kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

水道水しか入れちゃダメ!?「加湿空気清浄機」の故障の原因になるNGな使い方

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

家電製品は、働く女性を助けてくれる強い味方。価格も高額で買い替えには勇気がいるため、できるだけ大切に使って長持ちさせたいですよね。でも、実は普段の何気ない行為が、家電製品の寿命を縮めてしまっているかもしれません。

そこで、家電の延長保証サービスを運営するテックマークジャパン株式会社で総合家電エンジニア資格を取得し、修理精査業務にあたる家電のスペシャリスト・本多宏行さんに、故障の原因になりやすい“普段の生活で注意すべきポイント”を教えてもらいました。

今回は、これから乾燥が気になる冬場に大活躍する“加湿空気清浄機”について、解説します。

集塵フィルターは絶対に洗っちゃダメ!

ウイルスや花粉対策として、冬場はフル稼働する加湿空気清浄機。加湿機能と空気清浄機能の両方を併せ持つため、それぞれの役目を果たすフィルターが備え付けられています。

「注意すべきは、このフィルターは、それぞれお手入れ法が異なるんです」と本多さん(上写真)。

「加湿には加湿フィルター、空気清浄には集塵フィルターを使います。加湿フィルターは水を含んで気化するので、当然水洗いが可能です。

一方、花粉やアレルギー物質を捕集する集塵フィルターは、水洗いは絶対NG! 一度洗うと乾かしても型崩れしてしまい、微細なホコリやチリをキャッチできなくなってしまいます。清浄効果の低下だけでなく、集塵フィルターの継続使用が不可能になる場合もあるので、絶対に水洗いは避けてください」

加湿フィルターは水洗い、集塵フィルターは掃除機で

それでは、どのように掃除すればよいのでしょうか?

「お手入れは使用頻度により異なりますが、おおむね1週間に1回が目安。水洗い可能な加湿フィルターは、水道水で水洗いし、日陰において丸1日しっかり自然乾燥させましょう。スポンジを使う場合は柔らかい素材のもので、優しく汚れを落としてください。

なお、ドライヤーなど熱風を用いて乾燥させることは絶対NGです。変形の原因となります。

集塵フィルターは、掃除機のノズルを使って、フィルターに溜まったゴミを優しく吸い取りましょう。強く押し付けたりせずに、軽く吸い取ってください」

水タンクには「水道水」しか入れないこと

そして、加湿清浄機といえば、汚れが気になるのが水タンク。こまめに掃除するのが面倒で、ついつい水を入れっぱなしにしてしまいがちですが……。

「水は基本的に毎回取り替えてください。使わないのに水を入れっぱなしにしておくと、空気に触れている所からカビが発生して、異臭の原因になる場合も」と、本多さん。

さらに、「水道水以外は絶対入れちゃダメ!」と、熱く語ります。

「説明書にも、水タンクには“水道水”を入れるように記載されています。水道水は、飲用できるようしっかりと消毒された水。そのため、安全基準を満たした水道水は、雑菌の繁殖を抑えることができるのです。

ミネラルウォーターなどは、一見安心に感じられますが、これらは水道水のように消毒された水ではないので、雑菌の繁殖を抑えることができません。無菌室でもないかぎり空気中には菌が浮遊していて、それらが水に溶け込んで雑菌が繁殖してしまうので、カビ発生や異臭の原因に繋がります」

他にも、アロマオイルを加えたり、40℃以上の温水を使うこともNG。水タンクに亀裂が生じるなど故障の原因になってしまうとのこと。

付着した白い固形物のお手入れ方法は?

また、水道水を使っていると白い固形物が付着する場合がありますが、これはミネラルや鉄分が石灰化したもの。気になる場合は、台所用の合成粉末洗剤や重曹、クエン酸などを使って落とすことができます。使用後は充分に水道水ですすぐこともお忘れなく。シンナーやベンジン、アルコール、クレンザー、漂白剤などは、変形や変色の原因になるので絶対に使用しないでください。

冬には欠かせない加湿空気清浄機ですが、フィルターのお手入れや水の扱いに注意すれば、お部屋をいつでもクリーンな状態に保ってくれます。フル稼働する時期こそ、正しく使って長持ちさせてくださいね!

※使用法・お手入れについては、商品によって違いがありますので、取扱説明書をよく読んで行ってください。


【取材協力】

本多宏行・・・テックマークジャパン株式会社 オペレーション部 クレームチーム チーフ。大手自動車ディーラーでメカニックを経験後、1999年に同社に入社。2000年頃から家電やパソコンの修理精査業務を開始。幅広い家電製品の専門知識が必要となる「総合家電エンジニア」資格を取得。現在、延長保証を利用した修理の精査業務で活躍中。

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載