子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「カルディ」の人気グリーンカレーを、チョイ足し&かさ増しでますますおいしく食べる方法

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

カルディマニアの中田ぷうです。カルディといえばエスニック料理の調味料が豊富!

今回はタイのグリーンカレーをより美味しくいただくために、おすすめのアイテムとつくり方をご紹介していきます。

本国タイでも味の高い評価を得ているメーカー「ロイタイ」のグリーンカレー

「ロイタイ グリーンカレー 250ml」198円

“カルディのグリーンカレー”と言ったら、大抵の人が「あぁ、あれね!」とわかるくらい人気の商品。

「ロイタイ」のレトルトグリーンカレーは、ココナッツベースの本格グリーンカレー。

このグリーンカレーを作っている「ロイタイ」は、本場タイでも高い味の評価を受け、人気のメーカーです。このグリーンカレーにもガランガル、カフィアライムピール、コリアンダーシード、クミン、レモングラスなどグリーンカレーに欠かせないスパイスがしっかりと使われています。

タイ人シェフに教えてもらった“厚揚げ入りグリーンカレー”

ちなみに「ロイタイ」のグリーンカレーに、具材は入っていません。そのため、具材は自分で用意しないといけません。

グリーンカレーに入れる具材といったら、チキンを思い浮かべる人も多いと思います。私もつい数年前までチキンで作っていましたが、実は私はチキンが嫌い……そのため、いつもよけて食べていました。

そんなときです。近所のタイ料理屋さんのシェフに「ミンナ鶏肉入レルケド、厚揚ゲモ、グリーンカレーニ合ウンダヨ~」と教えてもらい、以来「ロイタイ」のグリーンカレーを作るとき、お肉代わりに厚揚げを入れています。

野菜はベビーコーン、ズッキーニ、パプリカが定番。豚肉やツナも合うと思いますし、野菜はオクラやトマト、茄子やかぼちゃ、たけのこなんかを入れてもおいしいですよ。

足りないので、いつも「カルディ」アイテムでかさ増し!

「ロイタイ」のグリーンカレーは1パック250ml。2人前ですが、正直うちでは1パック1人前の換算です(笑)。

そこでいつも“かさ増し”をして作っています。

同じく『カルディ』で購入できる、「チャオコー」のココナッツミルク(213円)と「ピリ辛 エビ塩」(108円)、「メガシェフ ナンプラー」(226円)をプラス。

ここで少しだけ「ピリ辛 エビ塩」と「メガシェフ ナンプラー」について熱く語らせてください!

「ピリ辛 エビ塩」

塩にえび粉末、とうがらし、にんにく、にんじんなどが混ざった調味料なのですが、炒めものやチャーハン、パスタ、スープ……どんなものに使っても旨味グレードアップ! 100円とは思えない万能さを発揮する調味料です。グリーンカレーに使うことで、さらに旨味が増します。

「メガシェフ ナンプラー」

カルディではいくつかのメーカーのナンプラーをとり扱っていますが、いちばんおすすめなのがこれ。いわゆる“ナンプラー特有の”鼻につくにおい”がなく、とても上品。

でもコクはしっかりとあるので、料理の味がキマりやすいんです。焼いた厚揚げにねぎをのせ、このナンプラーをかけるだけでもおいしいですよ。私は中華だしと合わせて使い、よくスープを作ります。

鍋に切った具材を入れ、グリーンカレーを注ぐだけ!

では、本題に戻ります。

先ほどのかさ増し具材(厚揚げ、パプリカ、ズッキーニ、ベビーコーン)は切って鍋に入れ、「ロイタイ」のグリーンカレーとココナッツミルク缶半量を注ぎ、味を見ながらエビ塩とナンプラーを加えます。

あとは火にかけ、沸騰したら5分ほど煮込むだけ。
ここでちょっとした秘訣を。最後、砂糖を少しだけ入れると不思議なくらい味にまとまりが出ます。

ちなみに「ロイタイ」のグリーンカレー、固まっていることが多いので鍋に注ぐ前、よく振ってください。

ごはんと合わせてもいいですが、これからの季節ならそうめんのつけだれをグリーンカレーにしてもおいしいですよ!

“カルディのグリーンカレー”、ぜひ楽しんでくださいね。

 

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※価格は中田さん購入時の価格(税込み/編集部調べ)です。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事