子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

忙しいママの救世主!「レトルトカレー」みんなのアレンジバリエがすごい!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもが夏休みに突入し、お母さんたちは「お昼何にしよう?」と頭を悩ませる日も多いのでは? そんなときに活用したいのがレトルトカレー。『kufura』では、高校生以下の子どもをもつ女性112人に「レトルトカレーを使ったアレンジレシピ」のアンケート調査を実施しました。簡単にできて、子どもが喜ぶメニューが満載です。早速みてみましょう。

チーズをたっぷりのせて、ドリアや焼きカレーに

「ご飯の上にレトルトカレー、チーズ、生卵をのせてオーブントースターで焼く」(44歳/主婦)

「バターライスを炊いて、その上にレトルトカレーをかけてカレードリアにする」(54歳/その他)

「冷やご飯と炒めてドライカレーにする」(52歳/主婦)

「細かく切ったウインナーや野菜と一緒にご飯を炒めて、カレーで味付けしたカレーチャーハン」(34歳/主婦)

「ご飯、レトルトカレー、粉チーズでカレーリゾットに」(46歳/主婦)

「ご飯にチーズと納豆をのせてからカレーをかける」(37歳/主婦)

「レトルトカレーをご飯に混ぜて、フライパンで炒めて食べる」(43歳/主婦)

レンジやオーブンを駆使すれば、レトルトカレーがあっという間にドリアや焼きカレーに変身! カレーとチーズは相性抜群とあって、とろけるチーズをたっぷりのせたアレンジはダントツの人気でした。

「チーズをかけて焼くとなんでも喜ぶ」(45歳/主婦)なんて声もありましたが、チーズが大好きという子どもは多いですよね。ドライカレーやチャーハンにすれば、冷凍ご飯や残り物の野菜などが使えて効率的。美味しくて冷蔵庫の整理もできる、一石二鳥のお役立ちメニューです。

うどんやパスタなど、麺類にもレトルトカレーが大活躍!

「茹でたうどんにあったかいつゆを少し入れて、レトルトカレーをかける。簡単カレーうどん」(48歳/主婦)

「めんつゆで伸ばしてカレーうどんにする」(41歳/その他)

「スパゲッティーを茹でて、レトルトカレーをかけ、粉チーズをかける。ランチの定番」(54歳/主婦)

「パスタソースの代わりに、レトルトカレーを使う」(35歳/主婦)

「素麺にレトルトカレーをかけます」(44歳/主婦)

お昼の定番・麺類にも、レトルトカレーが大活躍! めんつゆを加えるだけで簡単にカレーうどんが完成し、パスタソースとして代用すればカレーパスタに。素麺にかけるのも、暑い日にぴったりですね。食欲がないときでも、するすると食べられそうです。

組み合わせは無限!? 好きな素材をトッピング

「レトルトカレーにチーズや野菜、ウインナー、カツなど色んな具材をのせて、喜んでもらっています」(38歳/主婦)

「アスパラガスをのせる」(52歳/その他)

「ウインナーをのせる」(30歳/主婦)

「レトルトカレーと一緒にハンバーグをのせたり、目玉焼きをのせたりする」(42歳/主婦)

「オムレツをのせてオムカレーを作る」(41歳/主婦)

「チーズと卵をのせて食べる」(46歳/主婦)

「チーズハンバーグをのせる」(49歳/主婦)

「レトルトカレーにチーズと納豆をのせて食べる」(29歳/主婦)

「ゆでた枝豆をたくさん入れた枝豆カレー」(58歳/主婦)

「レトルトカレーにマンゴーをトッピング」(30歳/その他)

「焼きナスをのせる」(34歳/総務・人事・事務)

「レトルトカレーにチョコを混ぜて温める」(28歳/主婦)

「コロッケを追加する」(63歳/その他)

「生卵をかける」(42歳/主婦)

ウインナーやハンバーグ、目玉焼きなど、子どもの好物をトッピングすれば、喜ばれること請け合い。栄養を考えて、野菜も多めに入れてあげたいですね。野菜が嫌いな子どもでも、カレーと一緒ならもりもり食べてくれそうです。

そして、近年人気上昇中の「マンゴーカレー」にも注目。マンゴー×カレーの組み合わせは意外な気もしますが、果物の老舗・千疋屋のレストランなどでも提供され、その美味しさには定評があります。レトルトカレーにマンゴーをトッピングすれば、家でも手軽にトロピカルテイストのカレーが堪能できますね。フルーティーな味わいなので、子どもにもおすすめです。

ディップソース感覚でパンにつけても楽しめる

「食パンにレトルトカレーとチーズをのせて、チーズカレートーストに。焼きサンドにしても美味しい」(42歳/主婦)

「焼いたパンにレトルトカレーをつけて食べる」(33歳/学生・フリーター)

「カレーパン。8枚切りの食パンの耳を切り落として、温めていないレトルトカレーを真ん中にのせて三角に折る。端をフォークで押さえてとめる。パン粉をつけて揚げる。ヘルシーに食べたい時はオーブントースターで両面焼くだけでもいい」(48歳/主婦)

「とろみを調節して、パン生地に包んでカレーパンにする」(46歳/主婦)

カレーパンも、レトルトカレーを使えば簡単! 揚げずにオーブントースターで焼けば、手軽なうえカロリーも抑えられるのでうれしいですね。ディップソース感覚で、焼いたパンにつけて食べるというアイディアも、ホームパーティーなどにうってつけ。甘口、辛口、いろんな味の食べ比べができて、大人も子どもも楽しめそうです。

ジャガイモとも相性抜群!カレー風味のアイディア料理

「炒めたジャガイモの上にカレーとチーズをのせて、オーブンで焼く」(38歳/主婦)

「茹でたジャガイモにカレーとチーズをかけてトースターで焼く」(56歳/主婦)

「レンチンしたジャガイモに混ぜてカレーコロッケに」(45歳/営業・販売)

「レトルトカレーを牛乳で割ってスープに」(36歳/主婦)

「鍋料理に加える」(32歳/その他)

「ハンバーグに目玉焼きと一緒にカレーもかけると美味しい」(44歳/主婦)

「オムライスのケチャップ代わりにレトルトカレー」(48歳/その他)

「納豆ご飯にかけて食べる」(57歳/主婦)

ジャガイモを使ったアレンジも、多くの人がおすすめしてくれました。ポテトグラタンに仕立てれば、ボリューム満点で食べ応えがありますね。牛乳で割ったスープは、クリーミーで優しい味わいなので、子どもウケが良さそう。オムライスやハンバーグのソースとして“ちょいがけ”すれば、味のアクセントにもなりますね。

 

レトルトカレーを使ったレシピ、いかがでしたか? ひと手間加えるだけで、子どもが喜んでくれるアイディアが盛りだくさんでしたね。忙しいお母さんの心強い味方です。夏休みの献立に、ぜひ採り入れてみては?

 

文/杉森美絵

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。