子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「オムレツ」はプレーン派?具だくさん派?既婚女性226人に聞いた我が家のこだわりオムレツ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

手軽に作れる卵料理のひとつ「オムレツ」。調理もいたってシンプルなので、おうちでよく作るというご家庭も多いのではないでしょうか。
そこで『kufura』では、20〜50代の既婚226人に「我が家のこだわりオムレツ」について聞いてみました。具なしのプレーン派と、食材をたっぷり入れる具だくさん派とそれぞれに分けてご紹介します。

プレーンと具だくさん、おうちでよく作られるのはどちら?

まず、おうちで作るオムレツがプレーン派か具だくさん派かをたずねたところ、

プレーン派・・・127人(56.2%)

具だくさん派・・・99人(43.8%)

と、プレーン派の人がやや多いという結果になりました。それでは、早速それぞれの “こだわりポイント”について見ていきましょう。

プレーン派のこだわりは?

なんといっても“卵オンリー”が一番!

「プレーン派:シンプルが一番!バターの香りがなによりの味付け」(35歳/総務・人事・事務)

「シンプルなプレーンにケチャップをかけて食べるのが一番おいしい」(53歳/主婦)

「プレーン派、たまごの味が好きだから」(33歳/主婦)

「良い卵を使う。加熱し過ぎず、余熱を使う。生クリームを入れる」(47歳/主婦)

バターの香ばしい香りがたまらない、卵の美味しさをストーレートに味わいたい、卵+ケチャップの組み合わせの味を楽しみたい、と素材の美味しさをストレートに楽しみたい方が多いようです。主役となる卵はちょっといいものを使う、というこだわりさんもいました。

こだわりのソースでいただく

「ふわふわにして、定番のケチャップのみ!」(32歳/学生・フリーター)

「濃厚でおいしい、少し高めのケチャップをたっぷりかけるのがポイント。バターを使用し、中は半熟に焼き上げる」(28歳/総務・人事・事務)

「プレーンにデミグラスソースをかけるのが子どもたちに好評」(57歳/主婦)

「プレーン派:ぐつぐつ煮込んだデミグラスソースの濃厚さをじっくり味わいたい」(23歳/営業・販売)

「マッシュルームやたまねぎなど炒め、ケチャップで味付けしたのをオムレツにかける」(57歳/主婦)

「プレーン派。和風醤油ソースをかけていただく、さっぱりしていて美味しい」(52歳/主婦)

「カレーソースをかけます。もしくはトマトソース」(46歳/その他)

「クリームソースかけると、美味しい」(38歳/主婦)

「こだわりソースをかける」という声も多く寄せられました。特に人気が高かったのは、定番のケチャップやデミグラスソース。オムレツはプレーンだけれど、炒めたマッシュルームや玉ねぎなど具入りソースを使うという方も。カレーソースやクリームソースなども卵と相性がいいので、お子さんがパクパク食べてくれそうですね。

フワフワ、トロトロの仕上がりにこだわる

「とにかく、きめが細かくふんわり、しっとりしているホテルのようなオムレツにすること」(45歳/主婦)

「フワフワになるのには、白身だけ先にメレンゲにしてから、黄身をサックリ混ぜて焼く。そうしたら、しっかり焼いても食感が柔らかい」(57歳/主婦)

「中が半熟になるように心がけている」(30歳/主婦)

「火加減に気をつけ、プルップル、表面ツルッツルのオムレツを作るようにしている」(48歳/主婦)

「中にはとろけるチーズをいれると濃厚でホテル並みの味になります」(39歳/営業・販売)

「チーズのみイン。シンプルで家族全員好き」(49歳/その他)

「生クリームで滑らかにしています」(35歳/総務・人事・事務)

「牛乳を入れるのがポイント。ソフトに仕上がっておいしい」(55歳/その他)

「卵をふわふわにするため、ヨーグルトを入れます」(57歳/総務・人事・事務)

食材がシンプルだからこそ、フワフワ、トロトロな仕上がりにこだわっている方もいました。そのため、卵に入れるものとしてチーズがダントツ人気! チーズを加えることで味にコクが出ますし、とろ〜り食感も楽しめますね。

その他にも、白身をメレンゲ状にしてから黄身と混ぜたり、卵にヨーグルトや生クリーム、牛乳などを混ぜるといった方も。身近なものをプラスして、ワンランク上のプレーンオムレツを目指す…こだわりっぷりがうかがえました。

具だくさん派のこだわりは?

