子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「明日は仕事に行きたくないな…」と思う夜。ご機嫌を回復するためにみんながしていること

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お休みの最終日。またやってくる仕事の日々に「行きたくないな……」と気分が沈むという経験を持つ方も少なくないでしょう。そんな時みなさんはどんな風に気持ちを切り替えているのでしょうか?

『kufura』 編集部では「明日は仕事に行きたくない」と思う前夜にみんながしていることをアンケート調査。仕事を持つ20〜50代の女性236人に聞いた、とっておきの気分転換方法をご覧ください!

音楽・映像で気持ちを盛り上げる

「好きな音楽を聴く」(51歳/その他)

「好きな俳優さんやアーティストさんを見て元気を貰っている」(23歳/その他)

「気分の上がる音楽をかけて熱唱する」(25歳/営業・販売)

「大好きな人の動画を永遠にみます」(36歳/その他)

「モーニング娘。のプラチナ期のライブ映像を見る」(36歳/その他)

「好きなアイドルの音楽を聴くと気分が上がり熱中できて仕事を忘れられる」(25歳/学生・フリーター)

「面白い本や動画を見て気持ちを切り替えさせる。翌朝は、温かいスープやお茶を飲んで気持ちをリラックス」(41歳/総務・人事・事務)

好きなアーティストや音楽、映像などに集中することで余計なことを考えずに過ごせそうですね。

インターネット・ゲーム・漫画に没頭

「スマホでネットサーフィン」(41歳/営業・販売)

「すきなタレントのツイッターを見る。とてもリラックスできる」(51歳/公務員)

「スマホゲームに没頭する」(44歳/総務・人事・事務)

「漫画やゲームに逃避する」(53歳/その他)

「好きな本を朝まで読むようにしている」(53歳/営業・販売)

「好きな漫画を見る」(34歳/その他)

「軽く一杯飲んでからお気に入りの漫画をベッドでゆっくり読む。少しでも気分がよくなると朝、すっきり起きられるから」(50歳/総務・人事・事務)

「自己啓発本を寝る前に読む」(46歳/総務・人事・事務)

読書やネットサーフィンなども思い切り現実から逃避できる手段なのかもしれません。自然と眠くなることもありそうですね。

食べて飲んでリラックス

「とっておきのおやつを食べる」(51歳/営業・販売)

「おいしいものを食べて満足しておく。とりあえずその時は幸せ」(49歳/デザイン関係)

「好きなデザートを食べる」(35歳/公務員)

「好きなお菓子を食べて気持ちを上げる」(40歳/その他)

「お酒を飲んでリラックスする」(36歳/公務員)

「おいしいお酒を飲んで寝る」(50歳/総務・人事・事務)

「寝る前にビールを一杯飲む。気持ちよく寝れるから」(51歳/主婦)

「たくさん食べてエネルギーをつける」(34歳/総務・人事・事務)

美味しいものを食べたり、好きなお酒を飲んだりすることが気分転換になるという方も大勢いました。

翌日の準備を整える

「念入りに準備してイメージトレーニングをする」(32歳/主婦)

「翌日の準備一式をセットしておくことと、朝食もすぐ食べられるようにしておくこと」(50歳/コンピュータ関連技術職)

「翌朝に着ていくお気に入りの服を用意しておき、リラックスできる音楽を聴きながら早めに寝る。機嫌よくなれるように整えておくと調子がでます」(35歳/主婦)

「翌日の準備を行い、リラックスできる入浴剤を使い気持ちを安定させる。眠る前にホットミルクを飲み床に就く」(37歳/その他)

「温めるだけで食べられる朝食を用意して、少し寝坊します」(49歳/総務・人事・事務)

翌朝が慌ただしくならないように、しっかりと準備をすることで時間に余裕を持ちたいという声も。時間の余裕が気持ちの余裕につながりますね。

仕事以外のことを楽しみにする

「洋服の準備と会社で食べるおやつの準備を万端にし、夜帰って来たらどんな楽しいことをしようか考える」(47歳/総務・人事・事務)

