子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「マツコの知らない世界」に登場したオロシニスト飯田が「究極のおろし金」を発売!生姜もふわふわにおろせる

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

東京、浅草かっぱ橋にある料理道具専門店「飯田屋」6代目であり、TBS系番組「マツコの知らない世界」にオロシニストとして出演した飯田結太が、世界中のおろし金を300種類以上使い比べてたどり着いた究極のおろし金「エバーおろし」を作りました。「飯田屋」などで、11月19日(いい道具の日)に発売です。

「なでるだけ」で力いらず!長く切れ味が続くのもいい

今回発売の「エバーおろし」は、飯田屋オリジナル料理道具シリーズ「エバー」シリーズの第3弾となり、おろし金の刃の限界に挑戦した商品だそうです。

良いおろし金の条件は、食材の細胞を潰さず、繊維だけを断ち切れる鋭い刃があることとされています。今回そんな「最強の刃」を作るにあたってのこだわりはこんなところに。

おろし金の刃の立ち上がりが微妙に異なるだけで、おろす食材の細かさが変わります。細かく、ふわふわになればなるほど、食材は空気と触れやすくなるため風味も増していきます。
刃の立ち上がりがフラットに近づくほど、細かく、ふわふわになるのですが、近付きすぎると食材が引っかからなくなり、滑ってまったくおろすことができなくなります。

納得のいくものになるまで、作り続けた試作品は20以上にも及んだそうです。

その結果、究極の”ふわふわ”食感と使い勝手、長く切れ味が続く、この3つの条件が全て備わった究極のおろし金が完成したのです。

おすすめの食材は、生姜、ニンニク、チーズ、大根などなど

「エバーおろし」は、食材を“なでるだけ”で力いらずにおろすことができて、かつおろした食材は、今まで味わったことがないほど究極に“ふわふわ”な食感が味わえるそうです。

また、繊維が強く、どうしても繊維が残ってしまう生姜や、他にもニンニクやチーズ、チョコレート、山芋、レモンもふわふわにおろすことができます。

サイズはスマートフォンサイズで手になじみやすく、金型から最後の仕上げまですべての作業が日本製です。

おすすめ食材は、生姜、ニンニク、チーズ、大根、チョコレート、レモン・柚子等の柑橘系の皮、アーモンド、ワサビなどなど。一つもっていれば料理の腕前がグッとあがること間違いなしです!

【商品詳細】

商品名:エバーおろし

価格:3,300円(税込)

サイズ:13.5×6.5×2.5cm

重さ:96.2g

原産国:日本製

付属品:受け皿 ※ 替え刃式(別売3,080円・税込)

飯田屋、飯田屋オンラインストア、全国量販店で販売

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事