子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

仕事や育児で余裕ない…!そんな時の「ママ達のストレス解消法」を調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日の育児や仕事をこなすママ達。時にはいっぱいいっぱいになって、ストレス溜まっているかも……と思うこと、ありますよね。

そこで『kufura』では、育児や仕事で余裕がなくなった時に「どう対処しているか」をママ達89人に調査。どんなストレス解消法をしているのか、早速みていきましょう。

外に出かけて「発散」しています!

余裕がなくなった時には、ストレス解消のために、自分の時間を過ごすという意見が多くなりましたが、まずは外にお出かけして発散する方の意見です。

「1人で遊びに行ってお買い物したり、部屋にこもって、映画や動画を見たり、温泉に入りに行ったりしてリフレッシュしています」(49歳/営業・販売)

「親に子どもを預けて、百貨店にいく。そして、親にはお礼にデパ地下お惣菜をプレゼント」(47歳/その他)

「出来る時は休みの日に1人でドライブに行く。その際に車の中で1人カラオケする」(40歳/その他)

「ともだちとご飯」(47歳/総務・人事・事務)

「ひとりでサウナに行く」(43歳/総務・人事・事務)

「夫に子どもを見てもらって髪を切りに行く」(35歳/その他)

「旦那さんに半日育児を任せて自分は好きなことをやる」(35歳/営業・販売)

とにかく、自分だけの時間を過ごすことがストレス解消になるという方がたくさんいました。夫や母に子どもをお願いし、自分時間を過ごすことでリセットする方法は、外の空気も吸えてまさに至福の時間でしょう。友達に会って話をすることもストレス解消になりますよね。

とにかく「ゆっくり」と過ごしたい派

「あつめの湯船にゆっくり浸かる」(41歳/主婦)

「とりあえず本をよんで落ち着く」(59歳/総務・人事・事務)

「韓国ドラマ、音楽の鑑賞」(38歳/その他)

「子どもがいない時に、映画を観たり、本を読んだり趣味に没頭する」(56歳/その他)

「1人でゆっくり音楽を聴く」(55歳/その他)

「早めに1人で先にお風呂に入る」(39歳/主婦)

「会社を休んで、ひとりで1日好きに過ごす」(52歳/総務・人事・事務)

「ひとりで2階の寝室にこもり、ひとりでテレビを観たり本を読んだりして、ひとりの時間を取り戻す」(46歳/総務・人事・事務)

趣味に没頭する、自分の好きな世界に入り込むなど、静かにストレス解消をするという派も多く見られました。中には会社を休んで贅沢に1日を使うという方も。なんとも羨ましい限りですね。誰にも邪魔されずに過ごす時間があると、しっかりと本来の自分を取り戻せそうです。

やっぱり「寝る」に限ります!

「とにかく寝る」(41歳/公務員)

「できるだけ睡眠を取る」(41歳/その他)

「しっかり睡眠をとるようにする」(52歳/主婦)

「仕事が休みの日には昼寝をする」(52歳/その他)

「何もしない。寝てリセットする」(48歳/その他)

体を休めると、体力とともに気力も回復されますよね。誰にも何にも邪魔されずに眠ることでリセットされます。何よりも「極楽〜」と言えるのではないでしょうか。

英語のことわざでも「Sleep is better than medicine.」と、睡眠は薬に勝るといわれるくらい、寝ることは体や心にとってとてもいいこと。しっかりと寝て充電したいですね!

「食べる・飲む」好きなもので解消!

「ひたすら、大好きなスウィーツを爆食いする」(47歳/主婦)

「甘いものを食べてストレス解消」(38歳/その他)

「早めに就寝する。美味しい物を食べる」(38歳/総務・人事・事務)

「ビールを飲んでリフレッシュ」(42歳/その他)

「お酒を飲んで寝る」(45歳/その他)

自分の好きなスイーツやお酒をいただくことでリフレッシュする方も多くいました。

また、好きなものを食べるだけではなく、とにかく”1人で食べる”というのがポイントという方も。

「モーニングへ1人で行く」(35歳/主婦)

「1人でゆっくりとごはんをたべる!」(40歳/その他)

自分のペースで自分の好きなものを食べることは、いいストレス解消法ですね。

普段、子どもに食べさせながら食事をしていると、自分は味わっていないことが多かったりしませんか? 5歳双子と一緒に食事をしている筆者も、気がつけば日々、ご飯をかきこんでいることが多く、どんな味だったかははっきりと覚えていないこともよくあります。ゆっくりと味や彩り、香りを楽しみながらいただく食事はもう、格別ですよね!

少数意見ですが…「自分の世界」にどっぷりと浸る

そのほか、少数意見でしたが、自分を取り戻すために行なっているリセット方法を見て行きましょう。

「深呼吸をする。あえて子どもに向かって『かわいい』や『大好き』『宝物だよ』と口に出して言う」(31歳/総務・人事・事務)

「やりたくないことはやらない。子どもと思いっきりテレビを見たりする。外食も利用する」(38歳/その他)

「悩まずに相談したり、夫に助けを求める」(31歳/公務員)

「枕にうずくまり大声で叫ぶ」(31歳/主婦)

「泣けるドラマや映画を見て、思いっきり泣く」(49歳/総務・人事・事務)

「独り言を喋るようにしている」(37歳/主婦)

「自分にとって何が一番なのか考える」(42歳/主婦)

色々な方法がありますが、自分の中にストンと落ちるものがあれば、上手にストレスを解消できているということなのでしょう。迷惑をかけない範囲内であれば、他人から見てどう思われるかを気にするよりも、自分の中で解決できればいいのではないでしょうか。

 

育児や仕事に追われるママ達の対処方法、いかがでしたか? 日々、フル回転のママ達は、ストレス解消も短期集中で効率良くできることがポイントかもしれません。ストレス溜まっている方……ぜひ、参考にしてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。