子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「節約したいとき」のお助け食材ランキング!食材ごとの人気レシピも

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年末年始はいろいろとイベントも多く、何かと出費がかさむ時期。そのため、今から少しずつ節約して、年末年始に備えたいと考えている人も多いのではないでしょうか? 手っ取り早く節約するなら、家計の中でも大きな割合を占める食費を抑えるのがいちばん。

そこで『kufura』では、既婚女性220人にアンケートを行い、「家計に優しいお助け食材とその食材で作る家族に人気のレシピ」を調査。皆さんが節約中にどんな食材を積極的に使うようにしているのか、ランキングでご紹介していきます。

第10位~第6位までのお助け食材をチェック!

まず最初に、第10位~第6位にランクインした家計に優しいお助け食材と、それを使った家族に人気のレシピを見ていくことにしましょう。

・第10位:鶏むね肉(6票)

「片栗粉をつけた鶏むね肉を茹で、それを同じく茹でたキャベツにのせてポン酢をかけて食べると美味しいです」(44歳/主婦)

・第9位:玉ねぎ(9票)

「玉ねぎのマリネ。サッパリしていて、ごはんのときの箸休めやちょっとした酒のつまみにピッタリです」(50歳/主婦)

・第8位:卵(11票)

「卵は安くて栄養価も高いので、料理によく使います。卵と豆腐、ほうれん草の中華炒めは、コスパがよく味も美味しいので、家族に大人気です」(38歳/デザイン関係)

・第7位:じゃがいも(12票)

「サイコロ状に切ったじゃがいもに片栗粉をつけて揚げ焼きにし、醤油と砂糖で甘辛に味付けたじゃがいものコロコロ揚げ焼き。たくさん作っても、すぐに子どもたちが完食してしまう、我が家の大人気メニューです」(38歳/主婦)

・第6位:きのこ(15票)

「きのこのバターポン酢炒め。バターのコクとポン酢のサッパリ感で、ごはんが進む美味しいおかずになります」(45歳/主婦)

どの食材もお手頃価格で、年間を通して価格が安定しているため、「節約しなくちゃ!」と思ったときに大活躍してくれる様子。また、どの食材も自由自在にアレンジができて、しっかりとした食べ応えがあるのも魅力的です。この5つの食材をいろいろと組み合わせることで、安くて美味しいおかずを何通りも作ることができそうですね。

では、続いて上位5つの家計に優しいお助け食材をご紹介していきます。

第5位:大根・・・16票

「シンプルな大根の煮物がいちばん喜ばれます。味がしっかり染みた大根は、子どもたちの大好物です」(32歳/広報・宣伝)

「大根と厚揚げの味噌炒め」(62歳/その他)

「これからの時期は大根が安くて美味しいので、大根をたっぷり入れた具だくさんのお味噌汁が人気です」(51歳/主婦)

家計に優しいお助け食材として、これからの季節に積極的に使いたいのが「大根」。今が旬の大根は甘味が増してとっても美味しいし、値段も安くて助かりますよね。丸ごと1本の大根は、寒い季節にピッタリの鍋物や汁物、煮物などにどんどん活用していきましょう。

第4位:豆苗・・・17票

「豆苗と塩昆布の和え物。野菜が苦手な子どもも、これだけは喜んで食べてくれます。豆苗は一年中値段が変わらず、再生栽培もできるので節約にもってこいです」(38歳/主婦)

「豆苗は子どもたちが苦手でなかなか食べてくれませんが、焼きそばの具として使って、焼きそばソースで味付けすると喜んで食べてくれます」(36歳/主婦)

「豆苗とツナと豆腐のごまマヨサラダ。豆苗が苦手な夫と子どもも、このメニューだけは豆苗に気づかずに美味しそうに食べてくれます」(36歳/主婦)

「青菜が高騰しているときでも豆苗は価格が安定しているし、風味のある味わいもお気に入り。顆粒だしで味付けた、豆苗と卵のふわふわ炒めが人気です」(35歳/主婦)

「豆苗のごま油炒めは簡単だし、ゴマの風味が豆苗独特の味わいを引き立ててくれて、すごく美味しいです」(34歳/主婦)

「豆苗」が第4位にランクイン。価格が安く安定しているだけでなく、再生栽培で2度3度と繰り返し食べられるところも、食費の節約にピッタリですよね。豆苗は少しクセがあって苦手という人もいますが、ご紹介したレシピは豆苗嫌いの人でも美味しく食べられるものが多いようなので、ぜひ参考にしてみてください。

