子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

2022年はこの美容に力を入れたい!主婦たちが掲げる抱負とは

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

2022年を迎え、皆さんもいろいろな新年の抱負を心に決めたことと思います。すでに年が明けてから1カ月が経過しましたが、目標の達成状況はいかがでしょうか? 今回『kufura』では、20〜50代の既婚女性153人にアンケートを行い、「今年こそ絶対に叶えたいと思っている美容にまつわる抱負」を聞いてみました。今年中に特にどんなことを達成したいと考えているのか、皆さんの熱い思いをご紹介していきます。

「白髪ケア」で身だしなみを整える

「白髪が目立つようになってきたので、定期的に美容院に通ってヘアカラーをし、いつもきれいな髪でいることを心がけたいと思います」(38歳/その他)

「普段はヘアマニキュアで色をつけて、白髪を目立たないようにしていますが、今年こそは美容院に行ってきれいに染めたいと思っています」(38歳/コンピュータ関連技術職)

「白髪がすごく増えてきたので、いくつになっても美しさを忘れないように、今年はこまめに髪を染めるようにしたいです」(49歳/主婦)

「白髪染めをきちんとする。自宅で染めるとなかなかきれいに染まらないので、時間を作ってなるべく美容院に行くようにしたいです。ここ最近は、自治会の役員など近所の人との交流も多いので、身だしなみをきちんとしなくてはと思っています」(53歳/主婦)

ヘアケアの中でも特に多かったのが、白髪ケアに関すること。白髪は染めてもすぐに根元の白さが目立ってきてしまうので、とにかくこまめなケアが必要です。頻繁に美容室に行くのが面倒で、普段は白髪隠しなどを使ってごまかしている人も多いようですが、今年はきちんと美容室に行って、常にきれいな髪を保ちたいと考えている人が目立ちました。

その他のヘアケア&スタイルチェンジも!

「ヘアケアに力を入れて、年齢を感じさせないつやつやできれいな髪を保つようにしていきたいです」(51歳/主婦)

「家でこまめにヘアトリートメントをするなど、今年は髪のお手入れに力を入れて、つやのある美しい髪を目指したいと思います」(40歳/主婦)

「コロナが流行してから、ほとんど美容院に行っていないので、今年は美容院に行って髪を短く切ってイメチェンしたいです」(45歳/主婦)

「今年こそはロングヘアに挑戦して、ゆるゆるパーマもかけてみたいです」(55歳/主婦)

「まだ一度も髪を染めたことがないので、今年はヘアカラーに挑戦して自分のイメージをガラリと変えてみたいです」(34歳/主婦)

「家族に反対されても、今年は絶対に縮毛矯正をしようと思っています」(55歳/主婦)

美しい髪を保つためのヘアケアに力を入れたり、ヘアスタイルをチェンジして自分のイメージを変えてみたいと考えている人もけっこういました。つやのある健康的な髪の毛を目指して、とにかく頑張りたいと考えている人が多い様子。ヘアスタイルを変えるというのも、気分がガラリと変わって良さそうですね。

スキンケアや美容クリニックでシミのない美肌を目指す

「専用の化粧水を使って、シミが目立たないようにケアしていきたいと思います」(46歳/主婦)

「洗濯物を干すときや部屋の窓際でうっかり日焼けすることが多いので、シミを防止するためにも日焼け止めをこまめに使うなどして日焼けを防ぎたいです」(56歳/主婦)

「シートパックを毎週忘れずにやるなど、2022年は美肌作りに力を入れていきたいです」(52歳/主婦)

「今年こそは白ニキビをきちんと治したいです」(35歳/会社経営・役員)

「今よりも保湿効果の高いスキンケアアイテムを使うようにする。今は安い化粧品を使っていますが、もう少し高級なものを使って、スキンケアをしっかりやっていきたいです」(53歳/主婦)

「美容クリニックに行って、シミをレーザーですべて取り除きたいです」(43歳/主婦)

多くの女性が肌の悩みを抱えているようで、スキンケアについての抱負を心に決めた人もたくさんいました。その中でも特に、「今年こそシミをなんとかしたい!」と考えている人が目立ちましたが、専用の化粧品などを使って自分でケアする人もいれば、専門のクリニックに行ってシミ取りレーザーをやってみたいと思っている人もいるようです。

