子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

すっぱ美味しい!「レモン」を使ったアイディアレシピを500人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

汗ばむ季節がやってきましたね。食欲がない、さっぱりしたものが食べたい。そんな時に一役買ってくれるのがすっぱ〜い「レモン」!

今回『kufura』では「すっぱ美味しいレモンを使ったアイディアレシピ」を20〜50代女性500人に調査。食欲をそそるメニューが続々と出てきました。どうぞご覧ください!

たっぷりの野菜に惜しみなく…「レモンサラダ」

「レモンドレッシング。レモンとポン酢で簡単にドレッシングが作れる」(35歳/その他)

「にんじんサラダにレモンはぴったりです。臭みも消えるし、にんじんのビタミンCを壊してしまう成分がレモンを加えるとなくなるそうです」(50歳/その他)

「トマトのざく切りとレモンのざく切りを混ぜ合わせてオリーブオイルをかける、トマトレモンサラダ。トマトの甘さが強く感じられます」(51歳/主婦)

「バジルレモンサラダ。バジルの葉と、レモンの皮と種を取り除いたものをフードカッターにかけてサラダの上にかける」(45歳/研究・開発)

「春雨に人参、きゅうり、鶏のひき肉、シーフードミックス、あればパクチーを混ぜ、ナンプラーとレモンであえてタイ風春雨サラダ」(49歳/その他)

「ポテトサラダに隠し味でレモンの搾り汁を入れる。日持ちするし、あっさりすっきり」(53歳/総務・人事・事務)

サラダにはぴったりなレモン。もちろん、レモンそのものをドレッシングにしてもいいし、時にはレモンをサラダの具材として、また、仕上げにちょっとレモンを絞るだけでも存在感を発揮! 新鮮な野菜を引き立てます。

チュルチュルっと食べられる「レモン麺」

「そうめんにレモンの薄切りをたっぷりのせ、めんつゆをかけるだけ。夏バテで食欲のない時なんかにもおすすめ」(27歳/研究・開発)

「レモンと柚子の冷やしそば。夏にぴったり」(55歳/主婦)

「冷麺にレモンを入れるとさらに酸味がアップして美味しい」(40歳/主婦)

「ラーメンにスライスしたレモンをのせる。さっぱりしてとても美味しい」(31歳/主婦)

「クリームパスタにレモン汁を少し隠し味」(31歳/主婦)

「トムヤムヌードル。酸っぱ辛さが癖になって辞められない。レモンを絞るとさらにGood」(21歳/その他)

「塩焼きそば。麺を炒める時、スライスレモン5枚ほど混ぜる。レモンの香りがきいて、さらにさっぱりした焼きそばになる。茹でダコをにんにくで炒めたものを混ぜ合わせるとお酒のつまみのようになる」(58歳/主婦)

「クリームパスタにレモン汁を入れて。クリームだけよりさっぱりしているので暑い日におすすめ」(48歳/主婦)

お店でも、レモンを使った麺メニューを見かけることが多くなるこの時期。家ではさっと済ませたいお昼の麺メニューにもぴったり。チュルッとさっぱりいただけるのは本当に助かりますね。まだまだ発掘し甲斐がありそうな麺のジャンル。この時期に色々試してみても面白いかも!

肉も魚も!「メイン×レモン料理」

「鶏肉のレモン焼き。減塩にもなります」(56歳/総務・人事・事務)

「塩とレモンで鶏肉を一晩漬け込み弱火で焼く」(59歳/主婦)

「鶏肉を塩こしょうをして焼きレモンのスライスをたくさん入れて白ワインを注ぎ蒸す。レモンの香りがさわやかで、鶏肉がさっぱり食べられる」(56歳/デザイン関係)

「ささみ唐揚げネギ塩ソース。下味を付けた鶏ささみを唐揚げにし、ねぎ、鶏がらスープの素、ごま油、レモン汁、にんにくなど混ぜたソースに絡める。揚げものだけど、さっぱり食べられます」(40歳/主婦)

「鶏肉のレモンマリネ。レモンとはちみつを使ってマリネ液を作り、ソテーした鶏肉を漬けます。甘酸っぱさがくせになります」(56歳/主婦)

