子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「30代のうちにしておいて良かったこと」を40代の先輩女性117人に聞きました!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

社会に出て仕事を覚えたり、結婚、出産などの一大イベントをこなしていたりすると、あっという間に時が過ぎて、近づいてくる40代の足音。迫り来る「不惑」の到来に一体どう備えたらいいのだろうか……と悩む30代の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回『kufura』では「30代のうちにしておいたよかったこと」を40代の先輩たちに調査。117人が回答した答えをご覧ください。

美しさをキープしたい「美容」

「どれだけ眠くても、必ず化粧落としてきた。日々、スキンケアの徹底。日焼け止め対策、サプリやら」(42歳/主婦)

「シミ対策。しっかり日焼け止めのケアを日頃からしておくことがのちのちのシミなどの肌トラブルの軽減につながるから大切だと思います」(43歳/主婦)

「リフトアップ。40代になってから周りと差がついてきたから」(47歳/学生・フリーター)

「アンチエイジング対策。40代になってから肌質や髪質に明らかな劣化を感じていますし、女性ホルモンも低下しているように思えます」(40歳/その他)

「医療脱毛。40代になってから、ムダ毛にも白髪が混じるので」(45歳/主婦)

肌は当たり前にピチピチして、髪にもツヤがあった若い頃。日々のケアがこれからの美を左右するという重みのある意見があがりました。

人生の一大イベントが続々と…

「婚活。なんとなく気が進まないままあっという間に月日が経ってしまったので」(41歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「出産、育児に体力が必要なので」(47歳/主婦)

「出産してよかったかな、40代になったら体力が落ちた」(41歳/主婦)

「妊娠と出産。40代からでも不可能ではないが、私の体力では育児が無理だったと思うから」(42歳/その他)

あまりに大きな環境の変化なので、早いうちに……との意見が相次ぎました。もちろん、いくつになっても結婚はできますし、妊娠や出産のタイミングも人それぞれ。ただ、体力や気力がいることが続くので、30代のうちがおすすめだと思う方も少なくないようです。

体力作り・検診・治療…「体メンテナンス」

「筋トレ。筋力の衰えを遅らせれたと思う」(44歳/その他)

30代から体力作りをしていたので、40代の身体の衰えがあまり気にならない」(41歳/営業・販売)

「運動する習慣。なかなか今からだと身につかないから」(41歳/デザイン関係)

「運動。40代で体力の衰えを感じるので、30代のうちに筋肉を維持することが重要」(41歳/その他)

「太極拳、つまり運動! 40肩や50肩とは無縁です」(49歳/総務・人事・事務)

「歯科検診。歯は一生の宝ものなので」(46歳/総務・人事・事務)

「矯正。年取ると歯周病になるから」(45歳/その他)

40代になると中年の足音がしっかりと聞こえはじめ、体のメンテナンスも重要という声が相次ぎました。体力作りや運動をはじめ、検診や治療などに力を入れているようです。

アクティブに色々なところへ「旅行」

「旅行。子どもがいるとなかなか行けない」(41歳/営業・販売)

「南米旅行」(43歳/金融関係)

「旅行。子どもができてからどこにもいけなくなった」(45歳/主婦)

「旅行やドライブ、家族であちこち出かけていい思い出ができたから」(48歳/その他)

「屋久島に行く。歩くのがキツかったから若くないと無理」(42歳/主婦)

「多少の贅沢。国内外の旅行や一生モノの買い物など、子どもが小さいときのほうがお金も時間も自由に使えた」(47歳/総務・人事・事務)

独身時代や、結婚後も子どもがいなかった頃は、自由に、遠くに、長期の旅行を楽しめたという方も少なくないでしょう。年齢が上がるにつれ、子どもの時間に合わせることが多くなったり、体力的にしんどくなってくるという声も。アクティブに動くなら、色々な意味で身軽な時に行くのがいいようです。

勉強・仕事・転職「スキルアップ」

「がつがつ仕事。自信になった」(41歳/金融関係)

「もし資格を取りたいと思うなら、30代が最後のチャンスだと思う」(47歳/総務・人事・事務)

「資格取得。40代になると覚えが悪くなったと感じるから」(47歳/総務・人事・事務)

「海外留学。これ以上先は無理と思ったから31歳で留学した事」(49歳/主婦)

30代に入ってからは、資格を色々と取ったりした。転職するのに役にたった」(46歳/研究・開発)

「転職。40代になると転職できる範囲が狭まるので30代でしておいて良かったです」(49歳/総務・人事・事務)

仕事に勉強に、がむしゃらに突っ走ることができた若い頃。抱えるものが多くなると、自ずと時間がかかったり、一つの事に全力を注ぐパワーも衰えて来るとの意見も。また、自分だけの問題ではなく、転職などは、求められているかどうかも気になってくるようです。

先立つ物はお金「資産構築計画」

「貯金。老後の資金が必要だから」(43歳/その他)

「貯金。いくらあっても足りないから」(41歳/営業・販売)

「資産運用の考え方を整理しておく。将来的なことを考えたら早く準備することが大切だから」(42歳/主婦)

「貯金。ためられるときにためててよかった。コロナのように何が起きるかわからないから」(46歳/主婦)

「小銭貯金。将来の事を考えたり、少しずつ貯めておけばいざというときに安心だし、貯めておけばいいかと思い始めました」(41歳/その他)

「貯金。子どもの学費や住宅購入など様々な出費があったから」(45歳/主婦)

40代は、まとまったお金についても気になってくるところでしょう。老後のこと、まだまだかかる教育資金など、少しでも貯めて、増やしていきたいという声も。特に老後のお金を貯めるには、時間がかかるので、早いうちに計画しておくとよさそうですね。

その他:まだある「やっておいてよかったこと!」

「部屋の整理。若い時に使った物で不要な物がなくなってスッキリした」(40歳/その他)

「親孝行。私が30代の時に父親が亡くなったから」(43歳/主婦)

「食生活を整える事」(47歳/その他)

「苦労です。多少の事では動じなくなりました」(48歳/その他)

「友達と遊ぶこと。40代から劣化が始まると、なかなか会いたくなくなります」(49歳/主婦)

色々なことをやっておきたいという声が出る反面、親孝行や友達と遊ぶなど、相手があって成り立つというものもあるようです。

 

いかがでしたか? 時間の流れが急に早く感じる30代。いろんなイベントをこなしているうちに日々あっという間に過ぎてしまいますよね。これからの自分の未来に備えるために何が必要で、何に力を入れるべきか、ちょっとだけ立ち止まって考えてみるのもいいかもしれませんね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集