子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

夏に美味しいひんやりアレンジも!冷凍ブルーベリーを使ったアイディアレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

クールな見た目とは裏腹に、さわやかな甘みと酸味で楽しませてくれる“紫の宝石”、ブルーベリー。コンビニの冷凍コーナーでも気軽に買えるようになり、「冷たいものを食べたいけれど、アイスを食べるのはな〜」なんてときにおやつ代わりについ買ってしまいます。凍ったまま口に入れると口の中で溶けて心地よいひんやり感が広がります。また余ったらスムージーにしたり、デザートのトッピングに使ったり、と無駄なく使えてお得感満載。

『kufura』では女性500人にアンケートを実施し、「冷凍ブルーベリーを使って作るアイディアレシピ」を聞いてみました。夏ならではのひんやりレシピもたくさん出てきました。

夏に食べたいひんやりアレンジ

シャリシャリ食感の「ブルーベリーかき氷」

「冷凍ブルーベリーを刻み、かき氷のようにして食べる」(35歳/学生・フリーター)

「冷凍ブルーベリーを使ってかき氷を作ります。ブルーベリー味のかき氷、おいしいです」(51歳/その他)

ブルーベリー色のかき氷は見た目も鮮やか。カンカン照りの夏空の下がよく似合いそうです! ベリーの爽やかな酸味が暑さも吹き飛ばしてくれるはず。練乳や牛乳をかけたらさらに美味しさが増すこと間違いなし。

大量にストックしたい「フローズンブルーベリーアイス」

「冷凍ブルーベリーとクリームチーズ、生クリーム、砂糖を混ぜて凍らせ、タッパーいっぱいにブルーベリーチーズアイスを作ります。簡単にできてリッチな味で喜ばれます」(35歳/営業・販売)

「冷凍ブルーベリーと生クリーム、ヨーグルトを混ぜて凍らせると、濃厚でもさっぱり食べられるアイスのようになって美味しい」(30歳/主婦)

「ヨーグルトに冷凍ブルーベリーを混ぜて、冷凍庫に入れる。途中で何度かかき混ぜながらフローズンヨーグルトを作ります」(44歳/主婦)

「カルピスと一緒に凍らせて、シャーベットを作るといいアクセントになっておいしい」(56歳/主婦)

「プレーンヨーグルトに人工甘味料と一緒に混ぜて、冷凍し、簡単ダイエットシャーベットの出来上がり。低カロリーなのに満足な味になります」(66歳/主婦)

すぐにでも真似したいブルーベリーアイスのレシピがいろいろ。混ぜて冷凍庫に入れるだけ、と作り方も簡単なのでこれからの季節、大量に作って冷凍庫にストックしておきたいです。手作りなら気兼ねなく食べられるので、憧れの「タッパーいっぱいのアイスを食べながらホームシアターを楽しむ」のも夢じゃない!?

見た目もおしゃれな「ブルーベリーサイダー」

「炭酸水にいれて、少し潰して飲む」(37歳/その他)

「サイダーに冷凍ブルーベリーを入れるだけで、ちょっとおしゃれな飲み物になります」(33歳/その他)

「冷凍ブルーベリーをソーダに入れると、さっぱりしておいしい」(22歳/学生・フリーター)

「冷凍ブルーベリーとサイダーでブルーベリー入りサイダーを作ります。爽やかな甘酸っぱさで美味しいです」(42歳/主婦)

「サイダーに入れると涼しげで子どもも喜びます」(48歳/主婦)

サイダーの泡の中を涼やかにブルーベリーが浮いたり沈んだりする姿はいつまでも見飽きなさそう。何も加えず甘酸っぱさを楽しむのもいいし、シロップを加えて甘みのあるブルーベリーサイダーにしてもいいですね。

ステーキのグレイビーソースに混ぜる

「ステーキソースとして、グレイビーソースに混ぜると、甘みと酸味が相まった独特の風味がでて、サッパリと食べられる」(57歳/その他)

「サラダの材料が葉っぱ系しか無いときに、少し混ぜると酸味が出てスッキリ食べられる」(29歳/その他)

