子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

忙しいお母さんの味方!子どもが喜ぶシーフードミックスを使った簡単レシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもと一緒に家で過ごす時間が増えて、毎食の献立に頭を悩ませるママさんたちも多いのでは? そんなときに活用したいのが、手軽なシーフードミックス。『kufura』では、子どもをもつ20~50代の女性112人に「シーフードミックスを使ったアレンジレシピ」を尋ねました。子どもたちの微笑ましいエピソードも満載です。

クリーミーなスープやシチューは大人気!子どもも笑顔に

「シーフードミックスたっぷりのスープ。子どもが笑顔になる」(53歳/主婦)

「トマトスープに入れると、『ペスカトーレみたい!』と喜ぶ」(32歳/学生・フリーター)

「キャンベルのスープ缶に足して煮込む。マカロニも入れたら、いっぱいおかわりする」(33歳/主婦)

「クラムチャウダーに。シーフードの旨味が出て、美味しいと好評」(38歳/主婦)

「クリームシチュー。エビが好きなので、すごく喜んで食べる」(37歳/主婦)

「ブロッコリーやニンジン、ジャガイモと一緒に煮込んだシーフードシチュー。にっこり口の周りに白いひげをつけて、ほおばってくれる」(23歳/営業・販売)

クリーミーで優しい味わいのスープやシチューは、子どもに大人気。シーフードミックスなら面倒な下ごしらえも不要で、サッと作れるのがうれしいですね。魚介の旨味が凝縮された美味しさに、自然と笑みがこぼれます。

グラタン、ドリア、パスタとも相性抜群!

「グラタンに入れるのは我が家の定番で、美味しいと好評。見た目にも豪華なので、食欲がそそられます」(44歳/その他)

「カボチャのシーフードグラタン。カボチャが嫌いな子なのですが、そのメニューの時だけはよく食べてくれます」(34歳/主婦)

「シーフードドリアにすると残さないし、食べるのが早い」(36歳/その他)

「シーフードミックスのトマトクリームパスタ。冷凍の魚介を使った料理の中で、これだけはすごく美味しいと言ってくれる」(45歳/主婦)

「深皿にトマト缶、ツナ缶、シーフードミックス、コンソメを入れ、塩胡椒してレンジでチンし、ゆでたパスタを和える。『明日も作れる?』と聞いてくるほど人気」(40歳/その他)

「パスタにシーフードミックスを入れて、バジル風に仕上げます。味付けを薄めにしても、シーフードミックスの旨味が出て美味しいと評判です」(50歳/主婦)

「トマトリゾットに加えると、『シーフードたっぷりで美味しい!』とたくさん食べる」(55歳/主婦)

「シーフードピザ。『魚介の味がして美味しいね』と、生意気なことを言う」(43歳/主婦)

シーフードミックスとホワイトソースは相性抜群! グラタンやドリアは、多くの人がおすすめしてくれました。トマトクリームやバジル風など、パスタのバリエーションも豊富です。

シーフードカレーやピラフなど、おかわり必至のご飯もの

「シーフードカレー。『このご飯すきー!』と言って、いっぱい食べてくれます」(27歳/主婦)

「チャーハンにシーフードミックスを入れる。美味しいと好評」(42歳/主婦)

「シーフードミックスで洋風ピラフに。美味しそうに食べてくれる」(46歳/総務・人事・事務)

「炊飯器にシーフードミックス、固形のコンソメ、バターを入れて炊いたピラフ。何杯もおかわりします」(54歳/主婦)

「シーフードミックスのパエリア。炊飯器ですぐできる。残りごはんをおにぎりにするほど好き」(28歳/公務員)

魚介たっぷりのシーフードカレーも好評。「おかわりしたうえ、『また食べたい』とお願いしてくる」(42歳/主婦)など、おかわり必至のコメントも多く寄せられたことから、子どもたちから熱烈な支持を得ていることがうかがえます。炊飯器で簡単にできるピラフやパエリアは、時短調理に最適。残りごはんをおにぎりにするアイディアもいいですね。

焼きそば、お好み焼きに活躍!タコ焼きに代わるアレンジも

「海鮮焼きそば。『普通の焼きそばより好き』と言ってくれる」(48歳/主婦)

