kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

簡単なのに一気にプロ風!生クリームでデコレーション 「パレットナイフ編」

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今回は“パレットナイフ”を使った生クリームの塗り方にチャレンジ。お菓子・料理研究家の森崎繭香さんに、塗り方のポイントを教えてもらいました。きっちり塗るよりも簡単なうえ、プロっぽく仕上がるんです!

ラフに塗るだけで…プロ風デコレーション

用意するもの

・パレットナイフ

・生クリーム

※生クリームは市販の食用色素などで色をつけても可愛いですよ。今回は撮影用にバタークリームを使用しています。

塗り方のポイント

デコレーションしたいものに、まず生クリームを厚めに塗り、パレットナイフで模様をつけていきます。

力を入れすぎると生クリームを削ぎ取ってしまうので、表面を優しくなでるようなイメージで模様を描きます。塗ってある生クリームが薄いと削げやすいので、たっぷり塗ってくださいね。

下から上に大きく動かすテクニック

パレットナイフを生クリームから離す時に、自然と力を抜くと角がキレイに立ちます。「スッ、スッ、スッ」と、リズムよく動かしながら塗るのがポイントです。

ケーキの上面はもちろん、側面に塗ってもおしゃれでかっこいい!

左から右に細かく塗るテクニック

クリームの流れが均一になるように細かく動かしながら塗ります。下から上の時と同様に、力を抜いてキレイな角を立てましょう。

ケーキに細かい模様をつけたい時におすすめの塗り方です。ラフな角でプロっぽい仕上がりに。

斜めに動かすテクニック

斜めに動かすとよりラフな仕上がりになります。パレットナイフを大きく動かしますが、生クリームの筋の太さが均一に揃っていなくても、こなれた雰囲気になるので大丈夫!

ドーム型のケーキや、四角いケーキの側面を斜めにざっくり塗ると素敵です。

細く筋をつけるテクニック

パレットナイフの先端を使って、細い筋を描きます。細い筋をたくさんつけると繊細でかわいい雰囲気に。

森崎さんは、丸いショートケーキの側面に塗ることがいちばん多いそう。とってもキュートに仕上がります。

パレットナイフを使えば、キレイに塗るより簡単! さらにプロ風の仕上がりに。ぜひ、試してみてくださいね。


【取材協力】

森崎繭香・・・お菓子・料理研究家。フードコーディネーター。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み独立。書籍、雑誌、Webへのレシピ提案、テレビやラジオ出演など、幅広く活動中。身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピが好評。『型がなくても作れるデコレーションケーキ』(グラフィック社)など著書多数。http://mayucafe.com

取材・文/岸綾香

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事