子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ユニクロの華奢サンダル(2,990円)は上品見え&全く足が痛くない!オススメ理由は4つ【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

蒸し暑い日が増えましたね。スニーカーよりサンダルが恋しくなる季節です。

長時間履いてもとにかく足が快適!コレって最強です!

かなりの暑がりなのでサンダル大好き。これまで毎夏ごとに色んなサンダルを試してみたのですが、いつも思うのは「サンダルの日は脚が疲れる!」ということ(特に薄底だったり細ヒールのものは……)。

歳を重ねるに連れて(そして、最近の全般的にカジュアル志向もあり)、足元は「快適に過ごせる」ことが大事、と思っている昨今です。

かといってスポーツサンダル一辺倒なのも、なんだかちょっとつまらない。

で。今年の選択はユニクロの「コンフィールタッチ ナローバックストラップサンダル」(2,990円)です。サイズ展開はS〜XL、普段24cmの私はサイズMを選んでぴったりでした。

コレ実は、去年デビューした商品のアップデート版。購入したお客様からの声を反映して、より良きものになっています。ユニクロのオンラインサイトの商品レビューを見てみると、その評判の高さと共に、昨年と比べてどう良くなったのかも、リアルなコメントが。

昨年もこのサンダルをいいなと思ったのですが、購入しようと思った時には既にサイズ切れ。今年は欠品前にと思い、早めに購入して大正解。

1:細ストラップなのに、柔らかくて全然痛くない!

こういう細ストラップのサンダルって、ストラップが肌に食い込んできて「とにかく痛い!」というのが悩みでした。でもコレは驚くほど痛くない。

ココは昨年からの改良ポイントらしく、サイトには「ストラップの中の芯材を柔らかくすることで肌あたりを優しくした」とのこと。たしかに、このストラップかなりソフトです。

さらに「鼻緒部分の縫い目を、肌に当たらない位置に調整」したとも。ほー!縫い目の方向!縫い目が肌に当たると、それだけで違和感があって、長時間履いてるとスレて痛みますよね。改良は嬉しい!

2:インソールのクッションがフカフカ。歩きやすく疲れない!

このインソールが、疲れない最大のポイント! 写真でわかるでしょうか? 立体インソールになっていて、足全体をしっかりホールドしてくれる。ほど良い厚み&歩くとしっかりクッション性があるので、アスファルトだけじゃなくて、ジャリ道などでも快適です!

こういうソールのサンダルって「健康サンダル」もしくは「スポーツサンダル」的なカジュアルな感じになりがちなのだけど、ストラップが細くて華奢なので、そうならないところが使い勝手よし。

3:細ヒモで合皮だから上品見え。カジュアルにもワンピにも!

チノパンにボーダーTという夏の定番には、もちろんバッチリ。私は黒のバックパックを合わせることが多いです。
外食するときなどのおでかけワンピには、黒バッグやパール系のアクセを加えることでキレイ目にまとまります。これは細ストラップ&合皮ならでは!

華奢なストラップの黒サンダルというだけでも万能感はあるのですが、ほどよくツヤ感のある「合皮」というところがキモ。

スポーツサンダルにありがちな“ナイロン系の素材”を使ってないというところが、キレイ目ワンピに合わせた時にも、いい感じで上品にまとまるのです。

4:靴底がゴムですべらない!

海外モノに多いのですが……革底のサンダルって案外すべるんですよね。用心して歩いていると脚や腰が疲れるという残念さ。その点、溝のあるゴム底は安心です。

さらに、合皮なので、にわか雨で濡れたりしてもササッと拭けばいいだけ、とお手入れもラク。

購入して1週間ほど。履いていてあまりに快適なので、色違い(オフホウイト)の購入も検討しているほど!

年々、暑さが増している日本の夏。5月から9月くらいまでサンダルを愛用する私なので、今年はこの「フカフカサンダル」に頼ろう、と心に決めています。


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEのラジオ、朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集