子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

妻たちの切実な願い!「年末年始くらいは開放されたいと思う家事」ダントツの1位は?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年末年始は家でゆっくり過ごしたいものですが、家族がずっと家にいるため、料理、洗濯、掃除などの家事がいつもより増えてしまって、ちっとものんびりできないという人も多いのではないでしょうか? 今回『kufura』では、20~50代の既婚女性285人にアンケートを行い、「年末年始くらいは解放されたいと思う家事」について聞いてみました。どんな家事から解放されたいと思っているのか、ランキングで見ていくことにしましょう。

第6位:家事全般・・・17票

「すべての家事を家族に代わってもらって、たまには私もゆっくりしたいです。ただ、やってもらっても結局やり直すハメになるので、自分でやるしかありません」(45歳/主婦)

「家事全般を家族に分担してやってほしいです。強い希望を言えば、年末年始は一人になって自分が食べたいときに食べ、気が向いたときに掃除や洗濯をするような生活をしてみたいです」(59歳/その他)

「家事があると休みではないのといっしょなので、年末年始くらいはだれかに家事をやってもらって、私ものんびり過ごしたいです」(53歳/主婦)

「できることなら、料理も食器洗いも洗濯もすべて夫にやってもらって、年末年始はのんびりしたいです」(32歳/主婦)

「年末年始は夫も仕事が休みで家にいるので、家事全般をやってほしいと思います」(22歳/主婦)

何か一つではなく、すべての家事から解放されたいと思っている妻も多い様子。特に、普段から家事全般を一人でやっているような妻の場合、年末年始くらいは夫や子どもなどと同様に自分も休みたくなるのは当然です。家事を家族で分担する、緊急でない家事は放置するなどして、のんびりできる時間を上手に確保したいものですね。

第5位:お風呂掃除・・・19票

「お風呂掃除はかがんだり、意外と力も必要だったりしてけっこう疲れてしまうので、年末年始で仕事が休みのときくらいは、夫に担当してもらいたいです」(54歳/主婦)

「今は妊娠中でかがむのがしんどいし、年末年始はさらにおなかが大きくなってつらいと思うので、お風呂掃除はぜひ夫にやってほしいと思います」(27歳/営業・販売)

「お風呂掃除は意外に疲れるので、できることなら新年早々から疲れることはしたくないですね」(53歳/主婦)

「お風呂掃除なら子どもでもできると思うので、お手伝いとして私の代わりにやってほしいです」(35歳/主婦)

「お風呂のカビなどが気になるので、年末の大掃除の際はプロにお風呂掃除をお願いしてみたいです」(48歳/総務・人事・事務)

第5位は、”お風呂掃除”。お風呂掃除はそれほど手間はかかりませんが、かがんだ姿勢で掃除をしたり、遠くに腕を伸ばしたりするなど、疲れる動作が多くて意外と大変です。お風呂掃除は家事の中でも簡単で、だれにでもできるものなので、年末年始くらいは家族にやってもらうようにしてみてはいかがでしょうか?

第4位:食器洗い・・・23票

「年末年始は私もゆっくりしたいので、自分の使った食器だけでも夫に洗ってほしいです」(32歳/主婦)

「食器洗いはだれでもできるので、年末年始くらいはそのときどきでできる人がやってくれると助かります」(29歳/主婦)

「食事をするごとに洗い物が出て、そのたびに食器を洗うのはかなり面倒なので、年末年始はそれだけでもだれかにやってほしいです」(41歳/営業・販売)

「お正月は寒くて手がかじかむので、食器洗いはだれかに代わってほしいです。ただ、それは無理なので、紙のお皿を使って洗い物を減らすようにしています」(50歳/主婦)

「年末年始は普段よりも洗い物が多くなって、手も荒れてしまうので、できることなら夫に代わりにやってほしいです」(38歳/学生・フリーター)

「食事も終わったし、ちょっとのんびりしようかな」と思っても、この後にまだ食器洗いが残っていると思うと、正直気が滅入りますよね。料理を作る、片付ける、食器を洗う、お皿を拭くというルーティンが1日に3度もあると、年末年始の休み中にもかかわらず、なかなか休む暇がありません。少しだけでも家族に代わってもらえると嬉しいですね。

第3位:洗濯・・・26票

「洗濯は年末年始も毎日やらなくてはいけない家事なので、たまにはだれかに全部任せてサボりたいです」(36歳/総務・人事・事務)