第3位:キャベツ・・・41票

「キャベツ炒めは、ソース、醤油、塩と味付けを変えればいろいろな味を楽しむことができて便利。ニンニク入りの大人の野菜炒めは、お酒にもよく合います」(49歳/主婦)

「大きいキャベツが大体いつも一玉100円で買えるので、すごく安くて節約にピッタリ。豚肉といっしょに炒めて、カサ増しに使っています」(58歳/主婦)

「広島風お好み焼き。たっぷりのキャベツでおなかがいっぱいになるし、ほかに何もおかずがいらないので、調理の手間も省けます」(56歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「キャベツがたっぷり入ったもつ鍋。この鍋だけでたくさん野菜をとれるし、体も温まるので、これからの寒い季節は家族みんなに喜ばれます」(31歳/主婦)

「キャベツは安いだけでなく、メインにもサブのおかずにも使える万能食材。大きめに切って、おでんに入れるとすごく美味しいし、家族にも大好評です」(51歳/主婦)

「茹でたキャベツをポン酢で食べるだけの、キャベツのしゃぶしゃぶが美味しいです。ポン酢にすりおろしにんじんを加えると、より一層美味しくなりますよ」(56歳/主婦)

丸ごと一玉の「キャベツ」は、ボリューム満点で価格も安いので、食費を節約したいときにすごく重宝します。たっぷりのキャベツは、定番の炒め物だけでなく、お好み焼きや鍋料理などに使うのもおすすめ。千切りにしてそのままサラダや料理の付け合わせにすれば、手軽に野菜をとることができていいですね。

第2位:豆腐・・・47票

「豆腐ハンバーグ。豆腐をつなぎとしてたくさん入れるので、お肉が少なめで食費の節約になるし、ハンバーグも柔らかくてヘルシーでとっても美味しいです」(38歳/主婦)

「揚げ出し豆腐は、簡単だしボリュームもあって美味しいので、ちょっと節約したいときのメニューとして大活躍してくれます」(29歳/主婦)

「普通の辛い麻婆豆腐もいいですが、白麻婆豆腐も美味しくておすすめ。中華味の優しい風味で、あっさりと食べられるところが気に入っています」(45歳/主婦)

「豆腐の蒲焼き風。甘辛い味付けで、ごはんがどんどん進みます」(45歳/主婦)

「豆腐ステーキは、ステーキのタレをしっかり染み込ませると、味が濃くなって食べ応えが出て美味しいです。ごはんにもよく合いますよ」(44歳/その他)

「豆腐にキムチ、ごま油、塩をかけて冷奴にする、もしくはそのままレンチンして温豆腐にすると、手軽ですごく美味しいおかずやつまみになります」(35歳/主婦)

そのまま食べられる手軽な「豆腐」も大人気。安く買うことができるので、メインのおかずはもちろん、ちょっとおかずが足りないときにも助かりますよね。豆腐ハンバーグや揚げ出し豆腐、麻婆豆腐などのガッツリメニューが、家族に特に人気のようです。

第1位:もやし・・・153票

「もやしのとん平焼きは、もやしとお肉をいっしょに焼いて卵で包めば完成。お好み焼きソースとマヨネーズをたくさんかけて食べると美味しいです」(27歳/デザイン関係)

「もやしのナムル。ごま油と鶏がらスープの素で味付けるだけですが、ごはんに合う味なので、一袋分があっという間になくなります」(46歳/主婦)

「たくさん野菜をとりたいときは、野菜炒めにもやしをふんだんに使います。もやしは値段が安いし、簡単にカサ増しすることもできるので助かります」(59歳/主婦)

「もやし焼きそばは、もやしをたっぷり入れることでカサ増しできるし、食感もシャキシャキしていて美味しいです」(35歳/主婦)

「もやしの大量鍋。白菜の代わりにもやしを使い、豚バラ肉少々とネギ、豆腐を入れるだけですが、すごく美味しいお鍋になります」(36歳/主婦)

堂々の第1位に輝いたのは「もやし」。第2位以下を大きく引き離していることからも、多くの人がお助け食材としてもやしをよく活用していることがわかります。もやしは大容量、低価格で、とにかくコスパが最高。ナムルや炒め物など、もやし単体でも美味しく食べられますが、味にクセがないのでいろいろな料理のカサ増しに使うのもおすすめです。

いかがでしたか? 家計に優しいお助け食材はいろいろ。ご紹介したランキングや家族に人気のレシピを、ぜひ年末年始に向けた食費の節約に役立ててくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集