子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

メインでもサイドでも大活躍!「マカロニ」を使った美味しいアレンジレシピを集めました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

長期保存が効いてメニューもバラエティ豊富なマカロニ。メインでもサイドでも人気のものがたくさんありますよね。でも意外と余らせがちだったりしませんか?

そこで『kufura』では、マカロニを使った美味しいアレンジレシピを大調査。386人の主婦に聞いたアレンジレシピを見ていきましょう!

相性ぴったり!「チーズ」を使ったアレンジメニュー

海外で定番のマカロニメニューといえば、いわゆる「マカロニチーズ」。小さなお子さんから大人まで食べている人気の一品ですよね。

「マカロニのカニチーズ焼き」(21歳/学生・フリーター)

「ブロッコリーとチーズとともに焼く」(35歳/その他)

「マカロニの粉チーズ炒め」(50歳/総務・人事・事務)

「ゆでたマカロニのマヨネーズチーズ焼き」(41歳/主婦)

「マカロニをゆでて溶かしたチェダーチーズと塩と混ぜるマックアンドチーズ」(24歳/学生・フリーター)

「マカロニのチーズ焼き。ゆでたマカロニをアルミカップに入れ、ピザ用チーズをかけてトースターで焼く。簡単にできるお弁当のおかずとして便利です」(25歳/総務・人事・事務)

ちょっとチーズを絡めるだけで一品が仕上がるありがたい存在。簡単に作れて美味しいメニューです。

満足度アップ「スープ」に入れるレシピ

「マカロニ入りスープ。お腹持ちがよく、朝にぴったり」(44歳/主婦)

「マカロニと野菜のコンソメスープ」(47歳/その他)

「ゆでたマカロニをミネストローネに混ぜる」(53歳/その他)

「マカロニをインスタントのスープに入れる。軽食になって良い」(45歳/出版・マスコミ関係)

「トマト缶と残った野菜とのスープに入れます。ボリュームがアップできるのと、味がしみたマカロニがとても美味しいです」(39歳/その他)

「チャウダーやミネストローネ・ポトフなど、汁物にはなんでも入れちゃいます。味の邪魔になりませんし、もちもちした食感でお腹も満たされて良いです」(55歳/主婦)

スープにマカロニを入れるだけでできるメニューが多く、簡単にできて嬉しいという意見が多くありました。朝食や、ちょっとした軽食にも人気ですね!

トマトやクリーム…「ソース」と和えるレシピ

「粗みじん切りの玉ねぎで作った、トマトソースで和えるとおいしいです」(50歳/コンピュータ関連技術職)

「マカロニをミートソースで和えます。スパゲッティとは違った食感が楽しい味わいです。子どもが食べるのにも便利です」(26歳/その他)

「ツナとトマトソースとチーズと和える」(33歳/主婦)

「パスタがない時の代用で、市販のパスタソースをかけて食べています」(43歳/総務・人事・事務)

「アラビアータソースに和えて食べる。主食としてもおすすめです」(24歳/学生・フリーター)

「バジルソースで和える」(55歳/その他)

「マカロニのカルボナーラ。フライパンにオリーブオイル、生クリームと牛乳に粉チーズ、塩コショウを入れてゆでたマカロニを入れて少し煮る。ボウルに取り出して少し冷めたところで卵黄を入れて混ぜて出来上がりです。お弁当に入れてもいいし、パンにも合います」(45歳/コンピュータ関連技術職)

パスタの一種であるマカロニ。パスタソースに合わないはずはありませんよね。お好みのパスタソースを絡めて出来上がる一品です。

子どもから絶大な人気を誇る「きなこ」和え

続いては、離乳食・幼児食としての人気も高い「きなこ」を使ったレシピです。

「きなこマカロニ。茹でたマカロニにきなこを和える。子どものおやつとしても使えます」(30歳/主婦)

「マカロニを油で揚げて砂糖ときなこをまぶして出来上がり」(35歳/主婦)

「マカロニのきなこ和え。茹でたマカロニに砂糖をいれたきな粉を和える。給食にでていた懐かしい味」(44歳/主婦)

「きなこと黒蜜をかけてスイーツ風にする」(46歳/公務員)

筆者は子どもが保育園に通っている時のメニューで「マカロニきなこ」というメニューを見た時には、その組み合わせの意外さに当初は驚きを覚えました。しかし子どもが大好きでお代わりをすることを知り試してみることに。これがほんのり甘く、きなこもまろやかさがなんともいえず美味しく、相性抜群であることを実感しました。栄養価も高いおやつとしてありがたいですね。

