子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「GU」の裏起毛スウェット(1,990円)がオトナの上品カジュアルにいい4つの理由【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

このところのスウェット界はかなり進化してるんですね……。若い頃はズシンと重みのある「トレーナー」を着ていた世代なので、「新世代スエット」の着心地の良さに、この冬感動しきりなのです!

「軽いは正義!」厚手のニットは重すぎるから…

null

以前なら、1月ともなればほぼ毎日ニットを着ていた私が、この冬一番着ている服、それが「GUのオーバーサイズスウェットプルオーバー (1,990円)」です。

昨年(2022年)のちょうど今頃、kufuraの人気連載「4ケタアイテムで叶えるオシャレ」で紹介されていたのがGUのスウェット。その時から気になっていて、ついに昨年12月に購入!

「GU オーバーサイズスウェットプルオーバー(長袖)」色はダークグレー。Lサイズで、身長160㎝の私のお尻が隠れるくらいのたっぷりシルエット。

スウェットって、部屋着にはいいけど、オトナが外着として(電車を乗っていくくらいの遠くに)着ていくにはどうなのかしら?と思っていました。でも実際購入してみると驚くほど万能で、合わせ方次第では、年齢相応の、キレイ見えするカジュアルに着ることも可能。

着心地がよく、どんなボトムとも合わせやすい、何より軽くて暖かい……おかげでニットの出番はかなり減りました(ニットのように毛玉もできないし、ジャブジャブ洗えてお手入れもラク!)。

「裏起毛スウェット」優秀ポイントは4つ!

null

推しポイントはたくさんあるのですが、まとめるとこの4つ。

1:「裏起毛」で風を通さず、断然暖かい!

2:圧倒的に軽い!

3:濃い色「ダークグレー」が上品で「キレイ見え」する

4:丸みがある絶妙なビッグシルエットで、体型をカバー

それぞれについて少し補足をすると……

1:「裏起毛」で風を通さず、断然暖かい!

昔からある、いわゆる「トレーナー」との大きな違いは、まずこの「裏起毛」の暖かさ。肌あたりもやわらかく、インナーが半袖Tシャツで素肌に触れるときなども、めちゃくちゃ気持ちいい。ニットだと、素材によっては冬場は“チクチク”しがちなので……。

2:圧倒的に軽い!

素材はコットン80%にポリエステル20%という割合。だからか、とにかく「軽い」。年を重ねるにつれて「軽いは正義!」と思っている私。冬はただでさえコートも着るし、ストールも巻く、と重みが増すので、できるだけ軽やかにしておきたい。

3:濃い色「ダークグレー」が上品で「キレイ見え」する

「色」もかなり重要!このダークグレイの他に、オフホワイト、グレー、ピンクの全4色展開なのですが、オトナが着るなら断然この「濃いグレー」です。

淡いグレーやオフホワイトだと、どうしてもカジュアル感が強く、オトナが着ると「部屋着」とか「運動着」感が出やすい気が。その点、この濃いグレーはグっと締まって見えて、ボトムによって印象も変えやすい。パールなどのアクセサリーをつけると「キレイ見え」します。

こんな風に、インナーに着たボーダーを袖口から少し見せてポイントにしても、いい感じに。

4:丸みがある絶妙なビッグシルエットで、体型をカバー

「オーバーサイズ」という名前だけあって、かなりゆったりしたシルエットで丸みのあるデザイン。気になるウエストや腰周りは無条件にカバーされます。

さらに、斜めにカットされてるポケット口など、オーバーサイズでも「もったり見えない」工夫が加えてあるのが、さすが!

 

肩がゆるっと落ちたデザインなので二の腕も気にならず動きやすい。ポケットがあるのも、ポイント高い!
袖ぐりもゆったりで、背中側にちょうどラインが。これだけでなんとなくスッキリ見える気が。

たとえばこんなコーディネートも!

null

柄スカートをオトナカジュアルに!

ともすると女っぽくなりすぎる柄スカートを、ほどよく中和してくれるのがこのスウェット。襟元はTシャツの白をのぞかせて、ピアスやスニーカー、バックパックも白を選ぶと、清潔感のあるオトナカジュアルにまとまる気がします。

グレーのワントーンで、パンツを上品に!

スウェットより少し明るいグレーのパンツを合わせた、ワントーンのコーディネート。ただ、それだけだと暗い印象なので、首元に明るいミントグリーンのストールを巻いてポイントに(と防寒にも!)。合わせた冬素材の柄バックは、地味になりがちな季節に便利な小物です。

ちなみに、以前、kufuraの記事でも紹介したGUのこのローファーは驚くほど履き心地がよく、ここ数年すっかりコーディネートのレギュラー。

あと、もうひとつ。ニットは品質の差(=値段の差なことも多い)が出やすい素材だなあと、個人的には思っていて。風合いとか手触りとか……。それに比べるとスウェットは、カジュアルブランドの手を出しやすい価格のものが優秀!と、嬉しい発見でした。

まだまだ寒い日が続きます。自分のカラダに無理をさせず、暖かく、そして少しでも気分良く冬を乗り切りたいですよね!

プロフィール

編集長・佐藤明美
編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。『Oggi』や『美的』で美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。
インスタグラム@sizukuishii

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集