子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

パクチストが推す!パクチーをちょい足しすると美味しくなる料理

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

昨今のエスニック料理ブームで、一躍メジャーになった“パクチー”。今では、冷凍パクチーも登場してすっかり市民権を得ています。でも、あの独特の香りと味ゆえに、好きor嫌いと好みがハッキリと分かれる食材でもありますよね。 

今回、『kufura』では、パクチーを愛してやまない“パクチスト”128人に、「パクチーをちょい足しすると美味しい料理」を調査! パクチーが大好きな方は、どんな組み合わせを楽しんでいるのでしょうか? そして、その中にはパクチーは苦手……という方も試したくなるような魅力的なアイディアもありましたので、ご紹介します!

いつものサラダにトッピング

「ありきたりなのですが、グリーンサラダに入れると、パンチの効いた味に変わる」(48歳/主婦)

「サラダにパクチーを加えて甘酢をドレッシングにするだけで、いつものサラダがエスニックになります」(45歳/その他)

「グリーンリーフやキャベツのサラダにパクチーを乗せると、それだけでエスニック風になるのでおすすめ。ドレッシングは意外と何でも合う」(37歳/主婦)

パラッといつものサラダにかけるだけで、一気に味に変化が生まれて美味しいとのこと。サラダのマンネリ打破策としておすすめなようです。定番のグリーンサラダの他、「春雨サラダに加えてヤムウンセン風にする」や「生春巻きに入れると彩りも良いし美味しい」との声もありました。

カップ麺、インスタントラーメンにパクチーを追加

「インスタントラーメンにいれると一気に雰囲気が変わる」(46歳/その他)

「グリーンカレー味のカップ麺にパクチーと唐辛子の刻んだものを入れて食べる。味も香りもとてもよく美味しいです」(47歳/金融関係)

「カップラーメンにのせる。カップラーメンがさっぱりとした味になる」(47歳/総務・人事)

カップ麺にフリーズドライの野菜をふりかけて食べる感覚で、パクチーをオンして楽しんでいる方も多かったです。エスニックな雰囲気になり、いつもとは違った美味しさに出会えるようです。ラーメン以外にも、焼きそばや春雨ヌードルなどにいれて楽しんでいる方もいました。

夏の定番メニュー「そうめん」の薬味として

「そうめんの薬味として」(46歳/その他)

「冷やしそうめんのタレに、みじん切りにしたパクチーとナンプラーを加えるとエスニック風味になります」(41歳/主婦)

「素麺の薬味にする。さっぱりしておいしい」(51歳/その他)

そもそもパクチーはハーブの一種。香りを生かして薬味として使うという方も多かったです。さっぱりして美味しそう! パクチーが苦手な方も、これだとトライしやすいかもしれませんね。

冷奴に冷やし中華…夏メニューと相性がいい⁉

「冷やし中華の上にパクチーとレモン汁をさっとかける。パクチーがアクセントになり、よりさっぱりと食べられる」(30歳/その他)

「冷しゃぶに添えると爽やか」(53歳/その他)

「冷奴にパクチー・生姜・醤油・ごま油をかけて食べるとエスニックな味になって暑くて食欲のない日もモリモリ食べられる」(53歳/主婦)

先ほどのそうめんに続き、夏らしい料理と合わせている方もいました。パクチーはタイ料理など暑い国の料理で使われることが多いので、夏メニューとは相性がいいのかもしれませんね。

ミートソース×パクチーは大人な味の仕上がり

「パスタに少し添えるとアクセントがあっておいしくなる」(48歳/デザイン関係)

「安めのミートソースに入れてパスタにしたら少し高級な外食風になる。肉も追加するとさらに良い。後味が良くなって美味しい」(33歳/主婦)

「ナポリタン。ちょっと辛めに味付けするとエスニック風になる」(57歳/主婦)

ミートソースやナポリタンにパクチーを入れると、ちょっぴり大人な味に仕上がるとのこと。生で食べるよりも香りも控えめになるので、パクチーが苦手な方も食べやすいんだそうです。

中華の定番「チャーハン」がエスニック風に!

「チャーハンに少し加えるといつもと違うエスニックな味になって食欲をそそります」(38歳/主婦)

「チャーハンに少しだけ刻んで入れると風味が変わっておいしいです」(51歳/主婦)

「チャーハンに刻んだハクチーを入れて食べます」(62歳/主婦)

いつものチャーハンにパクチーを入れるだけで、瞬く間にエスニックなチャーハンに大変身! あの独特の香りが加わることで食欲がアップするとの声も。いつもの味に飽きたな~って時に試してみたいですね。

スープや味噌汁など汁物に入れる

「春雨スープに入れるとベトナム料理のようになる」(38歳/営業・販売)。

「野菜たっぷりのコンソメスープにパクチーを少し足すとエスニックな味のスープになって美味しい」(41歳/主婦)

「味噌汁にいれたり、スープに入れたりしています」(46歳/主婦)

「味噌汁にも入れます。トッピングではなく、お椀の底に敷いてその上に味噌汁を注いで、たっぷり食べます」(53歳/会社経営・役員)

意外にも味噌×パクチーの相性がいいんだそう。パクチーの香りや味がいいアクセントになり、いつもとは一味違った美味しさになるそうです。

冷蔵庫にある「卵」と合わせて…

「ハムエッグに乗せると、ガパオみたいになる」(53歳/総務・人事)

「卵焼きの中にパクチーを入れる。味付けはニョクマムやナンプラーにすると、エスニックな感じでおいしい。仕上げにレモン風味のドレッシングなどをちょっとかけると、サッパリしてなおおいしいです」(57歳/その他)         

冷蔵庫に卵を常備されている方も多いですよね。そんないつもある食材と合わせて、エスニック風にアレンジして楽しんでいる方もいました。

他にも…「餃子の種」や「スムージー」との声も

「餃子の種にパクチーをちょい足しします。パクチーの香りが広がり、エキゾチックな味になります。いつもの餃子に飽きてしまったときにおすすめです」(27歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「豆乳などのスムージーと合う」(34歳/その他)

「焼き肉に添えて食べるのが一番おいしいです」(59歳/その他)

「トマトベースのサルサにたっぷりと入れ、パンに焼きウインナーを入れ、サルサをたっぷりとかける」(50歳/主婦)

餃子のタネに入れると、味にパンチが出て良さそうですね。

 

いかがでしたか?

中には好きが高じてパクチーを自家栽培している方もいました。ちょっと足すだけで一気にエスニック風にアレンジできるので、パクチーを利用すると料理の幅も広がりそうですね。

 

文/鳥居優美

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。