「シーフード塩焼きそば。『塩味なら、お肉じゃなくてシーフードにしてね』と言ってくる」(40歳/主婦)

「あんかけ焼きそばに入れると、見た目も良く美味しい」(57歳/主婦)

「かた焼きそばにシーフードミックスを入れると喜ぶ」(50歳/主婦)

「シーフードミックスを使った皿うどん。おかわりして食べてくれる」(52歳/主婦)

「お好み焼きにシーフードミックスを入れて、ボリュームを出す。『イカがもちもちして美味しい』と喜んでいた」(28歳/主婦)

「タコ焼きのタコの代わりに入れます。具材がわからないので、『エビやったー!』『アサリと目が合った!』など、くじ引き感覚がプラスされて、楽しさアップです」(39歳/その他)

「チヂミに入れると、ペロっと食べてくれる」(50歳/総務・人事・事務)

エビやイカがごろごろ入った海鮮焼きそばやお好み焼きは、大満足の食べ応え。“タコ焼き”ならぬ“シーフードミックス焼き”は、子どもウケが良さそう。くじ引き感覚で楽しめるので、ホームパーティーなどにもいいかも!?

八宝菜やちゃんぽんなど、野菜もたっぷりで栄養満点!

「八宝菜に入れると、野菜も一緒に食べてくれる」(56歳/主婦)

「ちゃんぽんに入れる。普段魚介類を食べない子どもがよく食べる」(43歳/主婦)

「キャベツ、ニンジン、チンゲンサイと一緒に、シーフードミックスを炒めて味つけた中華あんかけ。ご飯にかけて丼にすると、喜んでバクバク食べる」(48歳/主婦)

「野菜と一緒に炒めて、ラーメンのトッピングにする」(47歳/総務・人事・事務)

「スンドゥブに入れると、美味しそうに食べてくれる」(49歳/主婦)

 八宝菜やちゃんぽんに仕立てれば、魚介と野菜が盛りだくさんで栄養満点! 野菜が苦手という子どもでも、シーフードミックスと一緒なら、もりもり食べてくれそうです。中華あんかけの丼も美味しそう!

キッシュ、アヒージョ、かき揚げなど、アレンジいろいろ

「シーフードサラダに入れると、子どもはエビを探して食べる」(43歳/総務・人事・事務)

「オムライスの中に入れると、おかわりする」(58歳/総務・人事・事務)

「シーフードオムレツに。プレーンオムレツに比べると食べる勢いが違う」(44歳/主婦)

「シーフードコロッケ。普通のコロッケより美味しいと評判です」(57歳/主婦)

「簡単にできるシーフードのキッシュ。『美味しい~』と感動していた」(49歳/その他)

「バター炒めにすると、残さず食べる」(38歳/主婦)

「牛肉も入れてアヒージョに。いつもは食べないエビも、アヒージョにすると食べてくれる」(31歳/総務・人事・事務)

「玉ねぎ、三葉、さつまいも、ちくわ、しいたけと一緒にシーフードミックスを加えて、天ぷら粉で揚げたかき揚げ。子どもはイカがたくさん入ってそうなのを狙う」(50歳/主婦)

「寒天に入れて、コンソメ味で固めると、夏にさっぱり食べられます。色も綺麗で、型抜きしたりすると、見た目も可愛い!」(38歳/営業・販売)

シンプルなバター炒めや卵料理はもとより、キッシュやアヒージョ、かき揚げなど、この手があったか!というアレンジがずらり。寒天に入れるアイディアは、これからの暑い季節にぴったりですね。子どもと一緒に作ってみるのも一興です。

 

シーフードミックスを使ったアレンジ、子どもたちに大好評でしたね。おかわりしたり、また作ってとおねだりしたり、好物のエビやイカを探して食べたり、いつもより食べる速度が速くなったり……と、美味しい料理に対する反応も可愛らしく、微笑ましかったです。子どもが喜んでくれるだけで、毎日ご飯を作るお母さんの励みになりますね。早速献立に採り入れてみては?

 

文/杉森美絵

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。