子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

みんながハマった「かき氷にかけると美味しいもの」。シロップに飽きたら試してみたい!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

まだ暑い日々が続きますね。暑気払いで「かき氷」を食す方も多いと思いますが、そろそろ定番のシロップに飽きてはいませんか? そこで今回『kufura』では女性411人に、シロップの代用品になる「かき氷にかけると美味しいもの&おすすめのトッピング」を伺いました。暑さも吹き飛ばすクールで美味しいかき氷を紹介します!

ほろ苦い「コーヒー」×甘い「練乳」

「濃い目のコーヒーと練乳をかけます」(50歳/総務・人事)

「コーヒーをかけるとアフォガートみたいな感じになって美味しい。苦味が気になるなら練乳で甘くしてもいい」(17歳/学生・フリーター)

「ポーションタイプのコーヒー。キンキンに冷えたアイスコーヒーになり美味しいです」(35歳/主婦)

「スティックコーヒーのミルク砂糖入りのものをかけてさらに練乳をかける。シロップは1本は使い切ることができないので経済的かもしれない」(65歳/コンピュータ関連以外の技術職)

コーヒーのほろ苦さがクセになると人気のコーヒーかき氷。練乳は抜きでも十分に美味しいので、甘いかき氷は苦手という方にもおすすめです!

後味スッキリ!爽やかな「フルーツビネガー」

「呑む果実酢。甘くないかき氷を食べたい時にオススメです」(32歳/広報・宣伝)

「フルーツ酢をかける。さっぱりして美味しい」(33歳/主婦)

リンゴ酢や梅酢のほか、お酢ドリンクとして話題の『美酢』シリーズなど、フルーツビネガー(果実酢)をシロップ代わりにするという声も。程よい酸味&後味スッキリでとっても爽やかなかき氷が楽しめるそうです。

「サイダー」「ヤクルト」…などお好みの飲料をシロップ代わりに!

「スポーツドリンク(特にポカリスエット)をかけると、微妙な甘さで後味がさっぱりして美味しい」(63歳/その他)

「ジンジャーエール。スッキリさっぱりで涼感増します」(57歳/営業・販売)

「柑橘系のジュース。キレートレモンやグレープフルーツジュース、ゆず果汁など酸っぱいものが好きなので」(45歳/主婦)

「ヤクルトをかける。甘くて美味しい」(38歳/総務・人事)

かき氷用のシロップでなく、お好みの飲料でも十分に美味しいとのこと。「豆乳をかける。健康的でさっぱりとして意外と合います」(44歳/その他)なんて意見もありました。

夏バテ対策にも一役!自家製「梅シロップ」

「梅シロップと取り出した梅果実もみじん切りにしてかけて食べると美味しい。夏バテ防止にもなるしクエン酸も取れるから疲労回復にもよくて重宝する」(36歳/その他)

「自分で作った、梅シロップをかける。甘すぎず、さっぱりしているので美味しい」(48歳/総務・人事)

「毎年作る梅シロップをかき氷にかけて食べる。梅の香りがよくさっぱりする」(36歳/主婦)

自家製の「梅シロップ」を挙げた方もチラホラ。梅干しに含まれるクエン酸は、疲労回復を促すともいわれているので、暑さでお疲れ気味の体も喜んでいるかも⁉ 甘酸っぱい香りと爽やかな酸味で、暑い日もさっぱり食べられそうです。

「赤ワイン」「ビール」「サワー」…オトナな酒入り氷

「赤ワイン。大人の味がたまらない」(40歳/その他)

「スパークリングワイン。大人のかき氷です」(48歳/主婦)

「甘酒に茹で小豆を混ぜ、かける」(66歳/主婦)

「カルーア×練乳」(38歳/その他)

「ビールをかける。このままでも食べられますが、お好みでガムシロップを加えると、苦味がやわらいでまた違った味わいを楽しめます」(48歳/その他)

涼をとりながらほろ酔い気分も味わえる。これぞ大人ならではの楽しみ方ですね! 上記以外にも、梅酒、レモンサワー、ラムネサワーなどが挙がっていました。

「チョコソース」がけでパフェ仕立てに!

「コーンとチョコがけ。パフェのようなトッピングになる」(48歳/総務・人事)

「チョコレートソースをかけて、バナナをトッピングします。リッチなデザートになって、美味しいです」(49歳/主婦)

「チョコレートソースと生クリーム。氷に触れた部分がアイスクリームみたいになって美味しい」(48歳/学生・フリーター)

「チョコレートシロップ。チョコ好きにはたまらない」(62歳/主婦)

甘党さんにはたまらないチョコレートのかき氷。チョコレート×バナナパフェ風に仕上げている方が多かったですが、ベースが氷なので、パフェより重くなくペロリと食べられちゃいそうですね。

果物ゴロゴロ! フレッシュな「フルーツ」を乗せる

「マンゴーソースをかけて上からマンゴーの実を切ったものをのっける」(20歳/学生・フリーター)

「メロン。前はいちごだったけど最近は色が綺麗なメロンが好き」(55歳/その他)

「パイナップルを小さくカットして、練乳をかけて食べる」(72歳/その他)

「いちじくのトロッとした食感と、冷たくてしゃりしゃりした氷がよく合って美味しいです」(35歳/公務員)

「バナナをジューサーでつぶしてカキ氷に乗せて食べます。お好みで牛乳を加えてもおいしい」(60歳/その他)

