子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

まだまだ「枝豆」を味わいたい!炒めて焼いて揚げて…アイディア集結アレンジレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏のビールの最高のお供といえば枝豆。シンプルな塩ゆでもおいしいですが、たまには別の食べ方にチャレンジしてみませんか。

『kufura』では、女性356人を対象に“枝豆を使ったアレンジレシピ”をテーマにアンケート調査を実施しました。みなさんの「枝豆ラブ!」なコメントを早速チェックしていきましょう。

ビールが進む!枝豆を炒める、焼くアレンジレシピ

まず多かったのは、枝豆をフライパンで炒めたり焼いたりするアレンジ。

「枝豆のガーリック炒め。茹でた枝豆をさやのまま、ペペロンチーノ風に炒める。ニンニクと塩のハーモニーがよく、無限に食べられる美味しさ」(46歳/主婦)

「枝豆とにんじんを炒めてシリシリ風にする」(38歳/営業・販売)

「ベーコンやコーンと一緒に炒め、塩コショウする。ビールに合う」(48歳/主婦)

「チーズに枝豆をのせて、パリパリになるまで焼くだけ。チーズの塩気と枝豆のやさしい甘さがとてもよく合う」(39歳/その他)

「枝豆とキムチをフライパンで炒めるだけ、お好みで大葉の刻み、ミョウガの刻み、ごま油を振りかけて出来上がり。食欲もアップします。ビールのおつまみだけでなく、温かいご飯にも合います」(68歳/主婦)

「さつま揚げと茹でた枝豆をバター醤油で炒めます。夏らしくておいしいです」(60歳/研究・開発)

「はんぺんを手でつぶし枝豆を加え塩胡椒をしてハンバーグのようにフライパンで焼く」(48歳/主婦)

「枝豆のチャーハン。ごはん、枝豆、塩コショウ、油をフライパンでかるくいためるだけです。枝豆の食感がいいアクセントになっています。ズボラ飯ですがおいしいです」(53歳/主婦)

特に人気だったのは、ニンニクと一緒に炒める枝豆ペペロンチーノ。パンチがきいてこれはビールが進む進む……。

また、つぶしたはんぺんと混ぜて焼いたものは、お弁当にもぴったり。チーズを混ぜてもおいしそうですよね。

外はカリッ、中はホクホク!枝豆を揚げるアレンジレシピ

天ぷらやかき揚げなど、枝豆を揚げるレシピも続々……。

「枝豆フリッター。枝豆を何粒かまとめて揚げる。サクサクして美味しい」(45歳/主婦)

「枝豆とコーンの天ぷら」(55歳/総務・人事・事務)

「枝豆と玉ねぎのかき揚げ。薄切りにした玉ねぎと枝豆を天ぷら粉であえて揚げて塩をつけて食べるとおいしいです」(43歳/その他)

「かき揚げに入れたら美味しかった。ジャガイモ、玉ねぎ、魚肉ソーセージと一緒にかき揚げにして、カレー粉と塩を混ぜたものをつけて食べた」(39歳/主婦)

「刻んだ竹輪と和えてかき揚げ」(40歳/総務・人事・事務)

「餃子の皮でスティック状に巻いて揚げる。塩をつけて食べたら美味しい」(49歳/主婦)

「枝豆とチーズを春巻きの皮で細いスティック状に巻いて揚げ焼きする」(35歳/主婦)

「枝豆をつぶして枝豆コロッケ」(45歳/総務・人事・事務)

枝豆を揚げると、外はカリッ、中はホクホク! 夏場に揚げ物は少々骨が折れますが、やってみるだけの価値はありそうです。

油の処理などが面倒……という人は、餃子や春巻きの皮で包んでの揚げ焼きからトライしてみるといいかもしれませんね。

手間をかけずにあと一品!枝豆を和えるアレンジレシピ

なるべく手間をかけずにあと一品!……という人におすすめなのは、和える系レシピ。

「枝豆の塩昆布あえです。茹でた枝豆と和えるだけで最高のおつまみになります」(40歳/その他)

「枝豆とサキイカを醤油マヨネーズで和える!  ハマってます!」(52歳/主婦)

