子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

料理によく使うスパイスランキング!クミン・ナツメグ・ターメリック…美味しい活用のしかたも

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏は食欲が減退しがちですが、風味豊かで香り高いスパイスを上手に活用することで、暑い日でも料理を美味しく食べることができるようになります。また、ちょっと変わったスパイスを使いこなせるようになると、おうちごはんが本格的なお店の味わいになるとともに、料理の幅もグンと広がりますよね。今回『kufura』では、料理を作る際にスパイスを活用している女性277人にアンケートを行い、よく使うスパイスとそれを使ったおすすめ料理を聞いてみました。

第6位:チリペッパー・・・14人

「炒め物全般にチリペッパーを使います。これを加えるだけで、香りと味がついて料理が美味しくなるし、ピリッとして食欲も増します」(50歳/総務・人事・事務)

「タコライスやチリコンカンを作る際に活用しています」(46歳/主婦)

「じわっとくる辛みが欲しいときに使います。シンプルな辛みなので、カレーや卵かけごはんなど、一味を使うような感覚でなんにでも使っています」(22歳/学生・フリーター)

「ドレッシングに入れてサラダにかけると、ピリッとした辛さが加わって、サラダがより美味しくなります」(34歳/総務・人事・事務)

「スープに一振りすると、塩分控えめでも味が引き締まって美味しくなります」(38歳/営業・販売)

「生野菜を添えた冷しゃぶにかけると美味しいです。ピリ辛で暑い夏でも食が進みます」(60歳/研究・開発)

第6位は赤唐辛子を乾燥させたチリペッパー。チリ単体のシンプルな辛さなので、どんな料理とも相性バツグンです。チリペッパーを加えるだけで、簡単に料理に辛さをプラスすることができるので、辛さ調節も自由自在。ちなみに第7位以下については、「サフラン(7人)」「パプリカパウダー(7人)」「コリアンダー(6人)」という結果になりました。

第5位:チリパウダー・・・16人

「カレーのスパイスとして使います。これを入れるだけで、簡単に辛口になるので助かります」(34歳/コンサルタント)

「スパゲッティのソースに入れると味が引き締まって美味しいです」(74歳/主婦)

「唐揚げを作るときに使うと、唐揚げがピリ辛になってごはんはもちろん酒のつまみにもピッタリの一品になります」(56歳/主婦)

「チリビーンズやひき肉料理に使うと、一気に味が本格的になって美味しくなります」(49歳/企画・マーケティング)

「煮込みうどんに入れると、風味豊かな辛さが食欲をそそります。雑炊に入れても美味しいですよ」(49歳/医師)

「辛いものが好きなので、お肉のソテーに使ったり、カレー味の料理にプラスしたりして使っています」(57歳/営業・販売)

第6位に続き、赤唐辛子をメインに使ったチリパウダーが5位にランクイン。チリパウダーはチリペッパーと違い、赤唐辛子以外のスパイスもいろいろとミックスされているので、辛さだけでなく香りや風味を楽しむことができます。深みのある辛さで、どんな料理ともなじみやすいので、スパイス初心者でも上手に活用することができそうですね。

第4位:ターメリック・・・20人

「市販のカレールウでカレーを作るときに、ターメリックをスプーン一杯分だけ入れると、カレーが本格的な味わいになって美味しいです」(31歳/総務・人事・事務)

「自分でオリジナルカレーを作る際は、必ずターメリックを使います」(56歳/その他)

「料理をちょっとカレー風味にしたいときに活用しています」(43歳/その他)

「チキンソテーを作る際に、ターメリックをまぶしてから焼くと、風味がグンと良くなります」(40歳/その他)

「ごはんを炊く際にターメリックとコンソメを加えて、ターメリックライスを作ります。カレーをかけたり、ドリアにしたりすると美味しいです」(59歳/その他)

「ホットミルクにターメリックを入れると、エキゾチックな味わいかつ健康的な飲み物になります」(35歳/その他)

第4位のターメリックは、カレーを作る際に活用しているという人がたくさんいました。スパイスを混ぜ合わせたオリジナルカレーはもちろん、市販のカレールウを使う場合でも、ターメリックを加えることで一気に本格的な味わいに。ターメリックライスやホットミルクに活用するというのも、エキゾチックな味わいが手軽に楽しめて良さそうですね。

