子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

今どきの「来客用布団」事情…1組も家にない人が47%!レンタル布団の活用など工夫は様々

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コロナ禍の昨今はなかなか難しいものの、通常であれば夏休みや冬休み、ゴールデンウイークなどに、両親や義両親、親戚や友人などが家に泊まりに来ることもありますよね。その際は来客用布団が必要になりますが、来客用布団は使用頻度が少なくても捨てられないし、収納スペースもけっこう取るので、邪魔で困ると感じている人も多いのではないでしょうか? 

そこで『kufura』では、20~50代の既婚女性347人にアンケートを行い、「自宅にある来客用布団の数とその数を用意している理由」を聞いてみました。皆さんが家に来客用布団を何組くらい用意しているのか、まずはランキングで見てみることにしましょう。

今どきは来客用布団を家に用意しないのが主流!?

「自宅に来客用の布団セットは何組ありますか?」と聞いたところ、以下のような結果となりました。

「1組もない」・・・163人(47%)

「1組」・・・82人(23.6%)

「2組」・・・62人(17.9%)

「3組」・・・16人(4.6%)

「4組」・・・9人(2.6%)

「5組」・・・8人(2.3%)

「6組」・・・4人(1.2%)

「7組」・・・2人(0.6%)

「8組」・・・1人(0.3%)

意外にも、いちばん多かったのは「1組もない」という回答で、半数の人が家に来客用布団をまったく用意していないことがわかりました。来客用布団を用意している場合でも、ほとんどが1~2組で、今どきは来客用布団をあまり用意しないのが主流のようです。では、なぜ来客用布団を1組も用意していないのか、その理由も聞いてみることにしましょう。

来客用布団をまったく用意していない理由は?

「収納場所がないので来客用布団は1組も持っていません」(35歳/主婦)

「以前は2組ほど用意していましたが、30年間で使用したのは2~3回。場所を取るだけで邪魔だし、今はレンタル布団もあるので、思い切って処分しました」(55歳/主婦)

「収納場所がないので用意していませんが、必要なときは近くにある実家から借りるようにしています」(48歳/その他)

「そもそも部屋が狭くて人が泊まれるスペースがないので、来客の場合は近くのホテルに泊まってもらうようにしています」(58歳/主婦)

「泊まりに来る人がいないので、特に用意する必要がありません」(43歳/主婦)

「マンション内に宿泊施設があるので、来客用布団は不要です」(40歳/主婦)

来客用布団を1組も用意していない主な理由は、収納する場所がない、人が泊まれるスペースがない、だれも泊まりに来ないの3つ。たしかに、マンションやアパートなどに住んでいる場合は、一戸建てと違って余分なスペースがないため、来客用布団を収納するのも、家に人を泊めるのもなかなか難しいですよね。

ただ、今は安く泊まれるビジネスホテルが多いし、手軽に布団をレンタルすることもできるので、わざわざ家に来客用布団を用意しておかなくても困ることはないようです。

来客用布団をその数だけ用意している理由は?

では、家に来客用布団があるという人たちは、なぜその数の布団を用意しているのでしょうか? その理由についてそれぞれ教えてもらいました。

<1組>

「収納スペースがないので、来客用布団は1組が限界。それに、家に泊まりに来るのは基本的に私の母だけなので、今のところこれで間に合っています」(39歳/主婦)

「人が泊まりに来ることはめったにありませんが、一応親戚や友だちが泊まりに来たときのことを考えて、念のため1組だけ用意してあります」(57歳/主婦)

「念のために1組だけ用意していますが、今まで一度も使ったことがありません」(51歳/総務・人事・事務)

「家のスペース的に1人くらいしか泊められないので、来客用布団も1組しか用意していません」(55歳/その他)

「両親が泊まりに来たとき用に2組用意していましたが、結局一度も泊まりに来ていないので、1組はすでに家族用におろして来客用布団は1組だけになりました」(52歳/主婦)

来客用布団を1組だけ用意している人については、収納場所や宿泊するスペースに限りがあるし、とりあえず1組あれば対応できるかなということで、念のため用意しているという意見が目立ちました。たしかに1組だけならそれほど場所を取らないし、イザというときにも慌てることなく対応することができそうですね。

<2組>

「泊まりに来るのは両親もしくは義両親だけで、大体一度に2人なので、それに合わせて来客用布団も2組だけ用意しています」(38歳/主婦)

「両親や弟たち、友だちなど、一度に泊まる人数は多くてもいつも2人までなので、来客用布団も2組あれば問題ありません」(41歳/主婦)

「スペース的にうちに泊まれる最大人数が2名なので、来客用布団も2組だけです」(48歳/その他)

「2組以上は布団を収納するスペースがないので、2組しか用意していません」(46歳/公務員)

「すでに独立した子どもが泊まりに来たとき用に、2組だけ用意してあります」(57歳/その他)

両親や義両親、友だち夫婦など、泊まりに来るお客さんは大体2人セットの場合が多いため、来客用布団も2組用意しているという人が多い様子。また、スペース的に2組以上は無理という人や、独立した子どもが泊まるとき用に2組用意しているという人もいました。

<3~5組>

「親戚が子連れで泊まりに来ることがあるので、必要最低限の枚数が3組になります」(40歳/主婦)

「義理の母と私の両親用に来客用布団は3組用意してあります」(48歳/主婦)

「子どもの友だちがよく泊まりに来るので、来客用布団は4組用意してあります」(47歳/営業・販売)

「弟が家族みんなで泊まりに来るので、来客用布団も人数分の4組必要です」(40歳/主婦)

「昔はお盆や正月になると兄弟が子連れで帰省していたので、もともと来客用布団がたくさんありましたが、最近は泊まりに来る人も減ったので、5組だけ残してあとは処分しました」(55歳/主婦)

「以前から3組くらい常備していましたが、葬式や法事などで親族が泊まった際に足りなくて買い足したため、今は来客用布団が5組あります」(54歳/主婦)

人がよく泊まりに来るというお宅では、そのお客さんの数に合わせて3~5組程度の来客用布団を用意しているケースが多いようです。お客さんが家族連れの場合は、夫婦と子ども合わせて最低でも3~4組は必要になりますが、頻繁に使う機会があって収納スペースが確保できるのであれば、それほど邪魔に感じることもないのかもしれません。

<6~8組>

「親戚の一家全員が泊まりに来てもいいように、人数分の6組の来客用布団を用意してあります」(49歳/主婦)

「お客様用に一応、7組の来客用布団を用意してあります」(52歳/主婦)

「以前に、妹家族が全員で泊まりに来たことがあったので、来客用布団はそのときの人数に合わせて8組用意してあります」(44歳/主婦)

都心と違い地方では、盆暮れに親戚が本家に集まるという風習があったりするため、全員が泊まれるように6~8組もの来客用布団を用意しているというお宅もある様子。ただ、アンケート結果を見ると、どんなに多くても来客用布団は8組あれば十分なようです。

いかがでしたか? 収納スペースがある、お客さんがよく泊まりに来るという場合は、必要最低限もしくはお客さんの数に合わせて来客用布団を用意しておくのがおすすめですが、そうでない場合は来客用布団は用意せず、必要なときだけレンタルなどを活用するというのが賢い方法かもしれませんね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集