「フェイスケア」で頬のたるみを解消する

「顔のトレーニングをしてたるみを防ぎ、ハリのある肌にしていきたいです。ここ数年ずっと同じ誓いを立てていますが、どんどん老いが目立つ一方なので、今年は少しでも改善するよう頑張りたいです」(55歳/主婦)

「顔の運動やマッサージをして、頬のたるみなど老化を防ぎたいです」(59歳/主婦)

「顔のたるみケアなど、自宅で手軽にできるお手入れを毎日続けていきたいです」(52歳/主婦)

「美顔器を使って顔のたるみをなんとかしたいです。去年の夏から毎日美顔器を使用していますが、少しずつ効果が出てきたような気がするので、今年も引き続き使い続けて効果を確かめたいと思っています」(50歳/総務・人事・事務)

「欲しいなと思いつつ、つい後回しになってしまっていた美顔器。今年こそは絶対に買って、フェイスケアを頑張りたいです」(56歳/主婦)

マッサージなどのフェイスケアで、顔のたるみを改善したいと考えている人も多いようです。コロナ禍におけるマスク生活により、普段よりも顔の筋肉を使う機会が減ったため、筋肉が衰えて頬のたるみに悩まされている人も多いようなので、ぜひ今年こそはしっかりケアしていきたいですね。

「ダイエット」で美しくきれいに痩せる

「コロナの影響で10キロも太ってしまったので、今年は絶対にコロナ前の体重に戻そうと思っています」(49歳/総務・人事・事務)

「いちばんの目標はダイエット。年齢とともにスタイルが崩れてきてしまったので、ただ痩せるだけではなく、きれいに痩せたいと思っています」(44歳/主婦)

「45歳になり、ついに50代が目の前に近づいてきたので、今からダイエットを頑張って体をしっかり引き締めたいです」(45歳/主婦)

「どんな服でも着こなせるように、今年は必ずダイエットを成功させる」(54歳/主婦)

「あと3キロ痩せるだけで目標の美容体重になるので、今年は特にダイエットを頑張りたいです」(34歳/総務・人事・事務)

やはり、定番のダイエットを目標に掲げている人もかなりいました。特にコロナによるおうち時間の増加によって、ここ1〜2年で急激に太ってしまったという人も多い様子。最近は16時間断食ダイエットなど人気のダイエット方法がいろいろあるので、自分に合うやり方で健康的に体重を減らしていきたいですね。

歯のホワイトニングや脱毛…ほかにはこんな抱負も!

「歯のホワイトニング。今はとりあえず、効果があるといわれている歯磨き粉で実践中です」(35歳/企画・マーケティング)

「中途半端なまま何年も放置していた脱毛を再開し、つるつるのスベ肌を手に入れたいと思います」(39歳/主婦)

「コロナでマスク生活になってから化粧をしなくなりました。今年こそマスクが不要な世の中になって、毎日の化粧もきちんと再開したいと思っています」(57歳/主婦)

「子どもが生まれてからエステや整体などになかなか行けていないので、今年は時間を作って自分のメンテナンスもしっかりやっていきたいと思います」(32歳/その他)

「美容のために、今年はしっかりと睡眠を取りたいと思います」(40歳/主婦)

「体の中からきれいになること。少食かつ野菜メインの食生活を心がけ、添加物をできる限り避けるとともに、ストレスフリーの暮らしをして、体の内側から美を追及したいと思っています」(57歳/主婦)

皆さん、ほかにもいろいろな美容に関する目標を掲げているようです。「歯のホワイトニングをする」「脱毛をする」といった外からのアプローチのほか、「しっかり睡眠を取る」「健康的な食生活を心がける」など、体の内側からアプローチをするというのも、美容のためにはすごく良さそうですね。

いかがでしたか? ご紹介したとおり、「今年こそは!」と皆さんさまざまな美容に関する抱負を心に決めている様子。自分の理想とする美しさを手に入れるためにも、目標達成に向けて頑張っていきましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集