子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

発見!「美味しい」大豆ミート。これならツナ缶感覚で使い勝手バツグン【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

話題ですよね、大豆ミート。「代替肉」として注目されてる部分もあると思うのですが、私は「保存がきく便利食材」として、美味しくいただいています。その使い方は……。

「肉替わり」というより、食べごたえがある「豆」製品!

私が「大豆ミート」を食べてみたきっかけは、あくまで単純な興味からでした。でも実際に購入して、食べてみたら「これは美味しい上に、便利でイイ!」と、現在ではリピートするように。

ちなみに「大豆ミートってなんだっけ?」と思って、パッケージの裏を見てみると、

大豆の油分を搾油して加圧加熱・高温乾燥させてできた、お肉の代用品として使える大豆のお肉。

とのこと。大きく分けると3つのタイプがあるようで、

  • ブロックタイプ(唐揚げとかに使うイメージ)
  • フィレタイプ(回鍋肉とか、肉じゃがとかに使うイメージ)
  • ミンチタイプ(そぼろ丼とか、麻婆豆腐とかに使うイメージ)

私がリピートしているのはミンチタイプ。
marukome(マルコメ)のレトルト「大豆のお肉 ミンチタイプ」(1袋で約300円くらい)で、近所のスーパーで購入しています(ネット販売もあり)。

コレ良い!とリピ買いしてる「オススメポイント」3つ

1:「そのまま」使えて、何より美味しい!

大豆ミートの中には、水で戻す乾燥タイプや、冷凍タイプもあるのですが、このパウチのいいところは「開けたらそのまま」使えることなんです。

中はこのような「ひき肉」状態(このままだと味はついていません)で、とにかく「すぐ!」使えます。これが思いのほか便利。

例えばサラダ。
野菜だけでなく、少しボリュームを加えたいとき、ツナやベーコンなどを使いますよね?その代わりに「大豆ミート」がいいんです。

【大豆ミート入りタイ風サラダ】

私がよく作るのがこのレシピ。
大豆ミートをオリーブ油で軽く炒めて、ナンプラーとレモン汁、三温糖少しで、濃いめに味付け。これをドレッシングがわりに、レタスや紫玉ねぎ、トマトなどの野菜にかけ、よくあえていただきます。

野菜だけのサラダに比べてボリュームも食べ応えもグンと増して、満足感のあるひと皿に。

【大豆ミートの麻婆豆腐】

通常の麻婆豆腐と同じ作り方で、ひき肉を大豆ミートに変えただけ!

お肉に比べて炒める時間も短縮されるし、ひき肉で作る時より少し油が少なめ、あっさり目の仕上がりに。味や食感はひき肉バージョンと全く引けを取らない美味しさです。

その外、ネギやモヤシと炒めてラーメンに乗せたり、ガパオライスにしたり……これまでひき肉で作っていたもの、何に使っても美味しくできます。

2:常温保存で約1年もつ。お肉でこれはありえない!

味にも増して、私が「コレ良い」と思ったポイントは、常温保存で1年ほどもつ、ということ。

「あ〜今日は、ひき肉を切らしてる……。でも、ちょっとおかずにボリュームが欲しい!」っていう日、ありますよね。そういうとき、買い置きしてある「お肉的な役割をしてくれるもの」が、活躍してくれる。

これって、我が家ではこれまで「ツナ缶」が担ってた役割だったんですが、そこに、この「大豆ミート」も加わりました。「常備しておくと便利に使えるシリーズ」として、今では買い置き箱の一員に。

3:高タンパク質で低脂肪!ふっくら体型の私にぴったり!

そして嬉しいのが栄養の面。「タンパク質」をしっかり摂れること!

これ1袋で、タンパク質量は14g。たとえば、納豆1パックのタンパク質量が約8gくらいなので、2倍近いということ。

年齢を重ねるとともに、筋肉の素になる「タンパク質」をしっかり摂るよう心がけている最近。加えて、ふっくら体型ということもあり脂質も抑えないと……というのが永遠のテーマで。

そんな私の食生活に取り入れるのに、ぴったりの栄養バランス!高タンパク、低脂質、コレステロール「0」。

最近、種類もドンドン増えてきている「大豆ミート」関連商品。正直、まだお値段は高めなので、我が家では「毎日のように使う食材」ではありません。

ただ、自分なりの使い方や味がわかっていると、暮らしのペースにあった取り入れ方ができて、献立の幅が広がります! ぜひ一度、お試しください。


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEのラジオ、朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集