「お正月くらいはゆっくりしたいので、簡単にできる洗濯などの家事はぜひ夫にお願いしたいです」(35歳/公務員)

「料理は外食やデリバリーなどで対応できますが、洗濯だけは絶対に家でやらないといけない家事。だれでもいいから代わりにやってほしいです」(37歳/その他)

「洗濯は、干す際に早く乾くように並べ方を考えるなど、いろいろと頭を使うことも多いので、お正月ぐらいだれかに任せて頭を休めたいです」(41歳/主婦)

「冬に洗濯物を干すときは、寒さで手が痛くなってしまうので、年末年始くらいだれか代わりにやってほしいです」(37歳/主婦)

「年末年始は洗濯から解放されたいです。洗濯はスイッチを入れれば洗濯機が勝手に洗ってくれるので、干す、たたむ、しまうなどを夫に代わってほしいです」(58歳/主婦)

“洗濯”も年末年始に解放されたい家事の一つ。洗うのは洗濯機が自動でやってくれますが、干す、たたむ、片付けるといった作業は、だれかがやらなくてはなりません。年末年始でも洗濯を休むわけにはいかないので、夫や子どもたちが担当してくれると助かりますね。

第2位:部屋の掃除・・・46票

「年末年始は家族が家にいる時間が長いので、どうしても掃除の回数が増えてしまいます。部屋の掃除機かけぐらいは夫にやってほしいですね」(51歳/主婦)

「年末に大掃除をするので、お正月は掃除の心配はないと思いきや、毎日家族がいるのでやはり掃除が必要に。年始くらいは掃除から解放されたいですね」(55歳/その他)

「たまには私もゆっくりしたいので、せめて掃除くらいは家族みんなで分担してやってほしいと思います」(55歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「家の掃除はいつも私がやっているので、お正月くらいはだれかに代わってほしいです」(35歳/主婦)

「家族に掃除を任せても汚くなるだけなので、できれば外注の家事代行サービスなどにお願いしたいです」(43歳/主婦)

「年末年始はゆっくりしたいので、大掃除はプロの業者に任せてたまった汚れを落としてもらい、お正月はのんびりと気持ちよく過ごしてみたいです」(44歳/主婦)

年末の大掃除はもちろん、それ以外にも日々の細々した掃除があるので、年末年始は休みなく掃除をしているという人も多いですよね。ただ、ほかの家事と違って、掃除については家族ではなくプロに任せたいと考えている人が多い様子。家族にお願いしても思うようにきれいにならないので、それならプロに任せてきれいにしてほしいというのが理由のようです。

第1位:料理・・・158票

「できることなら、年末年始は購入したおせち、デリバリー、外食を駆使して、いっさい料理をせずに、心身ともにのんびりしたいです」(51歳/主婦)

「年末年始は家族が一日中家にいるため、毎食の準備がとにかく大変。テイクアウトやデリバリーなどを活用して、私も少しは料理から解放されたいです」(51歳/営業・販売)

「お正月くらいは料理をせずにのんびりしたいと思うものの、作り置きやおせちにも限界があって、結局料理をしないといけないのがつらいところ。だれかが代わりに料理をしてくれたら本当に助かります」(53歳/主婦)

「料理を作ることはもちろんですが、献立を考えるのもけっこう大変なので、年末年始くらいは家族のだれかに料理全般を代わってやってほしいです」(43歳/主婦)

「男子高校生・大学生の食べ盛りの子どもがいて、ただでさえ毎回大量に料理を作らないといけないのに、年末年始はそれが1日中になるので大変です」(47歳/総務・人事・事務)

「年末年始はごちそうを作らないといけないし、家族みんなが家にいるので作ってもすぐに全部なくなります。可能なら、年末年始に料理はしたくないですね」(44歳/その他)

2位以下に100票以上もの差をつけて、ダントツの第1位に輝いたのは”料理”でした。年末年始は普段よりも家族が家にいる時間が長いので、おせちのほかにも朝昼晩と料理を作らないといけなくて大変。お惣菜やデリバリー、外食などを上手に活用して、年末年始くらいは料理から解放されたいと思っている妻がとてもたくさんいるようです。

いかがでしたか? この年末年始は新型コロナウイルスの影響により、例年よりもおうち時間が長くなるため、やるべき家事も増えることが予想されます。家事ばかりで休む暇がないという悲しい年末年始を回避するためにも、家族の協力を仰ぐ、使えるサービスは上手に活用するなどして、ほどほどの家事でのんびりできるように工夫してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。