kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

スプーン1本で3種のデコレーション!生クリームアレンジ「スプーン編」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今回は、どこの家庭にもある“スプーン”を使った生クリームの塗り方を、お菓子・料理研究家の森崎繭香さんが教えてくれました。スプーン1本でできるからとっても簡単! ケーキだけじゃなく、ゼリーやムースにも応用できます。

すくって素敵なアクセントに

用意するもの

・スプーン

・生クリーム

※生クリームは市販の食用色素などで色をつけても可愛いですよ。今回は撮影用にバタークリームを使用しています。

塗り方のポイント

生クリームが柔らかすぎると、スプーンですくって落とす時にキレイに落ちないので、適度な硬さに調節しておきましょう。

うずまきを描く

スプーンの背で優しく円を描くイメージで、生クリームにうずまきを描きます。中心から外側に向かって、ゆっくりスプーンを動かします。

丸いホールケーキの上面に大きなうずまきを描くと優雅な雰囲気に仕上がります。

交互に塗る

生クリームをスプーンですくって落とし、スプーンの背で生クリームを押して手前に引きます。Yの字を描くようなイメージで、交互に生クリームを塗っていきます。

パウンドケーキやロールケーキの上に塗ると、動きが出ておしゃれなアクセントに。

すくって落とす

生クリームをスプーンですくって、ラフに落とすだけなので簡単です。落ちにくい場合は、スプーンを軽く振って生クリームをそっと落としてください。

ケーキの上はもちろん、コーヒーゼリーやムースの上に落とすのもおすすめ。生クリームを落とした上にフルーツを飾っても可愛いですよ。生クリームではなく、アイスクリームを使ってもOKです。アイスクリームの場合は、スプーンを2本使って形を整えながら落とすとキレイに成形できますよ。

スプーンでできるのでとっても簡単! ラフな雰囲気で、一気にこなれた印象のデコレーションに仕上がります。飾り付けのアクセントに、ぜひ使ってみてくださいね。

【取材協力】

森崎繭香・・・お菓子・料理研究家。フードコーディネーター。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み独立。書籍、雑誌、Webへのレシピ提案、テレビやラジオ出演など、幅広く活動中。身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピが好評。『型がなくても作れるデコレーションケーキ』(グラフィック社)など著書多数。http://mayucafe.com

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載
人気の記事