第3位:クミン・・・31人

「タンドリーチキンを作るときに、カレー粉とクミン、塩、コショウ、ヨーグルトを混ぜて漬け込みます。クミンの独特の香りが食欲をそそります」(45歳/研究・開発)

「塩と混ぜてクミン塩にし、こんがり焼いたラムチョップにかけて食べると、ラムの臭みが抑えられて美味しくいただけます」(61歳/主婦)

「魚介類の炒め物にクミンを加えると、魚介の臭みを抑えてくれるだけでなく、スパイシーな味わいになって美味しいです」(46歳/主婦)

「塩もみした野菜にクミンを少しかけて食べると美味しいです」(53歳/主婦)

「グラタンにちょっと加えると、ほんのりクミンが香っていつもとは違った味わいが楽しめます」(43歳/営業・販売)

「フランス風のにんじんサラダ、キャロットラペを作る際にクミンを加えると、風味が増してとても美味しくなります」(52歳/その他)

「ヨーグルトにクミン、コショウ、マヨネーズを加えると、簡単にヘルシーで美味しいディップが出来上がります」(52歳/その他)

カレーを彷彿とさせる独特の香りを持つクミン。カレーを作る際に活用するのはもちろんですが、肉や魚介類の臭みを抑える効果もあるので、実はいろいろな料理に活用することができます。料理にクミンを加えることで、一気にエスニックな味わいになるので、いつもの料理にちょい足しして、クミン独時の風味と香りを楽しんでみてくださいね。

第2位:シナモン・・・54人

「カレーやビーフシチューなどの煮込み料理と相性がいいので、風味付けとしてシナモンをちょい足ししています」(44歳/その他)

「かぼちゃやサツマイモのサラダにレーズンといっしょにシナモンを入れると、風味が良くなって美味しいです」(44歳/主婦)

「デザートによく使います。特に、アップルパイなどのリンゴを使ったお菓子に加えると味に深みが出るので、絶対入れるようにしています」(38歳/営業・販売)

「はちみつトーストにシナモンをかけると香りが良くて美味しいです」(54歳/主婦)

「紅茶にシナモンを少量振りかけるだけで、簡単にシナモンティーに変身。紅茶に高級感が出て、香り高くとても美味しいです」(46歳/主婦)

「ココアにシナモンを入れると風味が増して美味しくなります」(28歳/金融関係)

第2位は、風味づけにピッタリのシナモン。煮込み料理にちょい足しすると、風味が豊かになって料理の味わいが一段とアップします。シナモンの甘い香りは、料理だけでなくお菓子にもピッタリ。特にリンゴやかぼちゃ、さつまいもを使ったお菓子類とよく合います。紅茶やココア、コーヒーなどの飲料にプラスして、風味を楽しむのもおすすめです。

第1位:ナツメグ・・・102人

「ハンバーグにナツメグを入れると風味が良くなるので、隠し味として重宝しています」(38歳/主婦)

「ハンバーグはもちろん、つくねや肉団子、ピーマンの肉詰めなど、ひき肉料理にナツメグを入れることで肉の臭みが取れて料理が美味しくなります」(21歳/総務・人事・事務)

「鶏の唐揚げを作る際に、下味にナツメグを使うと、風味が良くなって美味しい唐揚げが出来上がります」(43歳/主婦)

「鶏肉の照り焼き。ナツメグを加えることで、香りが立って食欲も増します」(50歳/その他)

「ホワイトソースを作る際に入れると、ナツメグがアクセントになって美味しいです」(52歳/主婦)

「ホワイトシチューにナツメグを加えると、風味がグンと良くなります」(61歳/総務・人事・事務)

「クッキーやケーキを作る際に、ナツメグを少し入れると香りが加わって美味しいです」(42歳/主婦)

ダントツの第1位に輝いたのは、ナツメグでした。ナツメグはひき肉料理と相性が良く、肉の臭みを抑えてくれる効果もあるため、ハンバーグのタネには必ず入れているという人が目立ちました。牛乳ともよくマッチするため、ホワイトソースやホワイトシチューに活用しているという人も多い様子。お菓子類に加えても、香りが良くなって美味しくいただけるようです。

いかがでしたか? いつもの料理にスパイスを加えることで、辛さや風味、香りを簡単にプラスすることができるので、おうちごはんが一気にランクアップ。夏は暑くて食欲が出ないという人も多いと思いますが、ぜひスパイスを上手に活用して、いつもの料理にアクセントを加えてみてください。きっと、暑い夏でも料理を美味しくいただくことができますよ。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集