「蒸し鶏のレモンじょうゆかけ。薄切りレモンと鶏肉を一緒に食べるとさわやかな旨味が口いっぱいに広がる」(51歳/その他)

「ねぎを焼きながらレモン汁に塩を入れて、そこに回しかけて少し火を入れて、焼いた肉にのせる。塩レモンねぎだれが肉にあって嬉しい」(42歳/主婦)

「レモン、粒マスタード、マヨネーズをまぜてソースを作ります。鰆や鯖に塗ってオーブンで焼くと、魚の臭みが消えて美味しいです」(55歳/主婦)

「鮭のレモン焼き。鮭に軽く塩をしてレモンをかけて焼く。臭みがなくあっさり食べられる」(40歳/その他)

「鯖缶にレモン絞ってオリーブ油と塩こしょうをしたら激うまです」(39歳/主婦)

メインの料理にレモンを添える、のせる、混ぜる、漬ける……などなど、いろんなレシピでも存在感を発揮するレモン。肉も魚もどちらも美味しくなるのが嬉しいですね。まだまだいろんな料理で活躍しそうです。

あっさり、さっぱり、ヘルシーに!「レモン鍋」

「レモン鍋。さっぱりしていていくらでも食べられる」(46歳/主婦)

「レモンをたっぷり使ったお鍋。さっぱりしていて美容にも良い」(50歳/総務・人事・事務)

「レモン鍋。好きな鍋の具材を準備する。味付けも好きな味でかまわない。最後に輪切りにしたレモンをのせる。胃もたれせず食べられる」(35歳/その他)

「レモン鍋。塩味ベースのお鍋にレモンの輪切りをのせる。あっさりしているので、食欲がないときによい」(44歳/主婦)

「牡蠣と豚肉のレモンみぞれ鍋。野菜は食べやすい大きさに切り、大根おろしは軽く水気を切っておく。鍋にだし汁、うすくち醤油、みりんを入れ、ひと煮たちさせたら野菜を入れる。野菜に火が通ったら牡蠣、豚肉を入れ、レモン果汁1個分を搾り入れる。上に大根おろし、1個分のレモンスライスをのせ、さっと煮る。火を止め最後に黒こしょうを振る」(44歳/その他)

冬場に限らず、年中食べられるようになった鍋。エアコンの効いた部屋にいることが多い夏場こそ、意外に体が冷えているんですよね。もしかしたら鍋は、夏場こそぴったりなのかもしれません。とはいっても、”こってり”した味わいの鍋よりも”さっぱり”が求められる季節に、レモン鍋がぴったり!

相性の良さは間違いなし!「はちみつレモン」

「レモンのはちみつ漬け。小さい頃から夏になるとおやつ代わりに食べたり、レモンスカッシュにして飲む」(38歳/主婦)

「レモンを絞って炭酸水で割って、ダイエットシロップを入れる。夏にぴったりのさわやかダイエット炭酸ドリンク!」(50歳/営業・販売)

「レモンのはちみつ漬け。水や炭酸水で割って飲む。さっぱりしていて美味しい。夏に毎日飲むと、夏バテ知らず」(43歳/総務・人事・事務)

「はちみつレモンにして、バニラアイスのお供に食べます」(35歳/その他)

「レモンを砂糖とはちみつで漬ける! ヨーグルトにも合うし、パンケーキを作る時も混ぜてレモンパンケーキ!」(36歳/その他)

はちみつ×レモンは、絶対に美味しい組み合わせですよね。ドリンクでさっぱりといただくのもいいですし、甘いものに添えてもいいですね。美容にもよく、日差しが強い夏場は積極的にとりたいところですね。

お菓子レシピも!「レモンスイーツ」

「レモンを砂糖漬けにしたあと、パウンドケーキに混ぜて焼く。レモンケーキ」(41歳/主婦)

「ヨーグルトのホエーと牛乳、生クリーム、卵とレモン果汁をシェイクして冷凍。自家製ヨーグルトアイス。さっぱりしているし安心安全」(33歳/その他)

「皮と果汁をクッキー生地に練り込んで焼く」(41歳/主婦)

