子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「50代のうちにしておいて良かったこと」60代の先輩女性に聞きました!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

社会人になって早数十年が過ぎ、気がつけば還暦も迫ってくる50代。子育ても落ち着いてきて、仕事も一区切りつきそうな時期ですが、50代のうちに何かやっておいた方がいいことがありそうな気も。

今回『kufura』では、「50代のうちにしておいて良かったこと」を60代の先輩女性33人にアンケート調査。先輩方の貴重な声をお聞きください!

これからはゆっくりしたい「家」のこと

これまで大切にしてきた「暮らし」。60代を迎える前に、ちょっとだけ立ち止まって、見直したいという声が聞かれました。

落ち着いて暮らしたい「マイホーム購入・リフォーム」

「家を購入。引っ越しや家を買う手続きなど、非常に体力や時間のやりくりに大変疲れた。これ以上年を取ったらとてもできないと思った」(65歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「最後になるかもしれない我が家のリフォーム。ほぼ全面的にリフォームしてその後息子の結婚で同居できた」(68歳/その他)

家を建てたり、リフォームしたりすることは、決断することややることが多いですよね。幸せな忙しさではあるものの、少々疲れるという声も。体力気力があるうちにやっておいて良かったという声が続出しました。

いる・いらないの整理「不用品の片付け」

「洋服の整理」(67歳/パート)

「私も不用品の片付け。着なくなった服などの整理をした。買うばかりでタンスに収まらなくなり歳いけばしんどくなるのでこの際しておいて良かった」(68歳/主婦)

「着ない服をオークションに」(64歳/主婦)

「本やCDDVDなどの整理。たまるとかなり重いしいざ処分するとなると選別も大変。少しずつでも処分しておいてよかった」(67歳/その他)

「不用品の整理。遺産などの洗い出し。お墓の整理」(63歳/会社経営・役員)

あっという間に増える物や洋服。こまめに整理をしているはずなのに、思い切ってやらないとどんどん増えますよね。一段落がつくタイミングで整理をしたいという方が多くいました。

また、最近ではデジタル化も進んでいるものの、紙時代のものを整理しなければ……と挙げられたのが“写真”でした。

「アルバムなど写真の整理」(66歳/その他)

思い出は納得のいく形で保存したいですね。

貯めるもの、削るものも…「お金のこと」

「保険の見直しです。年齢的にも必要でした」(61歳/主婦)

「保険の見直し。支払いが楽になった」(65歳/その他)

「貯金。今収入が少ないのですが、貯金があるおかげで、何とか生活できているので」(61歳/その他)

生きていく上で必要な「お金」。どこにいくらあるのか、貯蓄、支払いなど、都度確認したいですよね。50代は、老後のお金のこともしっかりと話し合うタイミングなのかもしれません。

やっぱり健康が大事「トレーニング習慣」

「筋トレです。60代になると、大変です」(65歳/主婦)

「スポーツクラブでのエクササイズやダンス。60代の今でもずっと続けてきたから、若い人と比べても変わらずに踊れる」(62歳/その他)

「ウォーキングの習慣。日課にして体調を維持している」(60歳/主婦)

美しく歳を重ねるためには、やはり体が資本。体をしっかりと動かして体力の維持や向上に努めたいところ。50代のうちに日課にしておくと60代になっても続けられそうですね。また、体だけではなく、お口の健康に気をつけているという方も。

「歯の定期治療開始」(63歳/その他)

以前『kufura』では、「えっ、そんなに…?今までで一番高かった“医療費を50代以上500人に聞いた」の記事内で、50代以上の方に医療費についてアンケート調査をしたところ、一番多かった回答が「歯科治療」でした。歯が健康でないと美味しいものも食べられず、人生の楽しみが減ってしまいますよね。体にプラスして、お口の健康も意識しておくと良さそうです。

体が元気なうちに!「旅行」

「両親が元気なうちに長期の海外旅行に行ったこと。高齢になって長期に家を空けれなくなったので行っておいて良かった」(64歳/主婦)

「あちこち行きたいところに行っておいたこと。60も過ぎれば身体があちこち悪くなり思うように行かれなくなった」(66歳/その他)

「海外旅行」(68歳/総務・人事・事務)

コロナ禍でなかなか行けなくなってしまったものの、やはり人気の「旅行」。早く自由に行き来できるようになるといいですね。

まだまだある!「50代でやっておいてよかったこと」

旧友との繋がりを再構築…「人間関係」

「結婚、離婚、出産としてきて、会社も持てたし、不要な物、不要な人を排除していきました」(62歳/その他)

「同窓会に出来るだけ顔を出してたくさんの旧友とSNSで繋がっておいてよかった。60代になって病気になった友人や、介護や自身が足が不自由になったりで同窓会に来られなくなった人がいるし、おまけにコロナ感染が蔓延していてとても同窓会を開けない時代になったから」(60歳/主婦)

長く生きていれば、気の合う人、合わなかった人、関係を続けたい人、続けたくない人……と、いろいろありますよね。コロナ渦も相まって、この辺りで整理したいという声も聞かれました。

やりたいことはたくさん!「趣味・仕事・勉強」

「高齢になると毎日の散歩が大変なので(引っ張る力についていけないので)、50代のうちに大型犬を飼っておいて良かった」(68歳/主婦)

「在宅型の仕事を得たこと。家事をしながら細く長く小遣い稼ぎができているから」(63歳/その他)

「英語の勉強」(61歳/総務・人事・事務)

「着物の着付け」(66歳/パート)

毎日の暮らしの中に、趣味や仕事があると張り合いがあるもの。やりたいこと、できることを慌ただしくない程度に自分のペースでやっていけると暮らしにメリハリが出そうですね。

 

いかがでしたか? 毎日忙しく過ごしているとあっという間に時間が経ちますが、やりたいことをより明確にして過ごすことで、振り返った時に、「これをやっておいてよかった」と思えるのかもしれません。ぜひ参考にしてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集