味。味が濃い目のキンパが多いけど、これは子どもでもパクパクいけそう。

副編集長ひと切れが小さいからこれなら子どもも食べやすいよね。味も、さすが一番人気の美味しさ! 欲を言えば、この半分で4切れサイズがあると気軽に解凍できていいのに……。

編集長:解凍しちゃうと1本食べきらないといけないもんね。私も、4切れとスープを組み合わせたランチが理想かな。

編集N:私は1本ペロッといけちゃいます。食べすぎですか?(笑い)。甘辛の牛肉の味が強いから子どもも好きそうだけど、コチュジャンがもう少し効いてる方が好みかも。

混ぜごはんタイプで大好評「五穀米ごはんの鮭おにぎり」

五穀米ごはんの鮭おにぎり 400g(80g×5個)/490円(税込) (写真:無印良品)

ライターS:おにぎりの真ん中に鮭がまとまってるのかと思ったら、ほぐして混ぜてあるんですね。

編集Y:そうそう! ぱっと見は鮭感が無かったけど、食べたらしっかり鮭の味がする

編集長:味が均等になる混ぜご飯タイプが、結局食べやすいんだよね!

副編集長:うちの子たちも、白いご飯だけじゃなくて具もまんべんなく口に入る方が好きみたい。五穀米がプチプチして食べ応えがあるのもいいですよね。しかも、うるち精米、大麦、黒米、赤米は国産って書いてある!

編集S:化学調味料も使ってないし、安心して食べられるのがいいですよね。五穀米が固すぎないから子どもも食べやすいと思う

味と食感の組み合わせが◎「もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり」

もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり 400g(80g×5個)/490円(税込) (写真:無印良品)

編集Aもち麦のプチプチ感と塩昆布の味のバランスがちょうどよくて、これは常備したくなる! 塩昆布をこんなに細かく切るのは自分じゃ面倒でできないし……。

副編集長:刻んだ塩昆布がまんべんなくはいってるから、一口目から具沢山で口の中の食感も楽しい!

 編集Y:冷凍食品のおにぎりって、焼きおにぎりしか食べたことなかったです。もち麦の食べごたえもいいし、とにかく味が美味しい。5個入りで490円ってことは、1100円弱ですよね? すごい企業努力を感じる!

ライターS180gでご飯半膳分の想定だそうです。このサイズなら2個いけるから、何種類か常備してその日の気分で選びたい。

シンプル&定番派におススメ「押し麦ごはんの梅おにぎり」

押し麦ごはんの梅おにぎり 400g(80g×5個)/490円(税込) (写真:無印良品)

ライターS:海苔付きの冷凍おにぎりって初めてです! コンビニのパリッとした海苔もいいけど、このしっとり具合が手作り感があっていいですね

編集長:海苔がしっかりしてて美味しい。ただ、ごはんだけの部分が、他のおにぎりと比べると味気なく感じてしまうかも。

編集A:混ぜご飯タイプのおにぎりと食べ比べると、確かに……。おにぎりはシンプル派!の人に向いてると思います。

副編集長:ベーシックで食べたことのある味わいだけど、ほっとする味でもあるよね。

編集Y:飽きない味だしね! 梅が種入りじゃなくてペースト状になってるから子どもにあげやすいんじゃないかな。

編集S:私もペースト状になってるのが意外だった。これも混ぜご飯風にして欲しいな~。押し麦もとっても美味しいです!

おにぎりの包装に、主婦が喜ぶツボが満載!

ライターS:お皿に乗せずに、個袋ごとレンジにかけられるってラク! 蒸気穴が開いてるから封も切らなくていいんですよ。パッケージには1個で1分半、2個で2分半(600W)とありますが、今回は編集部のレンジで5個まとめてレンチンしちゃいました(700W4分)。

編集Y:個袋にも賞味期限が書いてあるんですね! すっごくありがたい!! 外袋にしか賞味期限が書いていないタイプだと、バラした時にわからなくなっちゃうんですよね。

 編集長:外袋が透明なのもいいよね。あと何個残ってるのかすぐわかる。賞味期限を1個ずつ書いてくれるのもそうだし、そういう細かいところに気づいてくれるのが嬉しい。

しょうがが効いたオトナの味!「あなご飯」

穴子飯 200g/450円 
袋を1~2cm開封し、袋ごとレンジで3分(600W)解凍 
(写真:ともに無印良品)

副編集長:すっごく美味しい! しょうがの香りも高級感があるし。でも、うっかり子どもに出したら「辛い!」って言われそう。「ピリッとしょうがを効かせた」とかパッケージに書いてくれると助かるかも。

ライターS:レンチンしてる間にしょうがのいい香りが漂ってきました! もっちりしたご飯の食感もいいですよね。

 編集N:ご飯のしっかりめの味付けも美味しいよ! あなごもちゃんと入ってて満足感もあるし。

 編集A口に入れるとあなごの存在感がよくわかるよね。夫婦の家吞みの締めにふたりで分けたらちょうどいいかも

編集長:ひとりで食べきっちゃうと、翌朝後悔する量だよね……。ふたつに分けられて、半分ずつ解凍できるパッケージにしてくれるとすごくありがたいな。

初体験の無印良品の”冷食“。自分でリピ買いするなら……⁉

編集S:『五穀米ごはんの鮭おにぎり』と迷ったけど……『もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり』! 歯ごたえがあって美味しいし、濃くない味付けが好みでした。

編集N:私も~! 塩こんぶのうまみにやられました。

副編集長:キンパと迷ったけど、私も1票! 初めて買うならキンパに目が行っちゃうけど、食べ比べてみると美味しいものが他にもあるって大発見でした。

編集A:私も『~塩昆布おにぎり』がいちばん好きだった! 『あなご飯』と迷ったけど……。

ライターS: おにぎりの実力には驚いたけど、自分で買うなら『あなご飯』ですね。なぜなら、冷蔵庫も冷凍庫も子ども用のものばっかりだから、たまには自分だけが食べる美味しいものをストックしたいので。

編集長:私も『あなご飯』。しょうがの量が多くて大人向けだし、だしと甘味が効いてて、冷凍食品とは思えないクオリティーだった!

 

『もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり』…4

『あなご飯』…2

どれも驚きの美味しさで、kufura編集部員が悩みに悩んでの結果でした!

”使える”シーンについてまだまだ話が尽きず……!

編集長:どれも無印さんらしく化学調味料を使ってないから、体に気を遣いたい妊婦さんや授乳中のママにもおススメだよね。忙しくてもチンするだけでいいんだし。

編集S:うちの子はレンジが使えるので、私がいない平日のおやつとか、塾弁におにぎりを使いたいですね。

副編集長:自然解凍でも食べられるのかな? 冷凍したまま子どものお弁当に入れてお昼にそのまま食べられると助かるんだけど……。

ライターS:必ず加熱が必要だそうです。なので、家から持って行って自然解凍されたものをレンチンして食べるならアリですね。

編集S:じゃあ、レンジが使えないお子さんの場合は、キンパがいいかも。大人がレンチンしておいてあげればいいですよね。

美味しくて”使えるシーン”も無限大の無印良品の冷凍食品に、座談会も大盛り上がりでした! 皆さんが常備したいアイテムはありましたか?

次回は、キッシュやホットサンドにフレンチトーストなど、解凍のひと工夫で出来立てのおいしさになる洋風朝食系のラインナップをお届けします!

 

【取材協力】

無印良品

撮影/横田紋子(小学館)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。