「シロップで煮たレモンを使ってレモンケーキ。皮の部分のちょっとした苦みが大人な味に仕上がって美味しい」(42歳/総務・人事・事務)

「レモンケーキ。クリームチーズと混ぜるとさっぱりして美味しい」(35歳/主婦)

「レモンを砂糖と卵黄で混ぜてカスタードを作るとレモンジャムになる」(33歳/主婦)

「レモンケーキ。パウンドケーキに砂糖浸けにしたレモンをざく切りにして混ぜて焼きます。甘酸っぱくて美味しいです」(38歳/主婦)

「チーズケーキ。クリームチーズ、卵、生クリーム、砂糖、小麦粉、レモン汁だけではなくレモンの皮をすりおろして少し入れると、レモンの酸味がケーキの味をぐっと引き立てます」(42歳/その他)

「レモンをたっぷりしみこませたパウンドケーキがめちゃ旨い」(55歳/主婦)

「水切りヨーグルトにレモン汁を加えて、なんちゃてレアチーズケーキ。罪悪感なく食べられるのがいい」(39歳/主婦)

レモンを加えることでさっぱりとした味わいになるスイーツも、たくさんのレシピが集まりました。手作りスイーツは、味わいを自分好みに仕上げることができるのも嬉しいですね。

アレンジ色々…「我が家の定番レモンレシピ」

「朝一番にレモンを絞った白湯を飲む。体がクレンジングされる」(43歳/出版・マスコミ関係)

「味噌汁にレモンを垂らすと美味しい」(50歳/主婦)

「マヨネーズにたっぷりのレモンを絞り、タルタルソースにする」(44歳/主婦)

「レモンの天ぷら」(37歳/その他)

「豆腐に塩をふってレモン汁をかけると、普通の冷ややっこすら食べる気力がないときでもいけます」(52歳/その他)

「レモンのさっぱり和え。きゅうりなどの野菜にレモンと醤油、砂糖とオリーブオイルを加えて混ぜる」(36歳/主婦)

「レモンの豚肉巻き。レモンを薄い輪切りにして塩とこしょう、ごま油で和えます。豚肉に青じそとレモンを巻いて、油で焼きます。仕上げに醤油で少し焦がすと、ご飯が進むさっぱりとしたメインのおかずになります。わさびをつけて食べるのも美味しいです」(34歳/主婦)

「レモンの葱塩だれ。レモン果汁と小口切りにした葱、塩こしょうとごま油を混ぜるとパンチのきいたソースになります。冷ややっこやコンビーフなどにのせて食べるとおつまみになります」(33歳/コンピュータ関連技術職)

「レモンカレー。さわやかなレモンの香りに包まれたレモンカレーは、生クリームでまろやかな風味にさっぱりとした酸味をきかせていて美味しいです」(48歳/その他)

メインでもサイドでもとり入れやすいレモン。どれも酸味が効いて美味しそう! 夏にぴったりです。

そうはいっても、一番はぎゅっと「レモン絞り」

「唐揚げに、ほかに何もかけずに、レモン果汁だけたっぷりかける」(45歳/営業・販売)

「餃子に絞っても美味しい」(40歳/主婦)

「焼き肉にレモン汁をつけて食べる。食欲が増すので夏にちょうどいいです」(39歳/主婦)

「シャケのオイル焼きにレモンを数滴。さっぱりした味になります」(34歳/その他)

「ビーフンや春雨の炒めものにレモン汁をかけるとタイ風になって美味しい」(44歳/主婦)

「烏賊フライ。ソースにレモン汁をたっぷり入れてかけるとさっぱりして美味しい」(49歳/主婦)

「豚トロを塩こしょうで焼いてそれにかけるとさっぱりして美味しいです」(48歳/主婦)

揚げたて、出来たてにぎゅっと絞っていただくと本当に最高ですよね。また、いつもはタレで食べるようなものでも、この時期はレモンで食べるという方も。食欲増進しそう!

 

いかがでしたか? 今年の夏もしっかり暑くなりそうです。メインでも、サイドでも、スイーツでも、ドリンクでもいけるレモンでビタミンをたっぷりとり入れて、美容も心がけながら快適に過ごしたいですね! ぜひレモンレシピをお試しくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集