「ブルーベリーとマンゴー。顎が落ちるほどの美味しさです」(64歳/主婦)

ここからはフルーツネタを4本ご紹介! まずは生のフルーツをそのままトッピングするとの意見から。フルーツ本来の味や香りが楽しめつつ、見た目もゴージャスな一杯ですね。

超ひんやり!「冷凍フルーツ」をトッピング

「冷凍ブルーベリー、マンゴー、ラズベリーなどをトッピングし、溶け気味のバニラアイスをかける」(57歳/営業・販売)

「冷凍いちごを少し解凍してのせる。そして、練乳クリームをかける」(55歳/主婦)

「シロップではなく冷凍マンゴーを削ってバニラアイスをトッピング」(54歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「かき氷に半解凍した冷凍フルーツをかけて食べると美味しい」(34歳/その他)

手軽に手に入る「冷凍フルーツ」を使うという声も目立ちました。アイスなどと一緒に盛り付けるだけでも十分に美味しいですが、冷凍フルーツを丸ごと削って味わっている方も多かったです。

シロップも無駄なく!「フルーツ缶詰」を使う

「桃缶。小さく切って盛り付ける。シロップはみぞれか、桃缶のシロップをかける。コクがあって美味しい」(53歳/主婦)

「缶のパイナップル、白桃、みかんとバナナ、ヨーグルトをミキサーにかけて、フルーツヨーグルトソースを作り、氷にたっぷり乗せます」(55歳/主婦)

「フルーツの缶詰。さっぱりして、食べ応えもあって、見た目も綺麗で好きです」(49歳/総務・人事)

「フルーツの缶詰めをかける。さっぱりして美味しいしシロップも蜜になる」(26歳/学生・フリーター)

「桃やマンゴーなどフルーツの缶詰を汁ごとミキサーにかけて、とろみがついたジュースを氷にかけるとフレッシュ感が増して美味しい」(64歳/その他)

さらにもっとお手軽に「フルーツ缶詰」を使うという方も。果物と一緒に入っていたシロップも、そのまま捨てずにかき氷にかけるという方がほとんどでした。

果肉たっぷり!甘く濃厚な「ジャム」をかける

「みぞれシロップの上に自家製マーマレードを少しトッピングします。ほろ苦くて甘さ控えめのジャムなので美味しいです」(60歳/主婦)

「フルーツ系のジャム。想像以上に合う」(51歳/総務・人事)

「梅ジャム。梅シロップで使った梅をコトコト煮込んで作ったジャムをかけて食べると甘酸っぱく美味しいです」(33歳/主婦)

果物に砂糖を加えて煮詰めたジャム。もともと甘く、味も濃いので、かき氷に添えても味が薄まることなく丁度よいんだそう。ジャムによっては果肉のごろっと感も楽しめて美味しそうですね。

ほっこり美味しい!「小豆」「白玉」「きな粉」を使った和氷も人気

「茹で小豆缶とミゾレシロップ」(73歳/主婦)

「小豆ときな粉(砂糖と混ぜておく)をかけます。安倍川餅みたいな味がしてとても美味しいです」(60歳/研究・開発)

「小豆と白玉、フルーツ、練乳で自家製特製かき氷。ボリューム満点で美味しい、お店で出る感じ」(38歳/主婦)

「黒蜜ときな粉に白玉をのせて和風かき氷。黒蜜をたくさんかけたら美味しいです」(43歳/その他)

「きな粉と練乳かき氷! たまに白玉団子もトッピング。めっちゃ美味しいです!」(27歳/主婦)

ふっくら甘い小豆や、もちっと食感の白玉など、和テイストの食材を推す声も多かったです。口にするとどこか懐かしい、安定した美味しさが魅力ですね。また中には「大福を丸ごと乗せる」との声も! 大福のあんこやお餅がかき氷と混ざり合って美味しいんだそうです。

練乳よりくどくない!優しい甘さの「蜂蜜」がイイらしい!

「蜂蜜。氷と一緒に食べると甘さがちょうどよくて美味しい」(29歳/その他)

「すり下ろし生姜と蜂蜜をかける」(73歳/その他)

「ココナッツと蜂蜜で南国風になる」(39歳/学生・フリーター)

甘さをプラスするものとして練乳が人気ですが、今回の調査で複数挙がっていたのが「蜂蜜」です。まろやかで優しい甘さがフルーツなどの酸味と合うとのこと。フルーツ以外にも、生姜、レモン、野菜ジュースなどと組み合わせても美味しいそうです!

思い出の味との声多数!1番人気は「カルピス」

「カルピス。夏らしく爽やかでうまい」(46歳/その他)

「カルピスのマンゴー味やぶどう味の原液。飲めるし味も美味しいから最高」(45歳/主婦)

「カルピスの原液しか勝たんです! 最後まで薄いなってならずに食べられます」(18歳/学生・フリーター)

「カルピスをかける。カルピスが氷で薄まってちょうどいい濃さになって美味しいです」(55歳/主婦)

今回最も多くの方が挙げてくれたのは「カルピス」でした。「幼い頃、父と食べた思い出の味」など子ども時代から食べていたという声や、「シロップよりむしろカルピス一択」など熱いコメントもあり、かき氷=カルピス味という方も多いようです。

 

いかがでしたか?

わざわざかき氷用のシロップを買わなくても、冷蔵庫やキッチンにあるもので十分に美味しいかき氷が食べられるかも! ぜひ自分好みのかき氷を作り出してみてくださいね。

 

文/鳥居優美

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集