子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【業務スーパーのおすすめ#6】「冷凍マンゴー」はリピ買い必須!手作りデザートの材料にも

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

生鮮食品、冷凍食品、調味料や日用品などあらゆる商品が集う業務スーパー。その「業スー」に週5で通い続けるバロンママさんが、おすすめ商品を教えてくれる連載の第6回。

今回は冷凍フルーツの中でもバロンママさんが特に愛用しているという「冷凍マンゴー」を取り上げます。生のマンゴーは、ちょっと高価だったり、味の当たり外れがあったりして買うのを躊躇してしまうことがありますが、安定したおいしさとさすがの業スー価格でたっぷり楽しめるのがうれしい! そのまま食べるのはもちろんデザートの材料としても惜しみなく使えて、大満足のリピアイテムなんだそう。

冷凍フルーツコーナーのおすすめNo.1!

こんにちは。コストコ、業務スーパーが大好きなブロガー/WEBライターのバロンママです。17年前、業務スーパーが近所にできてから週5で通う私が、便利でおいしい魅力的な商品の食べ方やアレンジレシピなどをご紹介しています。

今回ご紹介する商品は「冷凍マンゴー」。冷凍フルーツの中でも定番人気のアイテムです。

冷凍マンゴー(チャンク)500g入り408円(税込)

こちらはベトナムからの直輸入品。冷凍マンゴーはコンビニエンスストアやスーパーの冷凍品コーナーでもよく見かけますよね。しかし、業務スーパーの冷凍マンゴーは500gという大容量なのにも関わらず、400円ほどというその価格。他社と比較してもかなりお買い得です!

使いやすいバラ凍結

バラ凍結なので必要な分だけ取り出して使うことができます。そのまま食べても甘くてとってもおいしい!

食べ頃の完熟マンゴーを食べやすいサイズにカットして急速冷凍してあります。あっという間に溶けるので、好みの解凍具合で楽しむことができます。溶けたほうが甘みを強く感じますよ。

手作り簡単デザートレシピ3選

材料2つ!マンゴーアイス

カット済みのバラ凍結だからこそパパっといろいろなアレンジができるのも魅力! 手軽に作れるマンゴーアイスはいかがでしょう。材料は市販のバニラアイスクリームと冷凍マンゴーだけです。

室温に置いて少し柔らかくなったアイスとマンゴーをハンドブレンダーやフードプロセッサーで混ぜ、容器に入れてから再び冷蔵庫で凍らせれば完成です。

混ぜた直後にそのまま食べてもシェイクのようで、アイスとはまた違った楽しみ方ができますよ。

まろやかマンゴーミルクプリン

シンプルな材料で作るマンゴーミルクプリンも意外と簡単! 火を使わずにレンジで調理できるのもうれしいですね。

【材料】(小さめのプリン型 3~4個分)
・牛乳 200ml
・マンゴー 山盛りカップ1ほど
・グラニュー糖 大さじ2
・ゼラチン 5g
・水 50ml

【作り方】
(1)水にゼラチンを入れてふやかしておく。
(2)マンゴーは電子レンジ解凍か自然解凍し、フォークなどでつぶす。
(3)耐熱容器に牛乳と砂糖を入れ、電子レンジで沸騰直前まで温めたら取り出し、(1)のゼラチンを入れ、よく混ぜて溶かす。
(4)(2)のマンゴーを加えて混ぜたら、容器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。
(5)お好みで冷凍マンゴーをトッピングする。

アレンジ自在のマンゴーソース

マンゴーソースも電子レンジ加熱のみで簡単にできます。幅広く使えて便利!

【作り方】
マンゴーの重さの3分の1ほどの重さのグラニュー糖、レモン少々を用意します。マンゴーは自然解凍か電子レンジ解凍したものをスプーンなどでつぶし、そこへグラニュー糖、レモンを入れてよく混ぜ、600Wの電子レンジで2~3分加熱後、冷蔵庫で冷やせばできあがり。

無糖ヨーグルトや、パンケーキ、チーズケーキやトーストしてバターを塗ったパンにかけてお楽しみください。また、前出のマンゴーアイスやマンゴーミルクプリンにかけて「追いマンゴー」するのもおすすめです!

 

コスパ最強で安定した美味しさがうれしい、業務スーパーの冷凍マンゴー。お店で見かけたらぜひ一度試してみてくださいね。


バロンママ

コストコが大好きで通い続けて16年のライター。コストコ商品に囲まれた生活をしています。ブログやインスタグラムではコストコ情報を日々更新中!

ポーランドの食器「ツェラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理写真の撮影、レシピ提供をする仕事もしています。

ブログ:https://ameblo.jp/baronmamadesu/
Instagram:@costco_love_baronmama/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集