斬新&納得!我が家の「マカロニ」アレンジレシピ

洋風メニュー

「マカロニ、ソーセージ、枝豆、コーン、チーズを卵と混ぜてオムレツを作っています。食べごたえのあるオムレツができます」(36歳/総務・人事・事務)

「マカロニとなすとチーズのオリーブ焼き。オーブンで焼くだけで美味しいし、パスタのソースをかけても美味しいです」(43歳/主婦)

「マカロニシーフードリゾット。ゆでたマカロニをトマトソースで煮込み、シーフードミックスを加える。お好みでタバスコや粉チーズをかけて食べる。洗い物も最小限、簡単おいしいレシピです」(31歳/主婦)

洋風なものには相性バッチリのマカロニ。いつも食べているものにマカロニを代用しても存在感を発揮しますね。

揚げもの

「マカロニをパン粉代わりにしたコロッケ。いつもよりザクザク衣になって、一味違ったコロッケになる」(39歳/主婦)

「マカロニをさっとゆでて、ゆでてつぶしたじゃがいもと混ぜる。それを餃子の皮で包んで、油で揚げる。お弁当のおかずに便利です」(43歳/その他)

ちょっとした工夫でマカロニを使うと、意外さがウケそう! 揚げものの衣は食感が楽しそうですね。

ルーをかけて

「ハヤシライスのルーにマカロニを絡めてチーズをのせてオーブンかトースターで焼く」(42歳/その他)

「ごはんの上にゆでたマカロニとシチューとチーズを、オーブントースターで焼いてチーズのトロトロと一緒に」(47歳/総務・人事・事務)

ルーをかけて焼き目をつけるのも相性がいいですよね。ルーのトロトロがマカロニによく絡んで美味しそうですね。

和風

「うどんだしで煮て、磯自慢をかけて卵をのせて食べます、美味しいです」(36歳/総務・人事・事務)

「マカロニのゆかり和え。ゆでたマカロニにマヨネーズとゆかりを混ぜる。簡単にできてパンの上にのせて食べてもおいしいし、お弁当のおかずにもなる」(35歳/その他)

マカロニに和風?という声も聞こえてきそうですが、和風でも美味しいという意見もたくさんありました。お弁当の一品としても便利そうですね。

おやつ

「マカロニのかりんとう。油で揚げて砂糖にまぶします。意外に美味しいです」(48歳/主婦)

「マカロニのおやつ。ゆでてから水気を切り、揚げてシナモンシュガーをかけるとチュロスみたいで美味しいです」(38歳/営業・販売)

マカロニのおやつも、手軽に作れるメニューがたくさんありました。

ハズレなし!「定番もの」みんなのアレンジは?

マカロニサラダ

「定番ですが、マカロニサラダ。ピーマンとツナの簡単マカロニサラダが好きです」(32歳/学生・フリーター)

「マカロニをポテトサラダにしてパンにはさんで食べる!」(32歳/出版・マスコミ関係)

「醤油やツナ缶などを混ぜた和風マカロニサラダ」(26歳/学生・フリーター)

「マカロニサラダ。マヨネーズが基本ですが、つゆを隠し味に入れると美味しい!」(34歳/その他)

「バジルとレモンドレッシングで簡単パスタ風サラダを作る。簡単で本格的にできて美味しいです」(37歳/その他)

「ベーコンと卵のマカロニサラダ。粉チーズと粗挽き黒胡椒をかければデパ地下の味」(33歳/その他)

今回のアンケートでも、「マカロニといえば、やっぱりサラダ」という声が一番多く聞かれました。定番のものからちょっとアレンジを加えたり、隠し味をつけたりと工夫しても楽しいですね。

マカロニグラタン

「ミートグラタン。焦げ目がおいしい」(48歳/総務・人事・事務)

「定番ですがグラタン。ホワイトソースが面倒な場合は、豆腐で代用します」(39歳/広報・宣伝)

「マカロニのグラタンはパスタソースで簡単につくる」(48歳/主婦)

「マカロニとエビのグラタン。たっぷりのソースをかけてオーブンで焼くと簡単にできて美味しいです」(42歳/主婦)

焦げ目も美味しいグラタン。あっつあつがたまらなく美味しいですよね。好きな具材を入れて楽しみたいですね!

 

いかがでしたか? マカロニは色々な料理に使えて楽しい食材。今回も定番ものから斬新なものまで色々ご紹介しましたが、皆さんもアレンジレシピに挑戦してみると、新しい発見があるかもしれません。今回の記事も参考にしてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。