子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

買う前に使ってみたい!を叶えるバルミューダ旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama」に行ってきました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

美味しく焼けるトースターやスタイリッシュなケトルなどでお馴染みの『バルミューダ』。昨年11月、東京・南青山にバルミューダ初の旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama」がオープンしました。

ただのショールームではなく、実際に製品を体験したり、試食・試飲を通して「バルミューダのある暮らし」をよりリアルに想像させてくれます。そんな旗艦店の魅力を、早速レポートしていきます!

オンライン限定モデルも!1Fは全バルミューダ製品が一堂に

左からサーキュレーター「GreenFan C2」24,860円(税込、以下同)、気化式加湿器「Rain」49,500円
LEDランタン「BALMUDA The Lantern」15,180円。子どもが夜中起きた時や、夜間の授乳時に便利という口コミも!

東京メトロ表参道駅から徒歩2分という好立地に店舗を構える「BALMUDA The Store Aoyama」。店内は2フロアに分かれていて、1階はショールーム。オンラインストア限定商品を含む、バルミューダの全製品が展示されています。

売れ筋の商品を尋ねてみると、給水量4.2Lと大容量の加湿器「Rain」は毎シーズン完売してしまうほどの人気商品だそう。これに限らず、実際の大きさがみられるので、おうちに置いた時のイメージがしやすいのがいいですね。

左から空気清浄機「BALMUDA The Pure」57,200円、扇風機「The GreenFan」39,600円

室内の空気環境への関心の高まりから、空気清浄機「BALMUDA The Pure」や、定番の扇風機やサーキュレーターの「GreenFan」シリーズも人気なのだとか。

スタイリッシュなデザインなので出しっぱなしにしていても気にならず、もはや家電としてだけではなくインテリアとしての価値すら感じます。

最近ではドラマやCMもでよく見かけるようになり、ホワイトやベージュなどの製品が、スタイリッシュなインテリアとしてメディアで取り上げられることも多いのだとか!

2Fの試食コーナーで調理家電の性能と美味しさまで確認!

試食・試飲ができるカウンターキッチン

2Fフロアでは、トースターやコーヒーメーカーなど家電製品を使った試食や試飲が可能! 実際に試して良さを確認できるのです。しかも無料というから驚き。予約不要で利用できます。製品の特徴や使い方をレクチャーしてもらいながら、使い心地を試せるのはお買い物前に心強いですよね。

※2022年1月25日現在、BALMUDA The Store Aoyamaでは、新型コロナウイルス感染防止の観点から試飲と試食をお休みしております。実施しているかは事前にお店までご確認ください。

2Fへと続く階段のステップに置かれたLEDランタン。階段に置いてみるのもいいな〜
プロダクトのデザイン図や考案図など、旗艦店でしか見ることのできない貴重な資料も展示

黒に統一されたスタイリッシュな空間に、ヨーロッパから運んだ本物のレンガ壁が重厚感をプラス。これぞバルミューダの世界観ですが、新色ベージュやホワイトで揃えた韓国っぽいショールームもいつかみてみたい!

今回体験したマシンはこの3つ!

1:バルミューダの「トースター」で最高のクロワッサンを

スチームトースター「BALMUDA The Toaster」25,850円
メゾンカイザーのクロワッサンを焼いてくれました!

早速試食をさせていただきました! まずはトースターから。「BALMUDA The Toaster」は水をトースター上部に入れ蒸気をプラスして焼くスチームトースターです。筆者が思うにバルミューダ製品の良さを体験するにはトースターが1番オススメです。

一口サイズにカットしてくれる細やかな気遣いも……!

特にバターたっぷりのクロワッサンの温め直しはすごく難しく、筆者は自宅のオーブンでクロワッサンを温めたところ真っ黒焦げになってしまったことも……。

しかしバルミューダのトースターには、トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン、クラシックの5つのモードが搭載され、絶対失敗しない最適な温度で仕上げてくれます。

焼きたてのパンの香りと口に入れた時のサクッとまたはもっちりとした食感を、パンに合わせてくれるのです。窯から出したばかりのような焼き立てをおうちで楽しめるって幸せですよね。

