子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

出会いの春、絶対ハズさない老舗&名店の品を900円以下で厳選【プチプラ極上ギフト#4月】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ママたちの暮らしに何かと欠かせないギフト。
わたくし、庶民派フードジャーナリストの中田ぷうが、毎月ホントに使えるプチプラギフトを紹介していくこの企画。
さぁ、4月です。別れの季節であった3月は終わり、出会いの季節になりました。それだけに4月はカジュアルなギフトよりも、ちょっとコンサバなギフトが役立ちます。

老舗・名店と言われるお店でも、実はプチプラのギフトは見つかります! 味や品質のクオリティが確かなため、知り合って日が浅い人にも安心してお渡しできますよ。

1:期間限定!名店のいちごシリーズを見逃さないで!

まずおすすめしたいのが、この時期限定で出る「ゴディバ」と「とらや」のいちごアイテム。
「ゴディバ」の「ダブルストロベリークッキー」は5枚入りの小箱タイプであれば550円で購入できるんですね。

きちんといちごが練りこまれたラングドゥシャ(薄焼きクッキーのようなもの)で、いちご味のホワイトチョコレートをはさんだクッキーなのですが、やはり!というかかなり美味。そしてやはりこの箱のかわいさに、女性はときめきますよね。

こちら5月28日までの発売なので、気をつけて。

そしてもう1つの「とらや」のいちご羊羹。1本240円。
こちら4月上旬までの発売で、かなり早く完売してしまうので、今、見つけたら絶対に買ってほしいひと品! これを手土産にしたら、ものすごく喜ばれると思います(そして自分用を買うのも忘れずに!)。そして既に売り切れでしたら、ごめんなさい!

一瞬「え!? いちごの羊羹……?」と思ったそこの奥さん!

わかります、私も最初、味を疑っていました(笑)。でもさすが老舗名店。よくわからないのですが、いちごの味がするのに、ちゃんとおいしい羊羹に仕上がっているんです。
「とらや」はこのほかにも、ラムレーズンや琲味など限定のフレーバー羊羹を出しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「ダブルストロベリークッキー」(写真・左)は見た目もピンクでかわいい。「いちご羊羹」(写真・右)はこのサイズ感もベスト。通常サイズの羊羹は大きすぎて、いただいても食べきれないこともありますよね。

2:目を惹くこと間違いなし!長崎の「松翁軒」のカステラ2種

クラシカルな肖像画が印刷された、かなりインパクトのあるこの箱! 長崎カステラの老舗「松翁軒」のカステラです。
こちら1箱550円。

カステラってなかなか「嫌い!」っていう人がいないのもいいところ。万人受けするお菓子なので、悩まず済むんです。それもあって、今まで何箱のこのカステラを手土産に使ったかわからないほどです!

しかも「松翁軒」のカステラは長崎県の人も認めるおいしさ。「長崎でカステラ買うなら『松翁軒』だよ!」と何人もの人に言われました。

ちなみに、このカステラ、私はいつも銀座三越の地下にある地方の銘菓を取り扱うコーナーで買っています。

「カステラ」(写真・左)も「チョコラーテ」(写真・右/チョコレート味のカステラ)もそれぞれ小ぶりなカット済みのカステラが入っています。

3:日本橋「長門」のとろける「久寿もち」

徳川将軍・吉宗公の時代から300年に渡り、営業を続けている日本橋の老舗和菓子屋「長門」。ここでギフトにおすすめなのが「久寿もち」890円(税込)。

見た目地味な商品なのですが、差し上げた方々はこのおいしさにまず100%、落ちます(笑)!

見よ!このきなこの量ととろっとろのお餅!

他にはない、唯一無二、ここでしか買えないおいしさです。しかもいまだ人気のため、夕方には売り切れてしまうことがあるので、私も見つけたら必ず購入しています。

こうした名店の和菓子は、目上の方へのちょっとした手土産にも役立ちます。

4:『福砂屋』の「手作り最中」

『福砂屋』といえば、こちらもカステラの名店。創業は1624年という老舗です。「キューブカステラ」が有名ですよね。

その『福砂屋』さんですが、実はカステラだけでなく「手作り最中」のセットも売っているんです。写真を見てわかると思うのですが、香ばしい最中とあんこがセットになっており、自分で作って食べる“エンタメフード”。

見た目高級そうなのですが、これが810円(8個入り/税込み)で買えるんです。
これはおすすめですよ~!

さ! 来月は新緑の5月です。どんな手土産にしましょうか。

 

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※価格は編集部調べです。税込表記があるもの以外は税抜価格です。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載