「枝豆とタコのマリネ」(39歳/総務・人事・事務)

「枝豆に生ハムをまいて一緒に食べる。枝豆と生ハムの塩気があっておいしい」(40歳/主婦)

和えるだけ・まくだけで美味しい1品が完成するのは嬉しいですね。簡単なので知っておくと便利なレシピです。おつまみにもってこいなアレンジが続々登場しました。

彩りと食感が◎!枝豆のサラダアレンジレシピ

枝豆はサラダに加えると絶妙なアクセントに。

「枝豆とトマトとプロセスチーズのサラダ。トマトと細かく切ったプロセスチーズと和えるだけで満足感の高いサラダになります」(21歳/学生・フリーター)

「枝豆のポテトサラダ。基本的なポテトサラダをつくります。そこにオニオンチップスと枝豆を混ぜるだけでとてもおいしくなります」(21歳/主婦)

「枝豆とアボカドをマヨネーズで混ぜ合わせて、サンドイッチに挟むとおいしい」(47歳/デザイン関係)

「枝豆のサラダ。枝豆とひじきを混ぜ、ごまも入れて、キャベツの千切りを入れて混ぜて、中華サラダドレッシングをかけて出来上がり」(45歳/研究・開発)

「ビーンズサラダ。トマト、きゅうり、サラダチキンを枝豆と同じサイズにカットしたら、お好みのドレッシングで混ぜるだけ」(36歳/主婦)

「枝豆、ブロッコリー、とうもろこしをマヨネーズで和える。美味しい」(41歳/総務・人事・事務)

「ゴーヤと枝豆とツナのサラダ。子どもでも食べやすい」(41歳/総務・人事・事務)

食べ応えがあって、彩りもいい枝豆サラダ。食欲がないけれど、ちゃんと野菜をとりたいときのメニューにいかがでしょうか?

何でも合う!いつもの料理に枝豆をプラスするアレンジレシピ

「茶碗蒸しにコーンやかまぼことともにいれて、冷やして食べる」(46歳/主婦)

「我が家では、肉じゃがに入れています」(48歳/その他)

「ミートローフを作る時にコーンと共に入れています」(60歳/主婦)

「枝豆入りだし巻き玉子。色合いが良くお弁当が鮮やかになります」(23歳/主婦)

「枝豆をアヒージョに入れて食べると美味しい」(44歳/総務・人事・事務)

「カレーに入れる。歯ごたえと彩が良くなる」(45歳/総務・人事・事務)

「枝豆お好み焼き。普通のお好み焼きの工程に枝豆をいれるだけなので簡単です。枝豆の食感が癖になります」(27歳/主婦)

枝豆は味にクセがなく、どんな料理にも合わせやすい優等生。上記以外では、炊き込みご飯、豆ご飯にするというコメントもたくさん寄せられました。

ずんだ餅だけじゃない!枝豆のスイーツ系アレンジレシピ

最後に枝豆スイーツをご紹介!

「ずんだ餅。枝豆をくだいて水を入れ塩と砂糖を入れ餡状になるまで煮詰めます。餅をそれに入れると美味しい」(31歳/デザイン関係)

「枝豆は茹でて余ったら薄皮を剥いてすり鉢でつぶし、お砂糖をまぜてよくすりつぶし、茶巾絞りにするとお茶のおともに美味しいです!」(65歳/主婦)

「枝豆の蒸しパン。おやつにもなるしちょっと小腹が空いたときにちょうどいい」(42歳/その他)

「ケークサレに入れる。かわいい」(56歳/主婦)

「枝豆ホットケーキ。とろけるチーズも混ぜこんで焼いて、ケチャップをつけて食べる」(40歳/その他)

「枝豆アイス。バニラアイスに塩ゆで枝豆を混ぜて食べる。塩味がきいてサッパリしておいしい」(55歳/主婦)

枝豆スイーツといえば、ずんだ餅が有名ですが、他にも美味しそうなレシピが続々! ほんのり自然な甘さや食感・色味がスイーツにマッチしそうですよね。

 

塩ゆでだけで満足するのはもったいない! 枝豆を大量に買って余らせそうなときなど、みなさんのアイディアをぜひご参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集