子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

家族が喜んだ「あさり」レシピ。みんなはどんな料理に使ってる?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

これからの季節が旬の「あさり」。身が締まって美味しい時期を迎えます。加えて、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラルも入っていて栄養も抜群!

そこで『kufura』 では「春が旬のあさりを使った、家族が喜んだアレンジレシピ」を、20〜50代の主婦231人に聞きました。人気があった8選をご覧ください。

まだまだ寒い日に食べたい「クラムチャウダー」

「クラムチャウダー。玉ねぎ、えび、ほたて、あさり、じゃがいも、ウインナー等をバターで炒めて、水、コンソメ、塩胡椒、牛乳を加えて、最後に好みで粉チーズをいれていただきます」(47歳/主婦)

「クラムチャウダー。リクエストだったので、あさり、ホタテ、野菜を入れてクラムチャウダールウで作りました。かなりのボリュームになり好評でした」(54歳/主婦)

あさりの旨味をギュッと凝縮させて、クリーミーに仕上げるクラムチャウダーはやっぱり人気。野菜もたくさん入れられるので、バランスも良く仕上がりますね!

だしと旨味のコラボ「お味噌汁」

「あさりは味噌汁です。だしが出て美味しいと、子ども達がおかわりしてくれます」(38歳/主婦)

「あさりの味噌汁。体が温まるし、からだによいから」(32歳/総務・人事・事務)

「あさりのお味噌汁。二日酔いの朝にぴったりです」(46歳/主婦)

「あさりの味噌汁。一般的なあさりの味噌汁に、お花の麩を加えると、麩が味を吸ってさらに美味しさアップです」(34歳/主婦)

二日酔い防止に効果があるといわれるタウリンが入っているあさり。元々のあさりの旨味とお味噌の絶妙なコラボレーションが、飲みすぎた体に染み入ります。

コクがたまらない「酒蒸し」

「あさりの酒蒸しは無限に食べられます」(55歳/主婦)

「あさりの酒蒸し。あさりと酒、にんにくチューブ、味の素を入れて蒸すだけでご飯が何杯でも食べられるおかずの完成です!」(30歳/その他)

「あさりを酒蒸しにして、キャベツを加えて蒸し汁を吸わせる。キャベツにあさりの味がしみ込んでおいしい」(55歳/主婦)

「あさりの酒蒸し。あさりのだしが出て、おつまみに良いといわれました」(44歳/主婦)

お酒で蒸すだけで、どうしてこんなに旨味が増すの?というくらい美味しさが増します。お酒のおつまみとしても人気が高く、中には無限に食べられるという方も。あさりの定番おかずです。

オリーブオイルとの相性抜群!「あさりのパスタ」

「あさりの和風ペペロンチーノ。たっぷりのあさりを日本酒で酒蒸しした後、茹でたパスタとめんつゆ、鷹の爪、ニンニク、パセリと和える。鉄分が豊富に摂取できる割にはカロリーが低いので重宝しています」(35歳/広報・宣伝)

「定番のボンゴレが一番人気です。トマトソース味のものが人気です」(54歳/主婦)

「あさりとブロッコリーのパスタ。みじん切りニンニクとベーコンをバターで炒め、あさりと冷凍ブロッコリーを入れ、あさりが開いたら茹でたパスタを入れ塩こしょう、醤油で味を整える。あさりの旨味とガーリックバターでもりもり食べてしまう」(37歳/主婦)

「あさりのスパゲッティ。ゆでたスパゲッティにあさり、細長く切ったキュウリをオリーブオイルで炒め、醤油で味付けをします。和風の味付けで美味しいです。家族の中で1〜2位を争う人気の味付けです」(39歳/その他)

オリーブオイルとスパゲッティとの相性が抜群なあさりのパスタ。オイルベースでもトマトソースベースでもどちらも美味しいですよね。あさり以外にも野菜を足せば栄養価もアップ。子ども達ももりもり食べてくれること間違いなし!