家族の健康を考えて野菜たっぷりに!

「野菜を具沢山にすることで野菜食わずを改善」(51歳/主婦)

「子供に野菜を摂ってもらうため、牛ひき肉だけでなく人参も入れる。ケチャップで可愛い顔を描く。喜んで食べてくれる」(27歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「野菜、ベーコンなどを入れて食事のバランスが良くなるように努めます。プレーンよりおいしいと言ってもらえます」(36歳/総務・人事・事務)

「野菜嫌いな息子が野菜をたくさん摂れるように人参や玉ねぎ等を細かく入れています」(55歳/その他)

「玉ねぎと子供が普段食べない人参やコーンを混ぜる」(34歳/主婦)

「栄養バランスが良くなるよう、野菜もたくさん入れます。玉ねぎ、人参、その時家にあるキノコ、ピーマン、あとは味にコクが出るコーヒーフレッシュも入れるとマイルドな味わいで美味しいと夫が喜んで食べてくれます」(45歳/主婦)

具だくさん派の方で最も多かったのが、「野菜をたっぷり入れます!」という声。食材を切る手間はかかりますが、野菜嫌いなお子さんや家族の栄養バランスのことを考えて具だくさんにするとは、愛情もたっぷりですね! 野菜やお肉からも旨みが出ますし、ケチャップで顔やメッセージを書いて楽しむのはもはや醍醐味といえるかもしれません。

“残り物”を活用して冷蔵庫スッキリ

「冷蔵庫の残り物の材料を何でも入れるところ」(49歳/総務・人事・事務)

「具だくさん:基本的に残った野菜を入れますが、えのきとベーコンをみじん切りにして作ると子供たちがいつもよりおいしいと食べてくれます」(50歳/主婦)

「具だくさん派:玉ねぎやしめじなど冷蔵庫の残り物野菜にトマトを入れるのがポイント。ハワイのホテルでオムレツにトマトを入れてくれたのが、すごく美味しくて、それ以来やってます」(36歳/主婦)

「ウインナー、玉ねぎはマスト。あとは冷蔵庫の残り野菜。大葉とツナは和風でおいしかったです」(36歳/主婦)

「肉じゃがなどおかず残り物」(58歳/主婦)

引き続き、野菜やお肉を入れるという声ですが、食材には“冷蔵庫の残り物”を活用するという方も。ボリューム満点の美味しい一品ができる上、冷蔵庫もスッキリ片付けられるのは嬉しいところ。好みの組み合わせが見つけられた…なんて発見もあるかも!? すでに味付けばっちりのおかずをオムレツにリメイクすれば、時短調理にもなり忙しいときに助かりますね。

具材や味付けなどアレンジも多彩!

「納豆オムレツにすると子供がおかわりします!」(32歳/主婦)

「具だくさん派。ひき肉と玉ねぎピーマンきのこ等をカレー粉で味付けして卵で包む。カレー味なのでもりもり野菜が食べられる」(37歳/主婦)

「挽き肉とオクラの和風にして子供も食べやすくおいしかったと言ってくれました」(28歳/主婦)

「シーフードミックスを入れると豪華になり、みんな大喜びです」(30歳/総務・人事・事務)

「クリームソースを中に包むとクリーミーでコクが出る」(27歳/主婦)

「具だくさん派です。玉ねぎときのこ類は基本の味として必ず入れます。あとはその時の残り物で、アレンジ無限大です。最近は、近くの川で摘んだ芹と土筆を入れました。玉子に包まれた事で食べやすくなったようで、子供も完食してくれました」(39歳/その他)

その他にも、味付けや具材に工夫するといった声が寄せられました。最後のコメントにある芹や土筆入りオムレツは斬新! アレンジの幅の広さを感じますね。きっと季節感も感じられて美味しかったのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?
プレーン派、具だくさん派と好みが分かれる分、それぞれで「ここは!」というこだわりポイントがありました。さて、あなたのご家庭の「オムレツ」はどちらのタイプでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集