kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

丸型の口金で…シンプル&おしゃれデコ! 生クリームアレンジ 「丸型編」

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お菓子・料理研究家の森崎繭香さんに、丸型の口金を使った生クリームの絞り方のコツを聞きました。丸型の口金はシンプルだからこそ、実はいろいろアレンジできるんです!

4種類の絞り方にチャレンジ!

用意するもの

・丸型の口金

・絞り袋

・生クリーム

※生クリームは市販の食用色素などで色をつけても可愛いですよ。今回は撮影用にバタークリームを使用しています。

絞り方のポイント

基本の絞り方は、絞り袋の上部ギリギリをねじって右手でしっかり持ち、左手は下部に軽く添えるだけ。生クリームを右手で押し出すようにして絞ります。左手もしっかり握ってしまうと生クリームが溶けやすくなるので注意しましょう。(左利きの人は逆の手で行います)

シンプルな線にする

一見簡単に見えますが、同じ強さ、同じスピードで絞らないと、太くなったり、細くなったりしてしまいます。均等な強さとスピードを心がけましょう。

ケーキやマフィンの縁取りに使うと、シンプルで大人っぽいデコレーションに。

大きな丸に絞る

真上にスッと力を抜きながら絞ると、角がキレイに立ちます。ギュッと多めに絞るほど大きな丸になるので、好みの大きさに調節してみて。

丸く絞った上にフルーツを飾ると、丸い台座の上にちょこんとのっているように見えておしゃれ!

小さな丸に絞る

大きな丸と同じ要領で、垂直に絞るのがポイント。小さな丸が繋がるように、リズミカルに少量ずつ絞っていきます。

丸いショートケーキやカップケーキを、縁取りするようにぐるっと2重に囲んでも。生クリームの色を変えると、ラブリーな雰囲気に仕上がります。

スプーンで引く

丸く絞った後、先端の突起を上からつぶすようにスプーンで押さえて、そのまま斜め下に優しく引き抜きます。

スプーンを引き抜く方向を変えると、動きが出て楽しいアクセントに。ラズベリーなど小さな果実を飾っても可愛いですよ。

丸型の口金を使うと、シンプルで大人っぽいデコレーションを楽しめます。4種類の絞り方を使って、いろいろアレンジしてみてくださいね。


【取材協力】

森崎繭香・・・お菓子・料理研究家。フードコーディネーター。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み独立。書籍、雑誌、Webへのレシピ提案、テレビやラジオ出演など、幅広く活動中。身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピが好評。『型がなくても作れるデコレーションケーキ』(グラフィック社)など著書多数。http://mayucafe.com

 

取材・文/岸綾香

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載
人気の記事