本体のカラーもブラック、ホワイト、ベージュ、グレーの4色展開と幅広く選べるところからも人気が伺えます。

2:「BALMUDA The Brew」なら自宅で至福のコーヒーブレイク

「BALMUDA The Brew」59,400円。幅14cmとかなりスリムな設計!
この日のお豆は渋谷「TRUNK(HOTEL)」のお豆でした

バルミューダがコーヒーマシンを出しているとはつゆほども知らず。旗艦店で初めて「BALMUDA The Brew」と出会いました。

テクノロジーとデザインを強みに持つバルミューダだからこそ、温度調整や蒸らし時間の調整はお手のもの。

「コーヒーを淹れる時間を意識して癒されてほしい」とチクタクと時計の針の音が出るギミックはマシンに愛らしさを感じます。

味はレギュラー・ストロング・アイスの3種類のモードが選べます。

特別モデルのコーヒーマシン「STARBUCKS RESERVE Limited Edition BALMUDA The Brew」64,900円

さらに感動した特別モデルが、「BALMUDA The Brew STARBUCKS RESERVE LIMITED EDITION」。あの『スターバックス』が全面監修して生まれた特別なマシンなんですよ。

スターバックスのコーヒー豆の味わいを引き出すためにチューニングした独自の抽出方法で、通常モデルで淹れたコーヒーと飲み比べをさせていただいたのですが、「本当にスターバックスの味がする……!」と不思議な気持ちに。おうちで淹れたてのスタバのコーヒーが飲めるなんてびっくりです。

リモートワーク時に自宅にあるとテンション上がるかも。さらに幅がスリムに設計されており置きやすいのもメリットだなと感じました。

3:吸水いらずで玄米も炊ける!「BALMUDA The Gohan」

3合炊飯器「BALMUDA The Gohan」45,650円
硬めの炊き上がり。
美味しい銀シャリでした!

続いて「BALMUDA The Gohan」をお試し。二重釜構造の蒸気炊飯器で、炊いた粒が立った硬めのご飯。噛むと内側からじゅんわりと甘みが広がります。

100℃を超えない自然な加熱によって、かまどや土鍋で炊き上げたような食感は、土鍋で炊いたご飯に近く「土鍋で炊いたよ」と言われて出されたら信じてしまうかもしれません。

さらに玄米派の方に朗報なのですが、蒸気炊飯を実現する特徴的な二重釜構造と特別な温度制御で炊くので玄米が吸水なしでふっくらと炊けるそう。吸水の手間が省けるなんて時短になりますね!

お土産にいかが?カレーソースや店舗限定マグカップも

「BALMUDA The Mug by Noritake」2,200円は、ホワイト・ブラック2色展開。店舗限定アイテム!
「BALMUDA The Curry」810円

紹介した製品はすべて旗艦店でも購入できますが、家電は大きな買い物なので、即決するのはなかなか難しいかも知れません。しかしバルミューダのロゴ入りマグカップやレトルトカレーも販売されているので、せっかく行ったから何か買いたい!という方にも嬉しいですね。

マグカップはサラッとしたマットな質感。裏をみてみると「Noritake」のロゴが! 日本発の世界的陶磁器ブランドにマグカップを依頼できるなんて……またもや素敵なコラボです。

レトルトカレー「BALMUDA The Curry」は、創業60年を誇る上野の老舗デリーと共同開発したカレー。しっかり辛めの大人なカレーです。

実際にバルミューダ製品がずらっと並べられていることで、ただ製品スペックや大きさを見比べられるだけでなく、ちょっとゆっくりパンを焼いてみたり、コーヒーを淹れたり……と、暮らしが豊かになるイメージが湧いてきました。

体験を通して、家電量販店とはまた違う五感を刺激してくれるのは旗艦店ならではです! 「モノが行動を変えてくれるかも」と思うきっかけにもなりました。

バルミューダ旗艦店の地下には複合的な利用ができる施設もオープン予定だそう。オープンしたらそちらにも立ち寄ってみたいですね!

BALMUDA The Store Aoyama

住所:東京都港区南青山5-5-3

アクセス:東京メトロ「表参道駅」A5出口より徒歩2分

営業時間:平日 11時〜19時、土・日・祝日 10時〜19時

定休日:毎週水曜日​

問い合わせ:03-6633-9059

https://www.balmuda.com/jp/shops/

【取材協力】

バルミューダ株式会社

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集