ステーキのグレイビーソースに混ぜる、というのは思いつきそうで思いつかなかったアレンジ。特別なディナータイムをさらにおしゃれに演出できそうです。付け合わせのサラダにもアクセントでブルーベリーが入っていたら気分が上がります。

ドリンクに入れてフレーバーを楽しむ

「冷凍庫にあるブルーベリー。溶かして牛乳とコーヒーと混ぜる。ほろ苦く美味しいです」(57歳/その他)

「アイスティーにフレーバーとして入れる」(37歳/主婦)

「ワインに入れて飲んでいる」(55歳/その他)

「炭酸で割った焼酎に冷凍ブルーベリーをお好みで浮かべる。さわやか、すっきり!」(56歳/総務・人事・事務)

「赤ワインに入れてサングリアにする」(33歳/その他)

コーヒー牛乳にブルーベリーは怖いものみたさでチャレンジしてみたい一品。苦味と酸味がどう融合するのか気になります。

煮詰めて「ブルーベリージャム」に

「ハチミツに漬け込んでいます。簡易ジャムとして使ったり、水で割って飲み物にしたり、デザートの生地に練り込むなどして使っています」(39歳/その他)

「砂糖とレモンだけを足したジャムを作る」(45歳/企画・マーケティング)

「冷凍ブルーベリーを煮てジャムを作る」(26歳/その他)

「冷凍ブルーベリーはジャムがなくなったとき必要量取り出し、ジャムを作ります。ヨーグルトにのせて毎朝食べてます」(69歳/総務・人事・事務)

「ミキサーでピューレにしてかき氷にかけて食べる」(52歳/主婦)

「ブルーベリーをブランデーに2、3カ月漬け込み、柔らかくなったらトーストにバター、ブルーベリーのブランデー漬けを乗せてたべます。豊潤で大人の味になって美味しいです」(64歳/主婦)

「ブルーベリーと砂糖をあわせてレンジでチン。クラッカーにクリームチーズをのせ、簡易ジャムをのせれば簡単おつまみに」(30歳/その他)

“必要なときに必要な分だけジャムを作る”というのは豊かなライフスタイルを実践している人、という感じで憧れます。

ジャムは煮詰めても、そのまま潰すだけでもOK。煮詰める場合は、凍ったまま鍋に入れて火にかけます。レモンはお好みで。入れると鮮やかな色になり、ほど良いとろみがでます。

スムージーやミックスジュースに

ヨーグルトや牛乳など乳製品との相性がぴったりのブルーベリー。混ぜるとみるみるうちにきれいな紫色に染まっていく様が絵の具のようで作る過程も楽しめます。

ブルーベリーミルク

「冷凍ブルーベリーと牛乳を混ぜて飲む」(30歳/総務・人事・事務)

「牛乳と冷凍ブルーベリーをミキサーにかけて食べる。ヨーグルトにかけても美味しい」(59歳/主婦)

「ミキサーにブルーベリーと牛乳とアイスクリームを入れて攪拌してシェイクを作ると美味しい」(48歳/主婦)

「冷凍ブルーベリーと牛乳、バナナをミキサーにかけて、スムージーを作ります。冷たくて、美味しいです」(38歳/主婦)

牛乳が苦手な方は豆乳を混ぜてもよさそうです。

スムージーいろいろ

「ほうれん草とりんごと一緒に冷凍ブルーベリーをミキサーにかけてスムージーにするとおいしい」(32歳/営業・販売)

「甘酒と混ぜてスムージーにする」(55歳/その他)

「ブルーベリーとイチゴとヨーグルトでスムージー。甘酸っぱく美味しい」(46歳/その他)

「冷凍ブルーベリーとヨーグルトとコーヒーと氷を一緒に混ぜて」(27歳/その他)

ここでもコーヒー×ブルーベリーが出てきました。これはもう試すしかない!?

