子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「グラタン」は定番以外も断然おいしい!家族に喜ばれたみんなのアレンジレシピ集

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

チーズたっぷり、とろっと濃厚な味わいで家族も大好きな「グラタン」。まだまだ寒い冬は、グラタンをみんなでハフハフしながら食べて温まりたいですよね。そんなグラタン、いつも同じように作ってしまって、実はレパートリーが少ないかも……という方も多いはず。

そこで『kufura』では20~50代の既婚女性232名にアンケートを実施し、「家族が喜んだグラタンのレシピ」についてうかがいました。味付けや具材を変えれば味ががらっと変わって、いつもとは違うグラタンを楽しめますよ。普段のご飯にも、誕生日などの特別な日にも大活躍すること間違いなし!

定番の「シーフード」グラタン、みんなのアレンジは?

「シーフード」入りのグラタンは大人気でたくさんの回答が集まりました。海老やホタテ、魚など魚介を入れると旨味たっぷりで贅沢な味わいに。冷凍シーフードを使えばさらに手軽に作れます。

「タラにグラタンソースを入れる。魚とクリームがマッチして美味しい」35歳/主婦)

「我が家のグラタンはシチューをリメイクします。飽きないようにシーフードミックスをプラスして沢山チーズをトッピングします」42歳/主婦)

「鮭とアスパラ、ベーコンのグラタン。玉ねぎとベーコンをバターで炒め、小麦粉をふり入れ牛乳とコンソメ、マカロニを入れて温まったら焼いてほぐした鮭とアスパラを入れ、とろみがついたらチーズ、マヨネーズでオーブントースターで焼く。マヨのコクが鮭に合って美味しい」(37歳/主婦)

「海老とキノコのグラタン。海老とキノコを炒めて、小麦粉、牛乳を入れてとろみがついたら、オーブンで焼きます。お鍋一つでできて、美味しいです」(48歳/主婦)

「明太グラタン。いつものグラタンに明太子を加えるだけで一気に美味しくなる。ピリ辛なのもまた良し」(39歳/主婦)

「鯖缶グラタン。トマトの缶詰にコンソメ、塩に鯖缶、チーズとマヨネーズをのせてオーブントースターで焼く」(56歳/総務・人事・事務)

 

とろ~り「餅」グラタン

お餅とチーズがダブルでとろ~りとろける餅入りグラタンも人気でした。食べ応えも抜群で、お腹も大満足できますよ。お正月に余ったお餅も使えるので一石二鳥!

「餅を細かく入れて、チーズとなじませます」41歳/主婦)

「餅明太子グラタン。チーズとおもちがとろとろで伸びがいいので喜ぶ」49歳/主婦)

「じゃがいも&餅のグラタン。ほんのり焦げ目をつけた餅を入れたグラタンが家族みんな大好きです」45歳/主婦)

 

やっぱり「チーズ」は盛り盛りで!

いつものグラタンでも、チーズを増し増しにすることで超濃厚グラタンに大変身。焦げ目をつけることで香ばしさもプラスされて絶品に。家族もアツアツチーズに夢中になりますよ!

「じゃがいもを薄く切ったものをマカロニの上に乗せ、チーズをたっぷりのせると主人がよく食べる」27歳/主婦)

「ホワイトソースにこれでもか、というほどチーズを混ぜ込んだチーズグラタン。あらゆる種類のチーズを混ぜ、おまけにスキムミルクも足すのでかなり濃厚です」47歳/主婦)

「チーズをたっぷりのせて焦げ目をほんのりつける」40歳/総務・人事・事務)

 

「カレー」グラタンに味変

ホワイトソースでグラタンをよく作るという方は、たまに味変するとびっくりされますよ。特にカレー味が人気という方が多かったです。カレーの残りを使えばとても簡単に作れちゃいます!

「カレー粉を入れてカレー風味のグラタンにする」37歳/デザイン関係)

「カレーグラタン。見栄えが変わって喜ばれた」37歳/その他)

「グラタン皿に前日のカレーの残りを入れて、上からとろけるチーズをかけオーブンで焼くカレーグラタン」29歳/主婦)

「カレー粉を足して、味変させると喜びます」47歳/主婦)

「カレーの残りとトーストして切ったパンを混ぜてつくったグラタン。子どもは大喜びで食べてくれる」(38歳/主婦)

 

「パン」グラタンでおしゃれに

グラタンとパンを合わせれば、いつもとは違うおしゃれなグラタンに早変わり。硬くなったパンも美味しく消費できますよ。パーティーや特別な日にも作って出したい一品です。

「パンを具材の中に入れて、ベーコンやマッシュルームやアスパラと一緒に焼きます」56歳/主婦)

「グラタンの下にフランスパンを入れる。1皿で全て済む」39歳/その他)

「マカロニグラタンはぶよぶよしていて嫌がるがパングラタンにするとよく食べる」43歳/その他)

「グラタンをパンにのせる。甘くて美味しい」31歳/総務・人事・事務)

 

「豆腐」「豆乳」入りでヘルシーに

豆腐や豆乳を使えば、クリームたっぷりなグラタンもヘルシーに。ダイエット中でも罪悪感なしで食べられそう。優しい味であっさりと仕上がるのでぺろっと食べられちゃいますよ。

「牛乳の代わりに豆乳を使いヘルシーにする」45歳/主婦)

「豆乳おからグラタン」51歳/主婦)

「長芋とナスとウインナーの豆腐クリームグラタン」45歳/その他)

「とろろにマヨネーズとめんつゆで味付けして、くずした豆腐を入れて、チーズを乗せて焼くグラタン。あっさりしながらもとろとろで好評」49歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「豆腐を使ってクリームにしたヘルシーグラタン。あっさりして軽く美味しい」42歳/主婦)

 

まだまだある!グラタンのアレンジ 

グラタンのアレンジはまだまだたくさん! 残りものをグラタンに転用する技もありました。

「ナポリタンのパスタを天板に乗せ、その上にグラタンの具材を乗せてオーブンで焼いたら、ボリュームもあり、美味しかった」(48歳/主婦)

「ヘルシーなきのこグラタン。しめじとエリンギと舞茸を赤味噌と砂糖と減塩しょうゆで炒めた後、米粉をまぶし、無調整豆乳を少しずつ入れて伸ばして、きのこホワイトソースを作る。茹でたマカロニにかけ、とろけるチーズを少量載せ、さらにその上にパルメザンチーズを少量かけてオーブンで焼く」(35歳/広報・宣伝)

「ぎょうざグラタン。餃子に、ホワイトソースか、ミートソースをかけ、チーズをたっぷりかけたら出来上がり。中途半端に余った餃子を美味しく食べられるので、家族にも好評」(46歳/主婦)

「山芋のグラタン。食べ方に困る山芋ですが、ザクザク切った生の山芋をグラタンに入れて煮込み、チーズをかけてオーブンで焼くと。食感もよいし、ホクホクして栄養もとれてバランスがよいです。子どもが喜びます」(43歳/その他)

「ペンネチキングラタン。チキンとトマトソース、クリームソースが具。マカロニをペンネに変えたら食べ応えがありもりもり食べられた」(27歳/主婦)

 

いかがでしたか?

紹介したレシピ以外にも、鶏肉やさつまいも、かぼちゃなどの芋類も相性バッチリという声が多かったですよ。グラタンはレパートリーを増やしておくととても便利! まだまだ寒い日が続くので、アツアツのアレンジグラタンで家族で温まってくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。