子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コスパ最強はどこ?「現在使っているスマホキャリア」を女性455人に調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎月の支払い中でも少なからぬ額を占めるスマホ料金。「節約のためにも安いプランに乗り換えようかな?」と思いつつ、料金体系が複雑だし手続きが面倒そうだし、同じサービスを漫然と継続しているなんてことはありませんか?

『kufura』では、20代~50代の女性455人を対象に“現在使っているスマホキャリアとその理由”をテーマにアンケート調査を実施しました。どこのキャリアが人気なのか、また現在のプランに満足なのか不満なのか? ランキング形式でみなさんのコメントをチェックしていきましょう!

第5位:Y!mobile(40票)

「ワイモバイル。もともとauを利用していたが、子どものスマホを買うときにiPhoneがゼロ円だったのに惹かれてワイモバイルと契約し、家族でまとめるとお得なのを知って先日乗り換えた」(49歳/主婦)

「ワイモバイル。使用料がとても安い。月2,000円くらい。今まで、ドコモで8,000円ほど使っていたのですが、一体何だったんだろう、と思うくらい」(50歳/総務・人事・事務)

「ワイモバイル。家族割で月々3ギガ900円で携帯が持てて1番安いので」(23歳/主婦)

「ワイモバイル。TポイントとPayPayを貯めるためにソフトバンクのサービスでなるべく統一しているので」(51歳/営業・販売)

「ワイモバイル。使用料が安く田舎に住んでいても電波がいいところ」(34歳/主婦)

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドなので、回線の安定感に定評あり。格安プランに興味はあるけれど、品質に不安が……という人におすすめかもしれません。

第4位:楽天モバイル(55票)

「楽天モバイル。前はドコモでしたが、毎月7,000円以上安くなるのでこちらに決めました」(39歳/主婦)

「楽天モバイル。1年間無料で使えるし、普段はWi-Fiばかり利用するので月1Gもあれば十分。無料期間が終わっても無料で使えそう。電話も専用アプリを利用すれば無料」(55歳/主婦)

「楽天モバイル。1GB以下は無料という素晴らしい料金プラン。店舗もありますし電波も問題なく使えるので本当におすすめです」(56歳/主婦)

「楽天モバイル。使いすぎても2,980円プラス通話料だけなので、月に高くついても5,000円までしか行かないです」(29歳/主婦)

「楽天モバイル。楽天市場でのお買い物がお得だし、貯まったポイントでスマホ代も安くなる」(43歳/主婦)

楽天モバイルの魅力は、何といっても安さとシンプルな料金プラン。残念ながら1年間無料キャンペーンのエントリーは2021年4月に終了してしまいましたが、今でも月に1GBまでなら無料。無制限でも2,980円(税込3,278円)と驚きの料金設定です。

また、楽天市場など、楽天系列のサービスと併用するとポイントが貯まりやすいというメリットもありますので、とにかく通信費を抑えたい人は検討してみては?

第3位:SoftBank(68票)

「ソフトバンク。Yahoo!ショッピングを使うから。というか、ソフトバンクを使っているから楽天をやめてYahoo!ショッピングで買うようになった」(49歳/総務・人事・事務)

「ソフトバンク。家電量販店でキャンペーンをしていて、乗り換えると1台につき15万ポイントが貰えたからです。15万ポイント=15万円になり、15万円は自分の好きに使えたので、家電量販店で沢山買物をすることが出来ました」(40歳/主婦)

「ソフトバンク。色々な特典があって半年間くらいは割引になったので」(58歳/総務・人事・事務)

「ソフトバンク。J-PHONE時代から使っている。昔はお得なプランがあったから」(48歳/主婦)

「ソフトバンク。月1万円越えで高いけど、ずっと長く愛用しているので変えられない」(37歳/その他)

「ソフトバンク。そろそろ他社にしたい」(52歳/主婦)

何かとお得なキャンペーンを実施していることが多いソフトバンク。また、光サービスとセットにすると割引が受けられたり、Yahoo!ショッピングやPayPayモールでポイント還元があったりなどのおいしいサービスもあるようです。

ただ、「何となく使い続けているけれど、料金的に実は乗り換えたい」という声も一部ありました。

第2位:au(75票)