炊飯器で簡単にできる「炊き込みご飯」

「インスタントのお吸いものとあさりを入れて炊飯器で炊く」(39歳/主婦)

「あさり、タケノコ、菜の花の炊き込みご飯」(51歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「あさりの炊き込みご飯。研いだお米、あさり、長ネギ、だしの素少し、醤油少し、料理酒、みりん、しょうが、みそを入れて炊く。和の味付けが大好きな子どもたちは完食してくれます」(27歳/主婦)

「あさりのゴマ油風炊き込みご飯。炊飯器にあさり、酒、みりん、ゴマ油。ゆでたあさりをいれ炊く。出来上がったら、海苔とみじん切りにしたネギをかけるとおいしい。何度もお替りしてくれるのがうれしいです」(43歳/その他)

「炊き込みご飯にあさりのだし醤油煮を混ぜて、あさりご飯にしました。あさりを噛んだ時のうまみが美味しいのですぐになくなりました」(52歳/主婦)

「あさりとトマトの炊き込みご飯。あさりの缶詰とトマト缶にコンソメブイヨンを1つ放り込んで炊くだけ」(47歳/主婦)

炊き込みごはんも大人気でした。シンプルに、だしとあさりだけでもいいですし、色々な具材を足すと、より華やかになりますね! 我が家もあさりの炊き込みご飯は2人の息子からの人気が高く、あっという間に売り切れます。

洋風もとっても合う「パエリア・ピラフ」

「パエリア。旨みが出る」(39歳/営業・販売)

「あさりピラフ。ホットプレートで炒めたお米に殻つきのままあさりをのせて、パエリア風にすると喜ぶ」(49歳/主婦)

「あさりを使ったパエリア。特別な日にしか作らないのでめずらしさもあって喜んで食べてくれます」(37歳/主婦)

炊きご飯同様に、洋風にしても旨味が美味しいピラフやパエリアも人気でした。普段はもちろん、パーティー料理にしても華やかになりそう!

お酒が進む!つまみにぴったり「炒めもの」

「あさりのバター焼き。大葉も刻んで入れると、香りも良く、美味しく食べて喜びます」(43歳/主婦)

「あさりの缶詰とイカをバターと醤油で炒めます」(32歳/主婦)

「あさりのバター炒め。刻みねぎをたっぷり使い、ブラックペッパーも」(47歳/主婦)

「あさりのペペロンチーノ風炒め。あさりとブロッコリーなどの野菜をオリーブオイルとニンニク、唐辛子、シーズニングで炒めるだけ」(29歳/主婦)

バターやオリーブオイルで炒めるだけで、しっかりとおつまみやおかずになるあさりの炒めもの。お酒も進んじゃいそうですね。

辛い料理にも!「韓国料理」

「チゲ鍋を簡単に作るときに入れる。とてもだしが出て満足している」(37歳/その他)

「あさりをいっぱい入れたスンドゥブ」(46歳/公務員)

家庭でも楽しむことが多くなっている韓国料理にもあさりを入れるという声が。鍋ものに入れるといいだしが出て、アクセントになりそう!

まだまだある!家族に人気のあさり料理

「カレーに入れてシーフードカレーにする。だしが出て美味しい」(42歳/主婦)

「あさりと野菜のかき揚げ。肉っぽい食感で美味しい」(34歳/その他)

「あさりを入れたスープに素麺を入れる。温まります」(57歳/主婦)

「あさりのチーズオーブンが高評価!!」(42歳/コンサルタント)

「あさりをガーリックバターで焼きます! ワインのお供に最高! 夫のお気に入りです」(51歳/主婦)

汁ものに足すのはもちろん、揚げるのもよし、焼くもよし、レパートリーが広くて助かりますね。

 

いかがでしたか? これからが旬のあさりは色々な料理に変身できるお助け食材のひとつ。皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。