ブルーベリー味のプロテインジュース

「プロテインと冷凍ブルーベリーをプレーンヨーグルトに混ぜてミキサーにかける。ブルーベリー味になる」(29歳/その他)

「バナナとプロテインをミキサーにかけドロドロにした上に、冷凍ブルーベリーを乗せると、食感の違いを楽しめる」(29歳/その他)

ココアやヨーグルトドリンク味など甘くて飲みやすいフレーバーも増えてきているそうですが、いつも飲んでいるプロテインにちょっとブルーベリーをプラスすると味の変化があって飽きずに続けられそうです。

ヨーグルトのトッピングに一役

「プレーンヨーグルトにブルーベリーは我が家ではマストです!」(66歳/総務・人事・事務)

「無糖のヨーグルトにコーンフレークを入れて冷凍ブルーベリーを混ぜる」(54歳/主婦)

「毎朝、ヨーグルトのトッピングのひとつに使っています。彩りもよく、栄養面も良いのでおすすめです」(49歳/その他)

「豆乳ヨーグルトにブルーベリーとマヌカハニーをトッピングする」(18歳/学生・フリーター)

「いつもヨーグルトにフルーツを入れるので常備している。生のブルーベリーより柔らかいが、手頃に手に入るので便利です」(57歳/その他)

「ヨーグルトにのせてハチミツをかけて食べます」(41歳/その他)

「シンプルに毎朝グラノーラにヨーグルトとブルーベリーそのほかドライフルーツなど入れて食べます」(71歳/その他)

今回のブルーベリーレシピでダントツだったのが「ヨーグルトに入れて食べる」でした。コーンフレークやグラノーラを入れたり、ハチミツを入れたり、皆さんさまざまなアレンジを楽しんでいる様子です。

パンに乗せて食べる

「食パンにのせて焼くとおいしい」(39歳/総務・人事・事務)

「食パンにホイップクリームを塗ってブルーベリーを刻んでフルーツサンドにする」(41歳/その他)

「焼きたてのトーストに、ほどよく溶けて塗ります」(52歳/主婦)

「パンにはちみつと冷凍ブルーベリーをのせて焼いてトーストにする」(33歳/主婦)

「食パンにバナナスライスを乗せ、それだけだとあまり味がないので冷凍ブルーベリーものせる」(29歳/その他)

「クリームチーズに混ぜてパンに塗る」(35歳/営業・販売)

美味しいブルーベリートーストを作るためのポイントはブルーベリーを乗せてから“一焼きする”こと!? 人気のフルーツサンドも生クリームをたっぷりにしてぜひ作ってみたいです。せっかくなのでおしゃれな断面を見せたいところですが、ブルーベリーの断面をきれいに切るのは難しいかも……。

タルト、パウンドケーキなどスイーツに挑戦

「牛乳寒天に入れる。色がきれい」(59歳/主婦)

「サワークリームとハチミツを使ったケーキに入れます。サワークリームとブルーベリーの酸味が程よく効いて美味しいです」(53歳/会社経営・役員)

「冷凍ブルーベリーをつかったパウンドケーキ。フルーティーで甘さと酸味がよく合う」(27歳/総務・人事・事務)

「パン作りが好きなので、ベーグルに混ぜこみ焼く」(30歳/総務・人事・事務)

「クッキーやチーズケーキを作るときに入れる」(44歳/主婦)

「ホットケーキミックスと一緒に炊飯器で炊く」(46歳/その他)

「ホットケーキミックスを利用しブルーベリーのマフィンを作ります。カフェの味に引けを取らない美味しさです」(44歳/その他)

「冷凍ブルーベリーとクリームチーズを使ってマフィンを作りました。おやつだけでなく食事系にも良いです」(49歳/主婦)

「タルト生地をにクリームをいれ、ブルーベリーを乗せブルーベリータルトにします」(41歳/その他)

「砂糖で煮て、冷凍パイシートに入れて、ブルーベリーパイにする」(56歳/主婦)

ブルーベリータルトにブルーベリーマフィンなどなど、ケーキ屋さんのショーウィンドウに並んでいたら目移りしてしまいそうなラインナップが勢ぞろい。ホットケーキミックスを使った簡単レシピも探すといろいろ出てくるのでお子さんとぜひチャレンジしてみてください。

 

スイーツもドリンクも味はもちろん、彩りが美しいと気分が上がりますよね。一粒でアクセントになるブルーベリーはいろんな料理で活躍することでしょう。つまみ食い用にもトッピング用としてもぜひ冷凍庫に常備しておきたいですね。

 

文/清土奈々子

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。