「au。動画プランがあるので、好きなドラマ動画を観たい人にはうれしい」(42歳/主婦)

「au。社会人になってからずっと使用。クレジットカードやじぶん銀行とも連携しており、Pontaポイントが貯まるので。ローソンでの買い物にも使えてとても便利」(41歳/総務・人事・事務)

「au。docomo、SoftBankも使ったことがあるのですが、料金とショップの対応やサービス全体的にauが使いやすい」(52歳/主婦)

「au。電気代や光などとのセット割が安かったから。他には、Pontaポイントを集めているから」(36歳/その他)

「au。家族でau、家の電話もauひかりにすることで、家族割引を受けられているから」(43歳/主婦)

「au。特に使い続けていたためだが、格安SIMに変えることを検討中」(29歳/その他)

auは、オプションサービスが充実していることや、セット割が受けられることを評価する声が多く寄せられました。

とはいえ、ソフトバンク同様、プランによっては格安スマホと比べて割高感があり、乗り換えを検討中という声もなきにしもあらずです。

第1位:NTTドコモ(129票)

「ドコモ。昔からドコモ月々の支払いは3,000円程度。変える必要性を感じないため使用している」(38歳/主婦)

「docomo。中学から20年ずっとdocomoなので今さら変える気も起きません。基本料金もまあまあで、最近は不具合もありますが、電波の良さは日本一です」(35歳/主婦)

「docomo。20年以上使っているので割引があるし、家族で使えるから」(48歳/総務・人事・事務)

「docomo。ずっと使っていて、使い慣れているし、子育て支援プランで子どもの誕生日などポイント付与されるので」(39歳/主婦)

「docomo。月9,000円なので、高い」(27歳/その他)

「docomo。変更したいと思いつつ手続が面倒で使い続けている」(39歳/総務・人事・事務)

安定感、信頼感抜群のNTTドコモが第1位! ドコモに関しては、20年以上使い続けているという声が多く寄せられました。長く使えば使うほど料金がお得になる“継続利用割引サービス”もあるので、より顧客ロイヤリティが高まります。

とはいえ、料金が高いと感じつつ、乗り換え手続きが面倒で使い続けているという残念なコメントもありました。

少数意見では格安スマホを推す声も…

今回のアンケートでは、NTTドコモ、au、SoftBankの三大キャリアの利用者が多いことが明らかになりましたが、格安スマホもジワジワ浸透中!?

「UQモバイル。3ギガまで1,480円。オプション700円で10分以内かけ放題を利用している。前のキャリア携帯は1万円近く払っていたので、だいぶ安く抑えられて助かっている」(45歳/主婦)

「ahamo。20ギガで3,000円以内で収まるため。通信などもドコモ回線で安定していると思ったため」(29歳/学生・フリーター)

「povo。もともとauだったので、乗り換えしやすいと思ったのと、トッピング形式の料金体系もわかりやすかったから」(30歳/その他)

「LINEMO。20Gつかえて、3,000円以下は安い」(44歳/主婦)

「mineo。5ギガで月1,500円と、とにかく安いので」(55歳/主婦)

「IIJ。料金が900円以下。家でも会社でもWi-Fiなので最低限使えればOK」(41歳/主婦)

「DMMモバイル。データ容量は少ないが、専業主婦で主に家で過ごすのでデータ追加もせず月額1,632円で使用できているから」(34歳/主婦)

「OCNモバイルONE。1Gで770円という安さと安定した通信品質で満足している」(52歳/主婦)

J:COM MOBILE。いくら使っても980円」(59歳/その他)

自分の利用状況に応じて、みなさんうまくやりくりしているのがうかがえますね。特に、自宅でのWi-Fi利用でスマホデータ通信量を抑えられる人の場合、プラン変更で毎月のスマホ料金を2,000円以内に収めることも可能のようです。

また、Y!mobile の項目でもお伝えしましたが、格安プランの回線などに不安がある人は、まずは三大キャリアの新サービス(NTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMO)を試してみるのもひとつの手かもしれません。

 

通信費は工夫しだいで、1人あたり毎月数千円の節約になるチャンス。夫婦2人なら1万円以上の節約も夢じゃないかも……。慣れ親しんだサービスをずっと使い続けるのもアリですが、この機会にスマホプランを見直してみては?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集