子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【ガトーショコラ&さつまいもケーキ】ママ料理家 楠さんちのホットクックレシピ Vol.25

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ホットクック愛用者の中で意外と多い、「いまいち使いこなせない」、「定番のレシピにもうひと工夫してみたい」というお悩み。そんな方たちのために、野菜ソムリエでありママでもある料理家の楠みどりさんが、ホットクックで作るからこそ美味しいオリジナルレシピをご紹介します。

今回は、ホットクックで作るケーキ! バレンタインにもぴったりの「ガトーショコラ」と、ほっこり素朴な味わいが魅力の「さつまいもケーキ」の2種類を作ります。オーブンやケーキ型がなくても、本格的なケーキが作れるなんてうれしいですよね! 

身近な材料で作れる!2種のケーキ

ホットクックでは、ケーキなどのお菓子も作ることができます。以前もにんじんの簡単ケーキを作ったことがあるのですが、もうすぐバレンタインということで、今回は本格的なガトーショコラにチャレンジしてみました。

また、普段の朝食やお子さんのおやつにも重宝する、さつまいもを使ったヘルシーケーキも併せてご紹介します。どちらもホットケーキミックスを使用することで計量の手間を省き、用意する材料の数をできるだけ少なくしたレシピです。ぜひ試してみてくださいね。

2-4人分が作れる1.6Lタイプを使用

今回使用したホットクックがこちら。

我が家は3人家族なので、扱いやすい2~4人用、1.6Lタイプを使用しました。炊飯器と同じくらいの大きさなのでそれほど場所を取らず、コロンとしたフォルムでキッチンになじみます。

2021年9月に最新機種が発売されていますが、これはそのひとつ前のモデル。内鍋のフッ素コーティングのおかげでこびりつきにくい点が、ケーキ作りにもぴったりです。

バレンタインにも!しっとり濃厚ガトーショコラ

【材料】(一度に作りやすい分量)

・板チョコ 3枚(150g)
・卵 3個
・ホットケーキミックス 50g
・バター 50g

【作り方】

(1)卵は卵黄と卵白に分け、卵黄はほぐし、卵白はしっかりと角が立つまで泡立ててメレンゲにします。

●ポイント: 卵白の泡立て方が最大のポイントになります。多少面倒でも、ここでしっかりと角が立つまで泡立てておくと失敗が防げます。もしあれば、ハンドミキサーを使うとラクですよ。

(2)ボウルに板チョコを砕いて入れ、バターも加えて湯煎で滑らかになるまで溶かして混ぜ合わせます。

●ポイント:今回は一般的な板チョコを使用しましたがもちろん製菓用のチョコレートでも。また、今回はホットケーキミックスとチョコレートに含まれる糖分のみで砂糖は使用していませんが、お好みで調整してください。

(3)大きめのボウルに(2)と溶いた卵黄を入れて混ぜ合わせます。

(4)(3)にホットケーキミックスをふるい入れてさっくりと混ぜ合わせ、メレンゲを加えてさらに混ぜます。

●ポイント:メレンゲを潰さないように、泡だて器でぐるぐる混ぜるのではなく、ゴムベラなどでさっくりと切るようにしながら混ぜ合わせましょう。

(5)ホットクックの内鍋にバター(分量外)を塗り、(4)の生地を流し入れます。

(6)ホットクック本体にセットして、「手動で作る」→「ケーキを焼く」→「50分」に設定してスタートボタンを押します。

(7)焼き上がりました! 粗熱が取れたらそっと取り出し、食べやすい大きさに切り分けます。

粉糖をまぶしてイチゴを添えて、娘とおやつタイム! しっとりとしていて濃厚な仕上がりに娘も大喜び。「ママ、お店出せるよ!」なんていうありがたい褒め言葉もいただきました(笑)。

濃厚ですが甘すぎないので、夫も気に入ってくれたようです。お好みでホイップクリームなどを添えても◎。

続いては、さつまいもを使った優しい味わいのケーキをご紹介します。豆乳を加えてちょっとヘルシーに仕上げています。

優しい味わい!さつまいものヘルシーケーキ

【材料】(一度に作りやすい分量)

・さつまいも 約100g
・ホットケーキミックス 150g
・卵 2個
・砂糖 50g
・マーガリン(もしくはバター) 50g
・豆乳 100ml

【作り方】

(1)さつまいもは皮をむいて1cm角に切り、耐熱容器に並べてふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで3分ほど加熱します。

(2)(1)のさつまいもがやわらかくなったらボウルに入れて、熱いうちにフォークなどでマッシュします。

(3)(2)に卵を割り入れて加え、混ぜ合わせます。さらにマーガリン、砂糖を加えて混ぜます。さつまいもがまだ温かいのでマーガリンはそのまま入れてもなじみますが、バターの場合は室温に戻してやわらかくしたものを使用します。

(4)豆乳を加えて全体がもったりとするまで混ぜ合わせます。ハンドブレンダーがあれば(2)からここまでの作業に使用するとより手軽です!

●ポイント:豆乳は無調整豆乳を使用しましたが、調整豆乳や牛乳でもOKです。

(5)ホットケーキミックスをふるい入れて、ゴムベラでさっくりと切るように混ぜ合わせます。

(6)あとはガトーショコラと同様です。ホットクックの内鍋にバター(分量外)を塗り、生地を流し入れます。

ホットクック本体にセットして「手動で作る」→「ケーキを焼く」→「50分」にセットしてスタートボタンを押します。

(7)焼き上がりました。粗熱が取れたらそっと取り出します。食べやすい大きさに切り分けます。

こちらも粉糖をふって、バナナを添えて娘とのおやつタイムにいただきました。娘はガトーショコラのほうが気に入ったようですが、私はさつまいもケーキの素朴な美味しさもお気に入りです。

朝食や、仕事や家事の合間で小腹が空いた時などに、小さめに切ってパクっとつまんでいました。焼きたてはもちろん、翌日もしっとりとしてこれまたおいしい! 甘すぎず、飽きの来ない味わいです。もっと甘みが欲しいという時はメープルシロップやはちみつをかけても。

蓋を開けるまでドキドキワクワク!(笑)

ホットクックでのケーキ作りは、オーブンで焼くのと違って、焼いている最中の様子が分からず、正直ちょっと不安でした(笑)。ちゃんと膨らんでいるのか、焦げたりしていないか、蓋を開けるまでドキドキです。

ですが、そんな心配も要らないほど、ガトーショコラもきれいに焼けていたので大満足です。内釜にフッ素コーティングしてあるので、生地がこびりついたりせずにつるんと取り出せるのも嬉しい点。

ガトーショコラもさつまいもケーキも、ちょっとしたコツをおさえれば身近な材料で簡単に作ることができます。バレンタインはもちろんのこと、普段のおやつ作りにもぜひ活用してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集