kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

生理後はダイエットのチャンス?医師が教える…その理由と運動・食事のポイント

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「生理後は痩せやすいから、ダイエットをするなら生理前より生理後に」なんていう話を聞いたことはありませんか? 果たしてそれは本当なのでしょうか? また、その理由はどうしてなのでしょうか。

そんな数々の疑問に、産婦人科医の髙橋怜奈がお答えします。

生理後のダイエットが効果的といわれている理由

排卵期を過ぎて生理が始まる前はプロゲステロンというホルモンの影響で体に水分をためこみやすく、むくみやすく、便秘にもなりやすいです。そのため体重が減りづらいのです。

ですが、生理が始まってからはプロゲステロンの影響を受けにくいため、むくみや便秘が解消されやすくなります。なので、生理後ではなく生理中から体重は減りやすい傾向にあります。

ただし、排卵期を過ぎて生理が始まる前のダイエットに意味がないわけではありません。ただ単に水分の影響で体重が減りにくいだけであって、きちんと食事管理や運動をしていれば、脂肪は減ります。

体重計の数字だけに一喜一憂するのではなく、ダイエットしたいならば生理前もきちんとした食生活を送るべきです。体重が減りづらいからといって、ダイエットを休んでもいい期間ではありませんよ。

生理後、いつからいつまでが痩せやすいの?

生理中から排卵期までが体重が落ちやすいです。排卵後、黄体期になるとプロゲステロンの影響で体重が落ちづらくなります。ただし、脂肪が減らないわけではありません。

生理後のダイエットを成功させる方法

(1)運動編

有酸素運動で脂肪燃焼をし、筋トレをして代謝アップを目指しましょう。

(2)食事編

生理が始まってから生理後排卵期までは、心はハッピーになり、体も軽くなりやすい傾向にあります。運動をたくさん取り入れて、高タンパク、低脂肪の食事を心がけましょう。

排卵後の生理前に食欲にまけてたくさん食べてしまった人は食事の見直しを。間食にはサツマイモ、ヨーグルト、ナッツ、プロテイン、あたたかい豆乳などを口にすると腹持ちがよくなります。

生理後のダイエットの注意点

たしかに生理後はむくみや便秘が解消されやすく、体重が落ちやすいのですが、ダイエットをしたいならば、生理とは関係なく、できればコンスタントに運動療法、食事療法を取り入れたほうが良いです。

生理前にダイエットを休んでしまうと生理後も気持ちのメリハリがつきづらくなってしまうため、生理後だからといって過激なダイエットをするのではなく、生理前も生理後もコンスタントに続けられる無理のないダイエットをすることが重要です。

 

いかがでしたか? 生理後だけ、がむしゃらにダイエットに励んでいたかた、これからは生理に関係なく、コンスタントにダイエットを続けていきましょう!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE