子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

保存がきくものが人気!? コロナ前と比べて主婦がよく買うようになったもの#食べ物編

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

新型コロナウイルスによる外出自粛のため、スーパーで食材をまとめ買いするようになったり、外食を控えて家で料理をする機会が増えるなど、食に関する環境がいろいろと変化した人も多いと思います。そこで『kufura』では、20~50代の既婚女性500人にアンケートを行い、「コロナ前と比べてよく買うようになった食べ物」について調査。主婦の皆さんがどんな食べ物をよく買うようになったのか、見ていくことにしましょう。

唐揚げ、チャーハン、カット野菜など「冷凍食品」

「唐揚げや餃子などの冷凍食品。自分で毎日3食作るのは疲れるので、レンチンしたり、焼くだけで食べられる、手軽な冷凍食品をよく活用するようになりました」(34歳/主婦)

「外食の機会が減ったので、おうちごはんのバリエーションを広げるために、手軽な冷凍食品をいろいろ買って試すようになりました」(51歳/主婦)

「コロナの影響で1週間分の食材をまとめ買いするようになりましたが、生鮮野菜はすぐダメになるので、保存がきく冷凍野菜をよく買うようになりました」(59歳/主婦)

「子どもたちが家にいることが増えたので、おなかが空いたときに簡単に食べられる、パスタやチャーハンなどの冷凍食品をよく買うようになりました」(36歳/主婦)

「お弁当用の冷凍食品。コロナの影響でお昼を外で済ますことが減って、今までよりお弁当を作る回数が増えたので、すごく重宝しています」(49歳/総務・人事・事務)

外食を控えるなどして、家で毎日3食作るようになったという人も多いと思いますが、そんなときに大活躍してくれるのが冷凍食品。レンチンしたり、炒めたりするだけで、手軽に美味しい料理が完成するので、大助かりですよね。また、冷凍野菜などは生と違って保存がきくので、コロナ禍でまとめ買いをする際に重宝しているという人も多いようです。

カップ麺やレトルトカレーなど「インスタント食品」

「コロナ感染が心配で、スーパーへ買い物に行く回数を減らしたため、日持ちするレトルト食品をよく買うようになりました」(41歳/総務・人事・事務)

「家での食事作りに飽き飽きしたときに重宝する、パックごはんやインスタントラーメンを前よりもよく買うようになりました」(46歳/その他)

「カップ麺や袋麺。夫が在宅ワークになり、お昼ごはんを家で食べるようになったため、夫でもすぐに作れるランチとして重宝しています」(33歳/主婦)

「子どもが家にいることが増えたので、いつでも簡単に食べられるようにレトルトカレーを買い置きするようになりました」(50歳/主婦)

「インスタントのパスタソース。外食が難しいため、休日のおうちランチでよく使うようになりました」(34歳/公務員)

リモートワークや子どもがお家にいる時間が増えたことにより、家族みんなが家で食事をする機会が多くなりましたが、カップ麺やレトルトカレーなどのインスタント食品があると、ランチなどの用意が手軽にできて助かりますよね。夫や子どもでも簡単に食べることができるので、ママが家事や仕事で忙しいときなどに大活躍してくれるようです。

うどん、焼きそば、パスタなど「麺類」

「今は買い物に行く回数を減らしてまとめ買いをするようにしているため、うどんや蕎麦、スパゲティーなど、保存がきく乾麺をよく買うようになりました」(44歳/主婦)

「家で食事をする機会が増えたため、簡単に作れるパスタや焼きそば、ラーメンなどの麺類を前よりよく買っています」(38歳/出版・マスコミ関係)

「家での食事をバラエティー豊かにするために、普段のメニューに麺類を取り入れることが多くなりました」(55歳/その他)

「子どもがオンライン学習で家にいて、お昼ごはんにパスタを食べる機会が増えたため、以前よりもパスタをよく買うようになりました」(47歳/その他)

「そうめんは、時間がないときでも茹でてすぐに食べられるので、最近購入することが増えました」(44歳/その他)

コロナの影響で家で料理をする機会が増えた人も多いと思いますが、うどんやパスタなどの麺類は、それだけで手軽に一食作ることができるのでストックしておくととても便利。また、一食を麺類にすることで、食事のメニューに変化がつくので、おうちごはんも飽きることがありません。乾麺なら保存がきくので、まとめ買いもできて安心ですね。

「お米・パン・シリアル」…朝食はもちろんおやつにも

「単純に家でごはんを食べる回数が増えたので、お米の消費が激しく、コロナ前よりも頻繁に買うようになりました」(57歳/その他)

「コロナ禍で会社の昼休憩はコンビニなどにも行きたくなかったため、自分でお弁当を作るようにしたら、お米の減りがすごく早くなりました」(22歳/営業・販売)

「食パンは冷凍すれば日持ちするし、ピザトーストなど意外といろいろなアレンジがきくので、コロナ前よりもよく買うようになりました」(40歳/その他)

「私がちょっと出かけているときでも、家にパンがあれば子どもがおなかが空いたときに自分で自由に食べられるので、パンを買い置きすることが増えました」(44歳/主婦)

「コーンフレークなどのシリアル。家族みんなが家にいる時間が増えて、朝食やおなかが空いたときのおやつとしてシリアルをよく食べるようになりました」(38歳/主婦)

「オートミール。コロナ禍で太ってしまったため、ダイエットのためにごはんなどの代わりに積極的に食べるようになりました」(39歳/営業・販売)

家で料理や食事をする機会が増えたことにより、必然的に主食であるお米やパンなどの消費量が増えたという人が目立ちました。また、外食が難しく、仕事中のランチをお弁当に切り替えたことにより、お米の消費量がグンと増えたという人も。ほかには、シリアルをおやつ代わりやダイエット食として、前よりも頻繁に食べるようになったという人も多いようです。

ヨーグルト、納豆、味噌など「発酵食品」

「腸活で免疫力が上がると聞き、コロナに負けないためにヨーグルトをよく買って食べるようになりました」(53歳/主婦)

「健康を意識して毎朝欠かさずヨーグルトを食べるようになったので、以前に比べてよく買うようになりました」(27歳/主婦)

「免疫力を高めるために発酵食品を意識して摂るようになり、以前は買うことのなかった酒粕が今では我が家の常備品になりました」(56歳/営業・販売)

「健康のために発酵食品を食事に取り入れたいと思い、お味噌汁を毎日必ず作るようになったため、味噌の減りがすごく早くなりました」(46歳/主婦)

「発酵食品を食べて腸内環境を整え、免疫力をよりアップするために、納豆や甘酒などを積極的に食べたり飲んだりするようになりました」(55歳/主婦)

免疫力をアップするために普段の食生活に発酵食品を積極的に取り入れるようになったという人も多い様子。また、発酵食品ではありませんが、健康のことを考えて今までよりも野菜や果物をよく食べるようになったという人もいました。

強力粉、バター、卵など「お菓子やパン作りの材料」

「ホットケーキミックス。おうち時間が増えて、子どもとクッキーやケーキなどのお菓子作りをすることが増えたので、最近はよく買っています」(25歳/主婦)

「ホームベーカリーを使って、自分でピザや肉まんなどを作るようになったため、強力粉を買う機会が増えました」(32歳/主婦)

「時間に余裕ができて、お菓子作りをよくするようになったため、ドライイーストやベーキングパウダーの購入が増えました」(32歳/主婦)

「お菓子作りが増えたため、前よりバターをよく買うようになりました」(30歳/主婦)

「家でお菓子作りをすることが増えたので、クリームチーズや生クリームなどのお菓子の材料を買うことがグンと増えました」(45歳/主婦)

「家でケーキを焼いたり、クッキーを作ることが増えたので、普段よりも卵をたくさん使うように。コロナ前に比べて、卵を買う頻度が増えました」(38歳/主婦)

おうち時間が増えたことで、お菓子やパンを自宅で作るようになった人も増えました。これに伴い、ホットケーキミックスや強力粉などの粉類、イーストやベーキングパウダー、バターや生クリームといったお菓子やパンの材料をよく買うようになった人も多いようです。

なお、卵に関してはお菓子作りだけでなく、「毎日家で三食食べるようになり、卵をよく買うようになりました。これさえあれば、何かしらおかずが作れるので安心です」(51歳/主婦)というように、食事作りに活用するために購入量が増えたという人も目立ちました。

お菓子、お酒、調味料など…ほかにもいろいろ!

「家にいる時間が長いとついお菓子に手が伸びてしまって、今までよりもお菓子を買うことが多くなりました」(33歳/金融関係)

「外に食べに行く機会が減ったため、代わりに家で食べるためのデザートをよく買うようになりました」(25歳/主婦)

「家飲みが増えたので、買い物ついでにいろいろなアルコール類をよく買うようになりました」(45歳/総務・人事・事務)

「家で料理することが増えたので、調味料全般を以前よりもよく買うようになりました」(25歳/学生・フリーター)

「サバ缶やツナ缶などの缶詰類。買い物に行く回数を減らしているので、保存がきくものが便利です」(46歳/主婦)

「うちにいるとつい温かい飲み物が飲みたくなるため、コーヒーや紅茶を買う機会が増えました」(45歳/総務・人事・事務)

よく買うようになった食べ物は、ほかにもいろいろある様子。中でも多かったのが、お菓子とお酒でした。外食できないストレスを解消するために、好きなお菓子やお酒などを買って、家でゆっくりと楽しんでいるという人も多いようです。

いかがでしたか? コロナ前と比べてよく買うようになった食べ物は意外とたくさんありましたが、手軽に食べられるもの、保存がきくものをよく買うようになったという人が特に多かったようです。次回は「日用品編」をご紹介していきます。どうぞ、お楽しみに!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。