kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

ヤバッ…賞味期限が切れそう!そんな時に役立つ「豆腐の使い切りレシピ」

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

高タンパク&低カロリー、しかも1年を通して値段も安定していて、カラダにも家計にも優しい「豆腐」。一丁すぐに使い切ることもあれば、賞味期限ギリギリで慌てて使うなんてことも。『kufura』では500人の女性を対象に、豆腐の賞味期限が切れそうなときに役立つ「豆腐の使い切りレシピ」を調査しました。その中から、冷奴や味噌汁以外で、みんながどのように豆腐を使い切っているのか紹介します!

「豆腐ハンバーグ」「肉豆腐」などメインのおかずになる肉料理に!

「豆腐ハンバーグ。ひき肉を少なくすると豆腐の風味が増して更に美味しい」(31歳/総務・人事)

「肉の代わりに豆腐を入れるピーマンの豆腐詰め」(34歳/総務・人事)

「豆腐の肉巻き。余裕で一丁使い切れる」(23歳/主婦)

「豆腐入りナゲット」(48歳/主婦)

「肉豆腐」(33歳/その他)

特に人気は「豆腐ハンバーグ」。「お弁当用に小さめサイズも作っておく」(32歳/女性)という方もいました。豆腐オンリーだと淡泊で育ち盛りの子どもにとってはちょっと物足りないかもしれませんが、肉と組み合わせることで食べ応えもアップ! 豆腐をかさ増し食材として利用すれば、食費の節約&カロリーカットにもなり一石二鳥ですね。

「揚げ出し豆腐」などシンプルだけど美味しい豆腐が主役のメニューに!

「揚げ出し豆腐。簡単でおいしいです!」(31歳/主婦)

「豆腐ステーキ」(38歳/その他)

「豆腐サラダ」(49歳/主婦)

「豆腐グラタン」(37歳/その他)

賞味期限間際ということで“念のため火を通したい”という意見もあり、揚げ出し豆腐や豆腐ステーキが挙がっていました。また「豆腐グラタン」のアレンジとして「並べた豆腐の上に、たらことマヨネーズを和えた物をかけて、オーブンで焼く」(42歳/主婦)という声も! おいしそうですね!

肌寒い日は…「湯豆腐」&「お鍋」で一気に消費

「湯豆腐」(38歳/その他)

「豆腐たっぷりのお鍋」(35歳/主婦)

「スンドゥブ」(43歳/コンピュータ関連以外の技術職)

一気に使い切るには、「湯豆腐」や「お鍋」がおすすめ! これから気温が下がってくると、温かいメニューの出番も多くなりそうです。

野菜と一緒に炒めるだけ!「煎り豆腐」&「チャンプルー」

「煎り豆腐」(60歳/主婦)

「野菜炒めにお豆腐を入れてチャンプルーにする」(33歳/その他)

余った野菜と一緒に炒めるだけで一品完成です! 冷蔵庫も一掃できるのでいいですね。「定番の醤油味だけでなく、カレー粉で味付けしても美味しい」(23歳/女性)との意見もありました。

無理して使わず「冷凍する」派も!

「凍らせて解凍してお肉代わりにして使う」(48歳/主婦)

「解凍したものは唐揚げにすれば美味しい」(32歳/主婦)

「冷凍して高野豆腐にする」(43歳/総務・人事)

豆腐は冷凍することも可能です。冷凍すると、水分が抜けてスポンジのような食感になり、お肉っぽくなるようです。そして調理する際、煮汁を吸い込みやすくなるので、味がよく染みるんだとか。ぜひ試してみたいですね。

ホットケーキ×豆腐で生地がモッチモチに!

おかず系のレシピが多い中、複数の方が「ホットケーキミックスに入れる」を挙げていました。

潰した豆腐をホットケーキミックスに入れて焼くだけで、カフェのような見た目ふっくら&もちもち食感のホットケーキが焼けるとのこと。ほんのり豆腐の風味がする優しい味だそうです。

この他、豆腐を使ったスイーツとして、

「豆腐ドーナツ」(16歳/学生・フリーター)

「チーズケーキ」(42歳/主婦)

「豆腐をつぶしてクッキーを作る」(36歳/総務・人事)

「豆腐とホットケーキミックスを使ってふわふわな蒸しパンをつくる」(23歳/主婦)

が挙がっていました。

そして1番人気は…中華の定番「麻婆豆腐」

今回の調査で最も多くの声を集めたのは「麻婆豆腐」でした、辛旨で後引くおいしさはご飯も進みます! おかずとしてはもちろん、ご飯にのっけて「麻婆豆腐丼」としている方も多いようです。

他にも、「豆腐コロッケ」「ホワイトソース」などアイディア多数!

「豆腐をフードプロセッサーで潰して豆腐ホワイトソースにする」(29歳/学生・フリーター)

「にんにくとベーコンと一緒にオリーブオイルで炒め、イタリアン風に」(44歳/主婦)

「豆腐コロッケ」(71歳/主婦)

「お好み焼きに入れる」(19歳/学生・フリーター)

「オクラとメカブを入れてねばねば丼を作る」(44歳/その他)

「鶏ひき肉に豆腐、玉ねぎのみじん切り、刻んだ大葉を入れ、鶏ガラスープの素で味付けをしたつくね」(28歳/主婦)

豆腐というと和のイメージが強いですが、洋風やイタリアンなど、アレンジの幅が広いのがわかりました。さらに、

「豆腐をご飯代わりに! カレー、貝のしぐれ煮、漬物など何でも合う」(31歳/主婦)

という方も!

 

安い!と思って買っても、使い切れなくて処分はもったいない。豆腐の上手な保存方法は過去記事「知ればもっと便利!豆腐の長持ち保存方法…選び方のコツから冷凍保存の仕方まで」でも紹介しています。正しい保存方法、そして今回の使い切りレシピを参考に、栄養価たっぷりで優秀な豆腐を無駄なく食べてくださいね!

 

文/鳥居優美

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載