子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コストコ「ベーグル」使い切り!保存・冷凍・おいしいアレンジ方法を全部見せます

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コストコといえば思い浮かぶのは、どーんと大容量&圧倒的にコスパの高い商品の数々。これらを上手に保存し、美味しく使い切るためにはコツがあるんです! コストコ歴16年目に突入したコストコマスター、バロンママさんに、kufura読者に人気のコストコ定番商品の「使い切り術」を紹介してもらいます。

第5回目は「ベーグル」。袋にパンパンに詰まった大ぶりのベーグルが2袋セットになっているので、「量が多いかな~?」と心配になるかもしれませんが、おすすめのアレンジ方法や保存方法を駆使すれば問題なし! コストコマスターの使い切り術をご紹介します。

コストコならではのボリューミーな逸品!

こんにちは。バロンママです。

コストコにはたくさんの商品がありますが、コストコのプライベートブランド、「Kirkland Signature(カークランドシグネチャー)」も魅力のひとつ。飲料、缶詰類、油類、香辛料、ナッツ類、キッチン用品、衣類、洗剤などなどたくさんの商品があり、どれも高品質! 私も何度もリピ購入しているお気に入りがいくつもあります。

今回は、「Kirkland Signature」から、コストコ会員ならだれもが知る人気商品、ベーグルのアレンジレシピをご紹介したいと思います。

コストコのベーグルの特徴

コストコのベーグルは、ベーカリーコーナーの大人気商品のひとつ。カートインする方も多く見られます。期間限定のフレーバーが販売されることもあり、どの味を食べても間違いない美味しさ。またベーグルは油脂を使っていないために、ヘルシーなパンとしてもおなじみです。特に女性に大人気!

2種類選んで購入できるので、今回は根強い人気の「チーズ」と「ブルーベリー」を購入しました。思わず「大きい!」と、声に出してしまうほどのサイズはコストコならではですね。

直径は10cm以上!

みっしり詰まった質感で、直径は10cm超え!

1個当たり約56円とお買い得!

そんなビッグサイズのベーグルは6個入りが2パックで680円。1個あたり約56円と、ほかでは絶対にない!といっても過言ではないプライスです。

ところでベーグルのもちもち感の理由をご存じですか? ベーグルは、オーブンに入れる直前に生地をさっと茹でているんです。それにより独特の弾力ある食感が生まれるんですね。

手間のかかる工程とこのサイズを考えあわせると、本当にコスパの高い商品だなあと思います。

本場でも愛される本格派の味

このベーグルを監修しているのは「Einstein Bros. Bagels (アインシュタイン・ブラザーズ・ベーグル)」という、米国内の総店舗数693(2021年8月現在)の、アメリカではとてもメジャーなベーグルチェーン店なんだそう。

本場でも人気のベーグルを、コストコで気軽に購入することができるとはとても嬉しいですね!

コストコベーグルの保存方法

ベーグルの賞味期限は製造日を含めて3日間です。

冷凍保存する場合は1つ1つラップに包み、冷凍用の保存袋に入れてから冷凍庫へ。

食べるときはそのまま自然解凍し、オーブントースターで加熱します。

自然解凍する時間がないときは、ラップをした状態のまま耐熱の皿にのせ、電子レンジ600Wで30秒加熱し、ひっくり返してさらに20秒加熱するとちょうど良く解凍できます。

サンドして、薄く切って…アレンジアイデア5種

トースターで焼くだけでもとっても美味しいベーグルですが、もちろん色々なアレンジで楽しむこともできます。今回はブルーベリーとチーズ、2種のフレーバーに合わせた5通りのアレンジをご紹介します。

(1)ベリージャム&クリームチーズベーグル

<ブルーベリーベーグルで>

まずはブルーベリーベーグルを使って、定番のクリームチーズサンドに! 横にカットし、オーブントースターで加熱後、クリームチーズとベリージャムをたっぷり塗ればできあがり。クリームチーズのコクがベリージャムの酸味をやわらげてくれる、最高の相性です。今回はミックスベリーで作った自家製のジャムを使用しましたが、もちろんブルーベリー単体のジャムでもおいしく作れます。

(2)新食感!こんがり焼きクリチ

<ブルーベリーベーグルで>

横にスライスしたベーグルにクリームチーズをのせたらグラニュー糖をたっぷりとかけ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼くだけ! とっても簡単なスイーツトースト風アレンジです。シンプルですがボリュームもあり美味しいので、忙しい朝にもおすすめです。

(3)おやつにぴったり!ベーグルラスク

<ブルーベリーベーグルで>

こちらはカリカリ食感が美味しい「ベーグルラスク」です。家族も大好きな1品! 水分量が少ないベーグルは、ラスク作りにぴったりなんです。作り方は意外と簡単。

  1. ベーグルを半分に切り、切り口を下に置いて4等分にスライスする(合計8枚分できます)。
  2. キッチンペーパー2枚をお皿の上にのせ、その上にベーグルを重ならないように置き、ラップをかけずに電子レンジの600Wで2分加熱後、ひっくり返して600Wで1分加熱します。
  3. 片面に溶かしバターをまんべんなく塗り、お皿にグラニュー糖を入れ、バターがついた面を押し付けるようにしてグラニュー糖をつけます。
  4. 140℃に予熱したオーブンで、グラニュー糖がついた面を上にして、20分ほど焼きます。

※オーブンによって加熱時間が異なります。焦げ付かないよう様子を見ながら調整してくださいね。

(4)具だくさんのBLTサンド

<チーズベーグルで>

チーズたっぷりの食事系ベーグルは、やはりサンドにすると美味しい! スモークベーコン、チーズ、トマト、レタス、レッドオニオン、アルファルファなどの具材をたっぷりとはさんだ、ボリューム満点のBLT(ベーコン・レタス・トマト)サンドです。

フライドポテトも添えてランチにどうぞ。

(5)“萌え断”サンドにチャレンジ!

<チーズベーグルで>

ベーグルの萌え断サンドも作りがいがあります。具材はお好み次第! こちらはチキン、レタス、ニンジン、紫キャベツ、トマト、茹で卵、アボカドの7種類の具材を挟んだものです。

萌え断サンドは一見難しそうですが、具材を層状に重ねていくコツをつかめば意外と簡単。断面を閉じたままで家族に出せば、パカっと開けたときに色鮮やかな断面が見えてちょっとしたサプライズにもなりそう!

具材はほかにも、ハンバーグ、ローストビーフ、照り焼きチキン、プルコギビーフ、唐揚げ、ポテトサラダ、鯖、サーモン、コロッケ、白身魚のフライやソテー、などなどアレンジの幅は無限大です。

 

大容量で美味しいコストコのベーグルは、コストコを訪れたときのマストバイ商品のひとつ。ロールパンや食パンなどのフワフワ系にはないもっちり食べ応えのある食感を、いろいろな食べ方で楽しんでくださいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

 


バロンママ

コストコが大好きで通い続けて16年のライター。コストコ商品に囲まれた生活をしています。ブログやインスタグラムではコストコ情報を日々更新中!

ポーランドの食器「ツェラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理写真の撮影、レシピ提供をする仕事もしています。

ブログ:https://ameblo.jp/baronmamadesu/
Instagram:@costco_love_baronmama/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集