子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「カルディ」で見つけるホワイトデー!リユースできる「かわいい缶」が狙い目です

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もうするホワイトデー。店頭はチョコレートに替わって、ビスケットやキャンディ、マシュマロが並びます。

「カルディ」もホワイトデーに向けてかわいい商品が登壇中! 中でも人気なのが、リユースできるかわいい缶に入ったお菓子たち。毎年、争奪戦なのでぜひ早めにお店に行ってくださいね。

大人気の“ビスケット缶”が今年も登場!

左からビスケット缶(スクエア)626円、ビスケット缶(サークル)561円、レディバード スクエア缶(ブルー、ピンク)各278円

去年も販売していた“ビスケット缶”。そのかわいさからSNSでも話題になり、あっという間に店頭から消えてしまいました。その商品が今年も登場。なかなかビスケットの形をした缶って見かけないですよね。

しかもかわいいうえに、あまり大きすぎないサイズなのも◎。“大きな缶”だと持って行く方ももらう方も負担になるので、バッグに入るサイズの缶はやはり手土産として便利です。

お値段も500~600円と良心的。食べ終わったあとスクエア缶にはペンなどの筆記用具を入れ、丸缶にはティーバッグを入れてリユースしています。どちらも浅い深さの缶なので、モノの出し入れがしやすいのがいいんです。

そして今年発登場の「レディバード缶」。こちらはカルディオリジナルの商品で、1個300円以下というお安さ。手のひらサイズの大きさの缶なので、食べ終わったあとはピルケースとして使うのにちょうどいい大きさです。

ビスケット缶の中にはクッキーが入っています。
中に入っているのはキャンディ。包み紙にもてんとう虫がプリントされていて、ふたを開けた瞬間もちょっとときめく商品。

このかわいさが600円台で買えるのは罪!

左からマカダミア クッキー缶、キャラメル岩塩 クッキー缶、ティラミス クッキー缶各637円

こちらも去年に引き続き、この時期に出てきた商品。最初見たとき、あまりのかわいさに「絶対1,200~1,300円くらいするだろう!? 」と思ったのですが、税込みでも600円台と知りびっくり! これはコンプリートしちゃいますよね(笑)。私のまわりでもコンプリート買いをしている人がちらほらといます。
かなりしっかりと閉まるので、コーヒーの粉や焼き海苔の保存缶として使えます。

中には個包装になったクッキーが7枚入っています。

「グランマワイルズ」の新作も登場

グランマワイルズ ビスケットアソート(キャッツティン)1,380円

「グランマワイルズ」は1899年創業のイギリスのビスケットメーカー。創業者であるジョン・ワイルズ氏の祖母アニーのレシピを受け継ぎ、ヨークシャーの伝統的なクッキーやビスケットを製造しています。

ここのクッキーやショートブレッドは、いつもイギリスらしい、ちょっとクラシカルなかわいさを持つ缶に入っており、見逃せないブランドです。

そんな「グランマワイルズ」に新しいデザイン缶が登場しました。猫! 表面はもちろん、側面にも猫が描かれています。エンボス加工が施され、猫の部分が盛り上がっているんですよ。

こちら大きさ的にサンドイッチを入れるのにベストサイズで、サンドイッチ弁当のとき、お弁当箱として使っています。

中にはチョコチップ&オレンジビスケット、ステムジンジャー&レモンのビスケットの2種が入っています。厚みがあり、食べ応えのあるビスケットです。

シンプル好きな人には“白缶”がおすすめ

左から、キャラメルワッフル デルフト缶900円、ボヌールクッキーティン1,404円

写真左の“ストロープワッフル”が入ったデルフト缶は、16世紀から生産され始めたオランダのデルフト陶器の柄が描かれています。食べ終わったあとは輪ゴムやクリップ、髪ゴムを入れるのにちょうどいいサイズの缶ですよ。

薄いワッフル生地の間にキャラメルフィリングをサンドした“ストロープワッフル”。「カルディ」でも長い間、売られ続けている商品です。

“ストロープワッフル”は、オランダ発祥のお菓子で、一説では18世紀後半から作られていたとも言われています。オーブンで温めてもいいですが、淹れたてのコーヒーや紅茶を入れたマグのフチに置いて中のキャラメルをじっくりやわらかくして食べるのが本場オランダ・アムステルダム流なのだとか。

写真右の「ボヌール缶」は、極シンプルなデザイン缶で、にぎやかな商品が多いカルディの中で逆に目立っていました(笑)。
レシピカードを入れる缶のような形をしている、ちょっとめずらしいタイプ。あまりこういう形の缶は見かけません。それだけにギフトとして使っても喜ばれそう。
残った缶、私だったら半端に残った袋入りのごまや鷹の爪、スパイスなどをここに入れると思います。

中にはプレーン、ココア、紅茶の3種類のクッキーが入っています。

いかがでしたか? 中のお菓子はもちろんですが、ぜひリユースも楽しんでくださいね!

 

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※価格は中田さん購入時の価格(税込み/編集部調べ)です。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。