子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

迷ったら外に出る!靴好き・旅好きディレクター。毎朝のラジオで「ちょっとした発見」を届けたい【KURASEEDSをつくる人たち#2】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

リモート生活の中、ラジオを始めとする音声メディアを活用する人がグッと増えている最近。朝型のママも多いkufura(クフラ)読者の中には、ラジオを聴きながら朝の家事をこなしているという人、実はかなり多いんです!
……ということで、この4月より、kufuraとJ-WAVE(81.3FM)がタッグを組んで、ラジオプログラム『KURASEEDS(クラシーズ)』をスタートしています。

原稿書きや取材まで!番組のすべてはディレクターしだい

毎週月〜木曜日、朝5時から1時間の生放送『KURASEEDS』。毎日出演しているkufura編集長・サトウのまわりには、番組を支えてくれる、たくさんのスタッフがいます。

このシリーズでは、普段あまり接することのない「ラジオで働く人たち」の素顔に迫りつつ、番組のテーマに沿って、それぞれが「暮らしの中で大切にしてること”暮らしの種”」を聞いていきます!今回は、木曜日担当のディレクター、鎌田さんにご登場いただきました。

「KURASEEDSで木曜日のディレクターをしています。鎌田有梨果(かまたゆりか)です。撮影もインタビューも慣れていないので、緊張しますね」

__さっそくですが、ラジオ番組のディレクターというのは、どんなお仕事なのですか

「どこまでがディレクターの仕事になるかは、番組によっても変わるんですけど、この番組では、放送のための原稿を書いて、必要があったら取材もしますし、番組でかける音楽の選曲もしています。そして生放送中は番組の進行管理と、どんな流れにしたいかの演出というのも、ディレクターの仕事です。

とはいえ、ディレクターになって1年ちょっとなので、まだまだ新米です。この番組でも、毎回反省ばかりですし、自分に足りないところも多くて。でも、プロフェッショナルとしてお仕事をいただいている以上、甘えてばかりもいられないので、そこは努力で埋めていくしかないのかなって……」

__どうしてラジオディレクターという仕事を選ばれたんですか

「子どものころ、週末になると家でラジオがかかっていたっていう原体験はあるんですけど、大きかったのは中学生のときの職業体験ですね。どうしてもラジオ局に行ってみたくて、志望書を思いっきり書き込んで……。そのときの記憶があったのと、元々、みんなで力を合わせて何かをつくる、という裏方の現場っぽい仕事がやりたいっていう意志があったので、ラジオの仕事を選びました」

子どもの頃から「靴」好き。旅行先で手に入れたり、手作りに挑戦したことも!

__暮らしの中の「小さな種」を見つけるという、KURASEEDSの番組テーマにちなんで、ご自身にとっての暮らしの種……自分の生活に欠かせないモノを見せていただきます。鎌田さんにとって、それはどんなものですか。

靴ですね。コレクションというほどではないけど、けっこうたくさん持っています。特に、ドクターマーチンとかパラブーツとか、堅牢な革靴が好き。今日持ってきたお気に入りのドクターマーチンの『ジョーイ』は、イギリスのヨークに留学したときに買ったものです」

鎌田さんの靴コレクションの一部。「長く履けること」をいちばんに考えて集めているそう。

__革靴だけでなく、スニーカーなど、コレクションの幅が広いですね!海外で出会った靴も多いんですか。

「この写真に写っている茶色のニューバランス420は、カナダに行ったときに出会ったもの。でもそのときは、いいなとは思ったけど、買わなかったんです。でもあとからすごく欲しくなって探したんですが、日本では売っていなくて。それで、海外のバイヤーさんを通して、頑張って手に入れました。

あと、自分でつくった靴もあるんです。靴作りのワークショップに参加したんですけど、自分で革を選んで、それを手縫いして……。靴って、強い接着剤が使われるので、作っている人の労働環境があまりよくないなど、社会的・環境的に改善しなければいけない部分も多いんです。

自分で靴作りを体験することで、そういうことの学びにもつながりました」

__そんな「靴好き」は、いまのお仕事にも影響を与えているんでしょうか。

「直接的ではないですけど……でも靴って、自分を外に連れ出してくれるもの。自分の興味を広げるためには、やっぱり外に出て、現場を体験しないといけないって考えていて。

今はスマホでなんでも調べられるけれど、深堀りしたい!と思うほど、興味がもてるものって、なかなか見つからない。だから、ラジオで取り上げるトピック選びや選曲に迷ったときは、意識して外に出かけます。

聴いたことのない音楽に出会うためにレコード屋さんに行ったり、さっきの靴作りみたいなワークショップやイベントに参加してみたり……」

__なるほど。お気に入りの靴を履いて、鎌田さんが体験したことが、KURASEEDSに反映されているんですね。

「社会人になったころ、今の会社の社長に“自分の中に文化をつくれ”って言われたんですよ。演劇だったり、ライブだったり、遊びに行くことでもいいんですけど、ちゃんと現場にいったほうがいいって。

それが今、ディレクターを任せてもらえるようになって、すごく大事なことだなって感じています」

今だからこそ届けたいことがある…それを伝えられるのがラジオの魅力

__そうやって鎌田さんが選んだ音楽も、とっても評判がいいです。意外性のある音楽もよくかかりますよね。

「朝5時台って、まだ活動的になる前の、パーソナルな時間だと思うんです。だから、スッと耳に馴染む音楽がいいですよね。その中でも、ちょっとした発見があるように、ひとつのテーストに偏らせず、クラシックやジャズ、それに民族音楽まで、いろいろな音楽を届けるようにしています

__「ちょっとした発見」というのが、鎌田さんの番組のキーワードですね。

「毎回の放送に、新しい発見がひとつでもあればいいなって。今だからこそ届けたい情報……それは季節かもしれないし、このコロナ禍だからかもしれないし。でも“今伝えている意味がある”っていうのが、ラジオのいちばんいいところだと思っています

 

今回登場してくれた鎌田さんが、木曜日の選曲や構成を担当しているラジオ番組、J-WAVE『KURASEEDS』。朝5時からの生放送はもちろん、音声配信サービス「radiko」を使ってパソコンやスマホから、24時間視聴可能です。ぜひ一度、お試しください!

撮影/小林美菜子


 

【 ラジオ番組 『KURASEEDS』(クラシーズ)

放送局:J-WAVE(81.3FM)

放送日時:月~木曜日  AM5:00~6:00 

「暮らしに役立つ」情報を中心に、一日のスタートをすこやかに、穏やかにリフトアップする番組です。ナビゲーターは、山中タイキさんと『kufura』編集長の佐藤明美。ラジオの生放送の様子は、kufuraのインスタライブで毎日生配信しています。

radikoでは番組終了後から1週間、24時間いつでも無料でお楽しみいただけます!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集