子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コスパ最強!「3玉100円うどん」みんなの激うまアレンジレシピを大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ごはんを作る時間がない日にも、休日のランチにも、さくっと夜食にも……! うどんはすぐに調理できる便利なお助け食材ですよね。「3玉100円うどん」を冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか?

今回『kufura』では、主婦500名にアンケートを実施。「3玉100円うどん」を最高においしくいただくアイディアレシピを教えていただきましたよ。定番のおうどんはもちろん、なるほど!なアレンジまで。お安いうどんでもおいしく食べられるレシピを早速見ていきましょう!

簡単おいしい「焼きうどん」はみんなの救世主!

実は、今回一番多く集まったのが「焼きうどん」のレシピ。「柔らかいうどんの方がおいしい!」という声も多く、3玉100円うどんとの相性が抜群なようです。

「豚バラを炒めて、キャベツとうどんも炒めて、和風だしの元とウスターソースで味付け。お皿に盛ってから鰹節、青海苔、紅生姜をトッピングする」(62歳/主婦)

「キャベツ豚肉と炒め、めんつゆで味付け。おかかと青のりをかけていただきます。刻み生姜をお好みで」(56歳/その他)

「小松菜とシーチキンとちくわをうどんと一緒に炒めて、醤油と塩コショーでシンプルに味付けしていただいています」(50歳/その他)

「フライパンにごま油をしき、押し付けるようにしっかり両面を焼いて、カリカリの焼きうどんに」(70歳/その他)

「焼きうどん!  具はお好みの物で醤油に豆板醤をいれてピリ辛にする」(42歳/主婦)

柔らかいうどんに味が染み込む「カレーうどん」!

カレーが余った日のアレンジとしてはもちろん、あえてカレー粉やレトルトカレーと合わせて楽しむ方も。カレーうどんは家族の大好物のようです!

「前日のカレーを利用してカレーうどんを作る」(56歳/主婦)

「カレーうどん。あんかけにして溶き卵とネギを入れると美味しい」(51歳/主婦)

「レトルトカレーとチーズをかけてチン」(30歳/主婦)

「カレー粉をとかして、めんつゆをいれると、カレーうどんになる」(46歳/総務・人事・事務)

「カレーうどん。コシのないうどんはスープをよく吸うので、煮込んで多少麺が伸びても美味しく食べられる」(34歳/その他)

 ダイエットにも!「サラダうどん」でヘルシーに

うどんに野菜をたっぷり入れれば、サラダ感覚でも楽しめるようです! 具材もバリエーション豊富で、飽きずに楽しめそうですね。

「納豆乗せサラダうどん」(24歳/営業)

「サラダうどん。明太子や納豆、ツナ缶などトッピングをお好みで。おかかとキュウリの千切りをたっぷり乗せても歯応えがあって美味しい」(48歳/総務・人事・事務)

「レタス、キュウリ、トマト、ツナをのせてサラダうどんに」(45歳/その他)

「サラダうどん。野菜がシャキシャキならどんなうどんでも合う」(21歳/その他)

「パスタ風」にしても美味しい!

うどん=和食だけじゃない! 明太子やカルボナーラなど、パスタに合わせるような味付けで楽しむ方も多くいらっしゃいました。意外にもばっちり合うようです!

明太子パスタ風

「卵と明太子をのせて、ごま油を少しかける」(35歳/主婦)

「明太子、温泉卵、あさつきで和えると美味しい」(27歳/その他)

「明太子に生クリーム、牛乳をうどんに絡めて刻みのりとネギのせる」(39歳/主婦)

カルボナーラ風

「うどんを卵と生クリーム、塩、コショウをしてカルボナーラ風にすると、うどんの柔らかさが生きます」(59歳/主婦)

「生クリームにベーコン、きのこ類を入れてカルボナーラうどん」(29歳/主婦)

「ベーコンと生クリームと卵、にんにく、塩、あらびきコショウでカルボナーラ」(52歳/主婦)

ナポリタン風

「ナポリうどん。タマネギ、ベーコンとピーマンで炒めます」(48歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ナポリタン風にケチャップで味付けして食べる」(64歳/総務・人事・事務)

うどんといえば!「THE王道」レシピ

次に、THEうどんなレシピをご紹介。丁寧にお出汁を取るうどんや、柔らかい3玉100円うどんを生かす、煮込みうどんや釜玉うどんが人気でした!

王道お出汁でいただく

「魚のアラで出汁をとり、味を整えてうどんを入れる」(46歳/主婦)

「粉末アゴ出汁を使ってつゆを作り、うどんを入れて刻みネギを散らすとおいしい」(69歳/主婦)

「お鍋にうどんとだしつゆ少しと揚げ玉と卵を入れて煮て、ごま油と七味少々を入れ混ぜ合わせてピリ辛にして食べると美味しい」(45歳/主婦)

煮込みうどん

「野菜、きのこ、肉がたっぷり入った煮込みうどん」(40歳/主婦)

「鍋焼きうどん。コシがないのでグツグツ煮込んで食べる」(51歳/主婦)

「えびの頭でだしを取って麺を入れてぐつぐつ煮込みます」(65歳/主婦)

釜玉うどん

「釜玉うどんが最高に美味しい。柚子をいれたりするとかなり美味」(28歳/その他)

「ごま油をかけた釜玉うどん」(35歳/総務・人事・事務)

「釜玉うどん。くたくたがおいしい。卵とよく絡む」(53歳/主婦)

その他まだまだある、うどんの「びっくりレシピ」

今回、たくさんのびっくりレシピも到着しました! うどんでそんなもの作れるの?というアレンジレシピをご紹介します。

「ホワイトソースでグラタン風に」(59歳/主婦)

「油で揚げてサクサクコンソメと絡めて食べる」(30歳/その他)

「カレードリア、ミートうどんドリア」(44歳/主婦)

「潰してピザ生地にする。発酵させないので短時間でピザができる」(25歳/営業・販売)

「油揚げに詰めて煮る」(61歳/主婦)

「つぶして、まるめて、串団子に」(34歳/主婦)

 

家計に優しい3玉100円うどん。時間がないときでもささっとおいしいメイン料理に変身してくれるので、やっぱり冷蔵庫に入れておきたいですよね。

お出汁でいただくのももちろんおいしいですが、他のレシピにもチャレンジして、家族をあっと言わせてみてください!

 

文/柳川マキ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載