子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

100円ショップ「ダイソー」で買い集めたふりかけ12種!編集部で食べ比べてみました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もはや「どんなものでもそろう!」と言っても過言ではない、『100円SHOPダイソー』(以下、「ダイソー」に略)。そんな「ダイソー」でふりかけが売られているのを知っていますか?

今回は、編集部員があちこちの「ダイソー」で数カ月にわたり買い集めた“気になる100円ふりかけ”を食べ比べしました!

子どもだって大好き!お弁当にも使える名脇役

小さい店舗でもかなりの種類がそろい、中には“おもしろふりかけ”もあり、見ているだけで楽しい!

「白いごはんじゃイヤ!」という子どももふりかけをかけると途端、食べてくれるものですよね。そしてお弁当作りに追われるママにとってもハズせない脇役であるふりかけ。日々の食卓やお弁当作りのヒントにも役立ててください。

今回は、12種類のふりかけを集めて、私に加えて6人の編集部員で実食しました。

子どもにウケそうな、“駄菓子系”ふりかけ

「ペヤング やきそば味ふりかけ」に「CoCo壱番屋 監修 カレーふりかけ」。そして「男梅ふりかけ」に「カラムーチョ ホットチリ味 ふりかけ」。

編集部一同、これら“駄菓子系”ふりかけを見るなりに、目が点! 全員が声をそろえて「こんなふりかけがあるのなんて知らなかった~!」と驚きの表情を隠せません。

さて、各お味は……! みんなのコメントをご紹介します。

 

●ペヤング やきそば味ふりかけ

「紅しょうがなのか、それとも青海苔なのか!?  ほのかに感じられて意外なほど焼きそば感がある!」

「ごはんにかけると“焼きそばライス”の味に。ごはんのときに食べるより、おやつのおにぎりとかに使うのがいいかも」

●CoCo壱番屋 監修 カレーふりかけ

「ちょっとカレーを食べたい! というときの気持ちに応えてくれる。職場でもニオイを気にせず食べられそうなのがいい」

「そんなに強い辛さがなく、子どもにウケそう!」

●男梅ふりかけ

「カリカリ梅が入っているし、ちょっとびっくりなおいしさ」

「ごはんにかけるだけじゃなく、塩をふって水気を絞ったきゅうりに振ったりしてもよさそう!」

「これをツマミにしながら飲めそう」

●カラムーチョ ホットチリ味 ふりかけ

「あのお菓子の『カラムーチョ』そのもの! こんな斬新なふりかけ見たことない(笑)」

「ごはんよりもレンジでチンしたじゃがいもにかけたらおいしそう」

日本人が好きな“甘じょっぱい系”ふりかけ

「すきやき」(写真左)は、今年発売56年目を迎える大ベストセラーふりかけなので、知っている人も多いはず!

「うなぎふりかけ 蒲焼味山椒入り」は、うなぎの蒲焼の味を再現したであろうふりかけ!?

原材料の中には、ちゃんとうなぎエキスも入っていますが、果たしてみんなの評価は?

●すきやき

「うちの子どもが大好き! とはいえ、親の私はなんとなく食べる気がしなくて、今まで食べたことなかったんですが、今日食べてみて、この甘さが勝った甘じょっぱさは確かにおいしい。子どもがハマるのもわかる気がする……」

「この甘辛感! 日本人が嫌いなわけないし、ごはんに合わないワケがない!」

●うなぎふりかけ 蒲焼味山椒入り

「うなぎを表現しすぎてしまい(笑)、女性にはややニオイがきつく感じるかも。でもパパたちは好きそう!」

「私もニオイがちょっと……でも、青じそふりかけの『かおり』とミックス使いするとイケる!」

なるほど! こういうことですね。一部女性には気になるうなぎのにおいに、青じそのふりかけを合わせることで食べやすくなりましたよ!

「ゆかり」の親戚をあなたは知っていますか!?

1970年に発売されて以来、製造及び販売元である三島食品の代表的な商品になっているという伝統のふりかけ「ゆかり」。

赤ジソの漬物をヒントに作られたという、あの紫色のふりかけは、ほとんどのママが知っていることでしょう。

でも今回、「ダイソー」で買ってきたのは「ゆかり」ではありません! その姉妹品の「かおり」と「あかり」です(笑)。

●かおり 青じそふりかけ

「初見でしたが、実は『かおり』さん、1984年発売なんですね!?  青じその香りがしっかりとしていい」

「これは安定のおいしさ!」

 「おかずの邪魔をしないさわやかな味わい。お弁当に使ってみたい!」

●あかり ピリ辛たらこ

「2010年からある商品とは知らず……今回、初めて見ました。『ゆかり』『かおり』、そしてこの『あかり』と、全部が大人が満足&納得のいくおいしさなのがすごい」

「辛さがしっかりと感じられて、パンチのあるたらこふりかけ。ごはんがすすむ~!」

高級感あふれる、しっとり系ふりかけ

そもそも100円ショップにしっとり系の生ふりかけが売っていることに一同驚き!

どちらも同じ「しそわかめ」ながら、「金目鯛入り」と「のど黒入り」に分かれています。

しかも、どちらもパッケージに国産などと書いてある!

●しそわかめ 金目鯛入り

「ごはんもイケるけれど、ゆでたうどんにごま油と一緒に和えても絶対おいしい!」

「100円とは思えない高級な味がする」

●しそわかめ のど黒入り

「わかめ感がしっかりあるから、それを存分に楽しむためにもごはんにかけるよりも“混ぜ込む”ほうがよりおいしくいただける。お吸い物の具として使っても、高級魚・のど黒を楽しめそう」

「意外なほど魚の旨味がある気がする」

 

しかしほとんどの人が「正直、両者の違いはわからないけれど(笑)、どちらもおいしい」とのこと。

でもこれが素直な感想かもしれませんね(笑)!

日本の味!ゆず胡椒と“あのお吸い物”も登場

永谷園の「松茸の味 お吸い物」、日本人なら知らない人はいないでしょう! 編集部も全員、「あのお吸い物のふりかけなんだ~!」と食いつき度100%。

そして「ゆず胡椒ふりかけ」も、なんと同じく永谷園のもの。

最後は奇しくも「永谷園対決」となりました!

果たしてお味のほうは……?

 

●ゆず胡椒ふりかけ

「ちゃんとゆず胡椒らしい辛さもあり、しかも香りがいい」

「しっかりと辛いので、これでおにぎりを作って飲みのシメにしてもいいかも」

「ゆず胡椒好きなので、ちゃんと後味のさわやかさと辛さが、ふりかけで再現されていたことがすばらしい!」

●松茸の味ふりかけ

「あのお吸い物そのもので、なんだかお湯をかけたくなる……」

「高級感あるおいしさ。100円とはちょっと思えない」

編集部のファイナルアンサーは!?

さて、全12種類、食べ比べてみました!

もちろんどれも個性があっておいしかったものの、とくに人気の高かったベスト3がこちら。

左から「ゆず胡椒ふりかけ」「男梅ふりかけ」「かおり 青じそふりかけ」という結果になりました。

香りのよさとさわやかさが際立った3つのふりかけが人気を獲得した結果となりました!

ぜひ、自宅でも家族みんなで食べ比べてみてください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。