子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

流行りの「イヤーカフ」はプチプラで!アクセパーツ屋「貴和製作所」なら300円〜手に入る!【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

耳に穴を開けずに楽しめることもあり、近年「イヤーカフ」人気が高まっていますよね。流行りモノはコスパよく賢く楽しみたいという人におすすめなのが、アクセサリーパーツ店「貴和製作所」の材料を使っての手作り。

この写真で付けているものは、材料費638円。瞬間接着剤でパールと土台を留めるだけでできちゃいます。

「イヤーカフ」なら、ピアスホールが開いてなくてもおしゃれ見え!

オシャレパーツ屋さん「貴和製作所」なら、手を加えなくても、そのままイヤーカフになるパーツが200円台から揃うのがうれしいところ。シンプルだけどおしゃれに見えるおすすめイヤーカフをご紹介していきます!

ピアスホールを開けるタイミングを逃し、おそらく生涯ノンピアス派を死守するであろう私。イヤーアクセで顔周りを華やかに見せたいけれど、イヤリングはデザインがイマイチあか抜けないうえ、長時間つけていると耳が痛くなるものが多く、イヤーアクセから長年遠ざかっていました。

が、ここ数年、耳の上部や中央、軟骨部分などに引っ掛けて使う「イヤーカフ」が流行り出し、さまざまなブランドから発売されるようになったのがうれしくて!かなりの数を購入し、毎日のように耳元のオシャレを楽しんでいます。

片耳タイプが多く、重ね付けが楽しめるものも多いので、さりげなくこなれた印象に見せてくれるうえ、パーツが開閉せずに耳の凹凸に引っ掛けるタイプのものが多いので、耳に負担がかからず、1日つけていても痛くならないのも魅力です!

「貴和製作所」に行ってみたら創作意欲がムクムクと!

以前、手作りアクセにハマっていたこともあり、毎週のように通っていた「貴和製作所」。手作りアクセのためのパーツが豊富に揃うお店ですが、時代の流れに合わせたパーツもお得意。「貴和ならイヤーカフのパーツも今やいろいろ揃っているのでは?」と久々にお店へ足を踏み入れてみると……。

手を加えずにそのままイヤーカフとして使えるパーツや、イヤーカフの土台にチェーンなどを組み合わせて、ひと手間加えて手作りを楽しめるものまで豊富に揃っていてビックリ!

「ここからここまで」とオトナ買いしたくなる欲求を抑え(笑)、「工具などなくても、手作りアクセ未経験でも不器用でもOKなパーツだけ」を厳選して購入してきました。

購入したパーツ、イヤーカフ4つ分で計1,859円

今回購入したパーツはこちら!

A リング台(イヤーカフ)ダブルクロス 約12号 ゴールド 330円

B イヤーカフ 変形5 約15×17mm ゴールド 275円

C イヤーカフ 芯立付 12㎜ゴールド 1ペア 440円

D KIWA CRYSTAL ♯ 5818 片穴 10mm クリーム 2ケ 198円

E イヤーカフ バネ式 No.2 約18mm ゴールド 418円

F スウィングパーツ デザインチェーン4 約5.5cm  ゴールド 198円

このパーツで4つのイヤーカフを楽しめます(下の写真3つ)

写真左:A、Bそれぞれパーツのままを重ね付け。写真中:パーツC+D 。写真右:パーツE+F

そのまま使えるタイプは単品でも、重ね付けでも!

AとBのパーツは手を加えずにそのままイヤーカフとして使えるパーツ。単品でも、重ね付けでも楽しめます。しかもAのパーツはリングとしても使えるマルチさ!

 

瞬間接着剤で固定するだけ! 上質な輝きを放つ、ひと粒パール

Cの土台とDのパールをドッキング。Cのパーツの芯立部分に瞬間接着剤をつけ、パールの穴を差し込んで固定するだけ。数分待てば完成するひと粒パールイヤーカフは、シンプルながらも華やかな印象です。

パールは穴が貫通しているものではなく、片穴タイプを使うのがポイント。使用したパールはクリスタルガラス製のパールで輝きが繊細で、土台の金属部分も華奢なので、高見え間違いナシ!

ちなみにパーツは土台もパールも2個セット、1度に2つできるので、ひとつはスペアとして残しておくか、2個重ねづけするのも。友人へのプレゼントとしても喜ばれそう!

チェーンを引っ掛けるだけ主役級アクセントに!

土台となるEとFのチェーンを組み合わせれば、シンプルコーデに映える華やかなイヤーカフに。

Fのチェーンの上部には丸カン(小さい丸いパーツ)がついているのですが、今回はチェーンの大きい輪を土台(E)に引っ掛けるだけなので、丸カンは手で引っ張って取り除いてしまってOK。チェーンはさまざまな種類が揃っているので、自分好みのデザインをチョイスしてみて。

「今の気分」を味わえるイヤーカフ、お手頃価格ならトライしやすい!

イヤーカフを市販品で買おうとすると、K18素材など高価なものなら数万円、真鍮などの素材でもブランド次第で数千円はしますよね。かつて手作りアクセにハマっていた私は、この素材でこの値段か……とモヤモヤしていて。

耳に引っ掛けるだけのイヤーカフは「気づいたら耳から消えていて、1日で失くしてしてまった……」という悲しい声もよく聞くし、金属アレルギーなどがなければ真鍮製でも十分な気もしていたんです(今回使用した貴和製作所の金属パーツは真鍮製。Bはニッケルフリーメッキで通常のメッキよりはアレルギーが出にくいパーツ)。

なので、貴和製作所で作ったイヤーカフ「これ、久々に手作りしたんだ~!めっちゃよくない?」と前のめりに友人に自慢しつつ、ヘビロテ中です。

手作りアクセパーツの聖地、貴和製作所。今回私が購入したのは「キラリトギンザ店」ですが、店舗は東京には10店舗以上、神奈川、大阪、福岡にも店舗あります。近くに店舗がない方はオンラインも充実のラインナップなので要チェックです!


門司紀子

フリーランスエディター&ライターとして『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆を担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。Instagramアカウントは@norikomonji

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集