子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コストコ「韓国味付けのりフレーク」使い切り!おいしいアレンジ方法6選をご紹介します

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コストコといえば思い浮かぶのは、どーんと大容量&圧倒的にコスパの高い商品の数々。これらを上手に保存し、美味しく使い切るためにはコツがあるんです! コストコ歴16年目に突入したコストコマスターのバロンママさんに、kufura読者に人気のコストコ定番商品の「使い切り術」を紹介してもらいます。

第8回目は「韓国味付けのりフレーク」。フレーク状になった韓国のりが3パックセットになった大人気商品です。ご飯にのせて食べるのが定番という人も多いかもしれませんが、実はもっといろいろなアレンジのバリエーションがあるんです! 

コストコには韓国フードも充実しています!

こんにちは。バロンママです。

世界中から輸入された美味しいものがたくさん揃うコストコ。韓国フードでも、餃子やスープ、缶詰や調味料などなど、ロングセラーの大人気商品が数多くあります。

今回は、その美味しさはもちろん、使いやすさやシェアのしやすさでも人気の商品にスポットをあてて、色々なアレンジをご紹介させていただきます。

韓国味付けのりフレークの特徴

価格は3袋で1,498円

「とにかく美味しい!」と大人気の「韓国味付けのりフレーク(以下のりフレーク)」。コストコへ行く度に、飛ぶように売れている様子を目にします。

1袋あたり約500円。お友達どうしでシェアしたり、「美味しいから食べてみてね!」とプレゼントするにも手軽なサイズと価格です。

ごまが別添えに!ジップ付きパックで使いやすい

70g入りのフレーク状の味付けのりと、10gのごまがそれぞれ3袋入っています。以前はのりとごまが一緒になっていましたが、ごまが別添えになったことでより香ばしく感じられます。ごまの量も各々の好みや料理に合わせて調整できるようになり、便利になりました。

袋にはジップがついているので保存もラクラク! しっかりと空気を抜きジップを閉めて保存します。

1袋をすべて出してみました。たっぷりです! ごま油と磯の香りが食欲をそそります。特徴はやはり韓国のりがフレーク状になっている点。料理にトッピングしたり、混ぜ込んだりと、手軽に使えるのがいいですね。

おすすめ!手軽に作れる6アレンジ

SNSでも話題の「チュモクパプ」

最初はやっぱりご飯もの! のりフレークを使用したおにぎり2種をご紹介します。まずは韓国のおにぎり「チュモクパプ」を作りました。あまりに美味しく止まらなくなるため「悪魔のおにぎり」などという別名もあるそうですよ。作り方もとても簡単!

具材を小さく切ってご飯に混ぜるだけです。今回は、のりフレーク、付属のごま、たくあん、とびこ、小葱を使用し、味付けにはマヨネーズとごま油少々を使いました。

半分はそのまま握り、もう半分にはさらにコチュジャンを入れてピリ辛バージョンに。

プチプチ、コリコリ、サクサクといろいろな食感と味わいが楽しめます。具材はこのほかにも、のりフレークとごま、ツナ、揚げ玉に、マヨネーズとごま油という組み合わせも美味しいです。

コストコの試食で開眼!焼肉のたれ活用ご飯

コロナ禍以前、コストコでは売場のあちこちに試食コーナーがありました。数年前、のりフレークの試食が出ており、いただいてみるとあまりの美味しさにびっくり! 尋ねると、「ご飯に焼き肉のたれを混ぜ、のりフレークをかけただけ」とのことでした。

今回は、その味付けをおにぎりにアレンジ。炊きたてのご飯に焼き肉のたれ、小葱、のりフレークも少々入れ混ぜ、小さなおにぎりにし、さらにのりフレークをたっぷりとかけ、うずらの卵の目玉焼きをのせています。食べる直前に目玉焼きに焼き肉のたれを少々かけるとよりいっそう美味しくなります。

のりフレークと焼き肉のたれとの相性も抜群で、ご飯が進んでしまう危険なおいしさ! 特に男性にはウケが良いと思いますよ。

ナムルにトッピングして美味しさ倍増!

野菜をたっぷり美味しくいただけるので、我が家ではナムルを頻繁に作ります。今回は人参とターサイで作ったナムルにのりフレークをトッピングしました。

のりとごま油のコクと風味が加わり、サクサクとした食感も楽しく、いつものナムルがぐんと美味しくなります! のりフレークのトッピングがあるだけで、家族もナムルをよりたくさん食べてくれるんです。かけるだけでなく、和えてもおいしいですよ。

サラダにトッピングして食べ応えと風味をプラス

のりフレークは生野菜のトッピングとしてもおすすめです。今回は、今が旬の春菊とネギのサラダに。

このサラダを作るときは春菊をパリッとさせるのがコツ。茎を下から1cmほどのところで切り、水を入れたボウルに半日くらいつけておくと、春菊がぐんとみずみずしくなり、美味しさが段違いです。

ドレッシングはぜひごま油の風味がきいたものを。

キムチとも相性抜群!油揚げのピザ風

のりフレークは同じ韓国の食材であるキムチとももちろんよく合います。今度は熱々のお料理の上にトッピングしてみました。

油揚げは両面をフライパンでカリっと焼き、5~6等分にカットし、その上にキムチとチーズをのせ、オーブントースターでチーズがとろけるまで焼き、のりフレークをのせます。濃厚なキムチ&チーズにのりの香りが良いアクセント。

キムチチゲスープやキムチチャーハン、キムチピザ、豚キムチなどなど、キムチを使ったお料理にぜひ合わせてみてください!

おまけ:お弁当にも使いやすい!

のりフレークを、女の子の髪の毛に見立ててお弁当に詰めてみました。焼きのりのようにハサミなどで切る必要がなく、のせるだけなので簡単です。

今回はこの6品で1袋を使い切ってしまいました!

まだまだ相性の良い食材はたくさんあります。豆腐、納豆、スープ、餅、パスタやうどんにシーフード……。料理に混ぜたりトッピングするにも便利なフレークは、アイディア次第でいろいろな使い方が。ぜひオリジナルのアレンジを見つけてみてくださいね。

 

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。


バロンママ

コストコが大好きで通い続けて16年のライター。コストコ商品に囲まれた生活をしています。ブログやインスタグラムではコストコ情報を日々更新中!

ポーランドの食器「ツェラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理写真の撮影、レシピ提供をする仕事もしています。

ブログ:https://ameblo.jp/baronmamadesu/
Instagram:@costco_love_baronmama/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集