子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コストコ デリカテッセン名物「ピザ」使い切り!保存・冷凍・おいしいアレンジ方法を全部見せます

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コストコといえば思い浮かぶのは、どーんと大容量&圧倒的にコスパの高い商品の数々。これらを上手に保存し、美味しく使い切るためにはコツがあるんです! コストコ歴16年目に突入したコストコマスター、バロンママさんに、kufura読者に人気のコストコ定番商品の「使い切り術」を紹介してもらいます。

第4回目は「ピザ」。大きなピザはいかにも海外風でテンションが上がります。そのまま焼いて食べるのはもちろん、アレンジして食べてもまたよし! おすすめ保存術とおいしいアレンジ方法を、ぜひ参考にしてくださいね。

ロングセラーの定番人気商品「コストコのピザ」!

こんにちは。バロンママです。

コストコでは食品だけではなく、電化製品、カー用品、お花に日用品まで様々な商品を購入することができるほか、時期によっては家具やレジャー用品、ハロウィンやクリスマスなどの季節商品も登場します。新商品も次々に発売され、行くたびに新しい発見があるというのもコストコの魅力のひとつです。

コストコに行ったときはそんな新商品もチェックしつつ、まず手に取ってしまうのはやっぱりいつもの定番品。今回は、コストコ会員ならだれもが一度は購入したことがあるかもしれない!?人気の定番商品、「テイク&ベイク丸型ピザ 5色チーズ」の使い切りアイディアについてご提案いたします。

コストコ丸型ピザの特徴

コストコの名物とも言えるデリカテッセンコーナーのピザシリーズ! 初めてコストコでこのピザを発見した時には、その大きさにとても驚きました。

通い始めた16年ほど前は、ほかでは見たことがない四角い形をしていたことも特徴的でした。2014年ころから現在の丸い形になったと記憶しています。

季節ごとにいろいろなトッピングの商品が発売されますが、2021年の夏は期間限定で「遠州灘しらすピザ」を購入することができますよ。

ビッグサイズなのに約1,500円!

ピザの直径は約40cm。一方価格は1,498円(税込)と、とてもリーズナブルです。

トマトソースの上に、チーズがたっぷり!

食べきれない分は冷凍保存、解凍方法は?

賞味期限は購入日を含めて2日間あります。その間に食べきれない場合は切ったものをラップにくるみ、冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。

ピザをカットする際には、ピザカッターがあるととても便利。

4分の1サイズにカットすると、一般的なジッパーつき保存袋のLサイズにちょうど収まります。
その際、ピザの下に敷いてある厚手の紙をピザと同じ大きさに切り、ピザをのせたまま袋に入れると安定して入れやすくなります。

解凍するときは、今の時期なら1時間ほど自然解凍してからオーブンで焼成します。200℃で8分~9分が目安(焼け具合はお使いのオーブンによって異なるので、調整してください)。すぐに食べたいときはオーブンレンジの解凍機能を利用するのも便利です。

トッピングで楽しむアレンジ4選

そのまま焼いて食べてもとても美味しい5色チーズピザですが、今回はさらに具材をプラスして、4通りのアレンジをご紹介いたします。

(1)パイナップル&ベーコンでハワイアン風

甘さとしょっぱさのバランスが絶妙な、パイナップルとベーコンのピザです。パイナップルがのったピザは、コストコのフードコートでも期間限定で販売されて人気でした! 通常の薄切りのベーコンではなく、存在感の出るブロックベーコンを厚めに切って使うことで、甘いパイナップルとのバランスをとっています。

(2)子どもが大好き!ミートボールピザ

夏休み中のお子さんにも喜ばれそうな、ミートボールをのせたボリュームたっぷりバージョンです。見た目も楽しくなるように、ピーマン、赤パプリカ、コーンも一緒に。

基本の焼き時間は200℃で8~9分ですが、こちらはより香ばしい仕上がりが合うと思い、200℃で10分焼きました。耳までかりっとした食感になります。

お肉たっぷりのピザはみんな大好き。ミートボール以外でも、ウインナー、鶏の照り焼き、唐揚げ、炒めたプルコギなどをのせても美味しいです。色々な具材を用意し、子どもと一緒にトッピングするのも楽しそう!

(3)オイルサーディンのおつまみピザ

こちらはぐっと大人向けに。オイルサーディンとブラックオリーブのピザです。冷えた白ワインと相性抜群!

オイルサーディンの缶詰はスーパーでも手軽に購入することができます。ブラックオリーブの風味がアクセントになり、トマトの酸味も加わると、具材をのせて焼いただけとは思えない奥行きのある味わいです。仕上げにハーブシーズニングをひと振りしてアクセントを。

オイルサーディンはアンチョビに替えても美味しいですが、塩味が強いので量は控えめにします。

(4)バジル香るシーフードピザ

最後にご紹介するのは個人的にイチオシのアレンジ! シーフードたっぷりのジェノベーゼピザです。

パスタ用のジェノベーゼソースをスプーンでのせ、海老、ベビーホタテ、イカをのせて焼成しました。解凍したシーフードミックスでもより手軽に作れます。バジルの爽やかな香りがシーフードによく合います。

取り分けやすくなる切り方のコツ

具材をたっぷりとのせると、取り分けるときに上手にカットできなかったり、具材が偏ってしまったり。そのような時は、あらかじめカットして均等に具材をのせ、焼成するのがおすすめです。

同じ分量の具材をそれぞれにのせます。それぞれを離して焼くとチーズが溶けて横に流れてしまいやすいので、再びくっつけて焼成します。

焼き上がったら、ピザカッターで軽くチーズを切るだけで簡単に離れ、具材がブツ切りになることも、落ちてしまうこともありません。ピザカッターは100均などでも手軽に入手できますので、ピザをよく食べるという人はひとつあると重宝すると思います!

 

ここでご紹介した以外にも、トッピングの具材はお好み次第! サラミ、明太子、じゃがいも、ツナ、生ハム、サバ缶……ちょっと変わったところではソースのようにレトルトカレーをかけて焼いても美味しいです。ぜひいろいろな味を試してみてくださいね。

 


バロンママ

コストコが大好きで通い続けて16年のライター。コストコ商品に囲まれた生活をしています。ブログやインスタグラムではコストコ情報を日々更新中!

ポーランドの食器「ツェラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理写真の撮影、レシピ提供をする仕事もしています。

ブログ:https://ameblo.jp/baronmamadesu/
Instagram:@costco_love_baronmama/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集