「ランチで美味しいものを食べよう!とテンションをあげる」(54歳/総務・人事・事務)

「おいしいおかずでお弁当を作っておく」(54歳/その他)

「朝はコーヒーショップで飲むのを楽しみに、いかに楽に早く仕事を終わらすか考え、帰りにどこの喫茶店で休むか考える」(47歳/その他)

「翌日は、気分の上がる服を着る。仕事が終わった後に、何か楽しいことをしようと頭の中でプランを立てる」(57歳/総務・人事・事務)

「仕事終わったらあのお店のスイーツ食べよう!と、終了後のひと時の幸せを考えます」(51歳/その他)

「仕事帰りに寄ったら楽しいことを考えて、仕事より仕事帰りを目的にする」(47歳/総務・人事・事務)

    仕事を終えたら……、ランチのメニューは……など、仕事以外に楽しみを見つけると、仕事を一生懸命頑張って早く終わらせようと思いますよね。また、頑張った自分にご褒美をあげたり、過去の思い出をパワーにしたりすることで頑張ろうという方も。

    「自分へのご褒美を計画する。ご褒美のために頑張ろうと思えるため」(25歳/コンピュータ関連技術職)

    「楽しかった思い出に浸り、また次の楽しみのために頑張ろうと思う」(31歳/医師)

    頑張る甲斐がありそうですね!

    前向きになれる気分転換方法

    「お香をたいて精神統一をして心を落ち着かせている。気持ちが和らいでくるからすごくいいです」(43歳/主婦)

    「部屋の片づけ。断捨離。翌朝起きた時にスッキリした視界にしておくと、なんとなく良い気分で出かけられます」(46歳/総務・人事・事務)

    「星ひとみさんの占いの仕事運を見る。良かれ悪かれ心構えが出来て落ち着く。一日うまく終わりそうな気になってくる」(55歳/営業・販売)

    「エステやネイルサロンに行って、気分転換する」(58歳/金融関係)

    「なるべく気持ちを切り替えるように、その日の夜はアロマディフューザーなどで精神的負担を香りで軽くしている」(55歳/営業・販売)

    前向きに気持ちを切り替えて、迫り来る朝に備える行動が素晴らしいですね!

    現実的に考える

    「買いたいものを考える。買うためには働かないといけないことを実感できるから」(37歳/その他)

    「給料をもらう意味を考える」(42歳/総務・人事・事務)

    「仕事をしなければ生きていけないと言い聞かせる」(45歳/その他)

    気持ちはナーバスになりつつも、現実を直視しようと向き合っている姿が伝わってきますね。

    なにはともあれ…寝る!

    そして、今回のアンケート調査で一番多かったのは、とにかく「寝る」との回答。

    「早く眠る。睡眠不足だと余計に行きたくなくなるから。ぐっすり眠る」(48歳/金融関係)

    「早めに寝て睡眠をたくさんとる。心身ともにリフレッシュできるから」(40歳/総務・人事・事務)

    「何も考えずに寝る。その時になればなんとかなるから」(32歳/その他)

    「長風呂して早く寝る」(52歳/コンピュータ関連以外の技術職)

    「温かいお風呂にゆっくりと入って早目に寝る。気分がリラックス出来て、翌朝何とか気分良く起きることができます」(54歳/その他)

    「ホットミルクをのんでリラックスしてよく眠れるようにしている」(44歳/その他)

    「匂い付きのホットアイマスクをして寝る。気持ちよく眠れて目覚めがいいから」(47歳/学生・フリーター)

    しっかりとした質のいい睡眠はリフレッシュにつながりますね。

     

    いかがでしたか? 迫り来る休み明けの朝。特に寒い時期はお布団からなかなか出られないという方も多いかもしれませんが、自分にあった気分転換法を持っておくと、また頑張れそうですね!

    pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
    連載・特集