子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

身も心も大満足!「味噌汁」寒くても温まるポカポカ具材6選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日の食事に欠かせない「味噌汁」。毎日欠かさず作っているという方も多いのではないでしょうか?  出汁からこだわったり、季節の野菜を入れたり、変わり種にもチャレンジしたり……! 味噌汁は、毎日飲んでいても飽きないから不思議ですよね。

今回はそんな味噌汁に関するアンケート結果をお届けします。だんだん寒く、秋らしい気候になってきたこの頃、ぐっと味噌汁が恋しくなりませんか?

そこで今回『kufura』では、500人の女性に、寒くなると食べたくなる味噌汁の具材についてうかがいました。

ホクホクが美味しい「じゃがいも」

冬が近づくと、「じゃがいも」の味噌汁を食べたくなる方が多いようです! じっくり煮込んだホクホクのじゃがいもを食べれば、体はポカポカに。甘みもあって、心もホッコリしますよね。レンジでチンすれば時間もかからず、時短で作れちゃいます。

「じゃがいもと玉ねぎの味噌汁。じゃがいもは時間をかけて、崩れそうになるくらい煮込むと甘みが出て美味しい」(47歳/その他)

「じゃがいもの味噌汁。卵を入れてまろやかに仕上げる」(28歳/公務員)

「じゃがいもと根菜類。大きめに切って煮込むとより美味しい」(58歳/主婦)

「じゃがいもと玉ねぎの味噌汁。じゃがいもを小さめするのが好き」(48歳/主婦)

「じゃがいも。ホクホクしていて温かい。時短のために味噌汁に入れる前にレンジでチンする」(30歳/主婦)

柔らかい冬の「大根」を味噌汁で

大根の味噌汁も大人気! 年中食べられる大根ですが、実は旬は冬。みずみずしくて甘みが増している冬の大根は、味噌汁に入れても絶品です。じっくり煮込んで味を染み込ませれば、大根と味噌の旨味がじゅわ~っと広がって、気持ちが落ち着くこと間違いなし。

「大根と油揚げの味噌汁。大根の食感が少し残るように太めに切る」(31歳/総務・人事・事務)

「大根の味噌汁。冬の大根は柔らかくておいしい」(46歳/主婦)

「大根。細長く切ると出汁が染み込みやすいし食べやすい」(23歳/営業・販売)

「大根と白菜をじっくり煮込んで」(54歳/その他)

「和風顆粒だしと水が沸騰したら軽く水気をきった大根おろしを入れて、味噌をとく。最後に落とし卵で完成」(58歳/主婦)

あま~い「さつまいも」で秋を感じて

秋を感じられる野菜の代表、「さつまいも」を味噌汁に入れている方もたくさんいました。甘み溢れるさつまいもは、意外にも味噌汁とマッチ。秋らしい味噌汁になるので、季節を感じたい日にぜひ!

「さつまいもと玉ねぎの味噌汁。さつまいもの甘みが溶け込んで美味しい」(26歳/総務・人事・事務)

「さつまいもと長ネギの味噌汁。さつまいもは、ほっくりと煮て、長ネギで味が引き締まって美味しい」(59歳/主婦)

「さつまいも。少し硬めに煮て、煮くずれない程度にするのが好きです」(33歳/総務・人事・事務)

「さつまいもの味噌汁。体が温まるので秋になると飲みたくなる」(22歳/金融関係)

「さつまいもと油揚げの味噌汁。さつまいもを少し柔らかめに煮るとほろほろ崩れて美味しい」(29歳/その他)

味噌汁の定番「豆腐」で温まって

味噌汁の定番「豆腐」は秋冬にも大人気。寒い日には、温かい豆腐が体を温めてくれますよ。片栗粉でとろみを出したり唐辛子を入れたり、さらにポカポカするこの時期ならではのアレンジを楽しんでいる人も!

「豆腐とわかめのスタンダードな味噌汁。いつもと変わらない味にほっとする」(30歳/公務員)

「豆腐や長ネギなどを入れて片栗粉でとろみをつけると体が温まる」(70歳/主婦)

「豆腐です。体の芯まで温まります。仕上げにわかめを入れると美味しい」(59歳/主婦)

「わかめと豆腐と唐辛子を入れると体が温まる」(47歳/デザイン関係)

「豆腐の味噌汁。湯豆腐みたいで温まる」(59歳/その他)

やっぱりはずせない「豚汁」

忘れてはならないのが「豚汁」! 寒くなると食べたくなる味噌汁の具材の回答でダントツの人気でした。たくさんの具材から出た旨味と出汁が美味しく、さらに残った野菜を全部入れられるので嬉しい、といったみなさんの声も。最後にごま油を垂らすと風味がアップして香ばしい豚汁に変身するそうですよ。

「冬の味噌汁なら豚汁が最高。好きな具を入れるだけ」(45歳/主婦)

「豚汁。なんでも野菜が入れられて栄養満点、冷蔵庫の掃除にもなるし体もぽかぽか! 言うことなしの一品」(41歳/総務・人事・事務)

「根菜類が多い豚汁。野菜の甘みが出て、美味しいし温まる。ごま油を少し加えると、根菜の味が引き立ちます」(47歳/デザイン関係)

「豚のひき肉で作った豚汁にごま油を垂らして食べる」(61歳/主婦)

「豚汁です。冷蔵庫にある根菜類をたくさん入れ具だくさんにします」(59歳/主婦)

「すいとん入り豚汁。キャベツと玉ねぎも入れて野菜の甘味を出すと美味しい」(40歳/その他)

「生姜」を入れてさらにポカポカに!

体を温める食材と言えば「生姜」。生姜を味噌汁に入れて、体を温めている方も多かったです。簡単に生姜チューブで入れてもOK。具材として煮込んだり、すりおろしたり、千切りにしたり……。味の違いと食感も楽しんで。

「生姜。ひたすら煮込むとうっすら味噌汁に味がつき美味しい」(36歳/主婦)

「生姜チューブ。出来上がった味噌汁の中に入れる」(27歳/その他)

「生姜がととろろ。体が温まりとろみが体に染み渡る」(30歳/主婦)

「味噌汁に千切り生姜を最後に入れる」(44歳/研究・開発)

「豚汁風にして、生姜をすりおろす。体が温まるそれだけで満足できる」(32歳/主婦)

 

いかがでしたか?

何を入れても美味しい味噌汁ですが、いつもお決まりの具材だな~という方も多いのでは!?

寒くなってくるといつも以上に体に染みわたる味噌汁。今回みなさんに聞いた、寒い日に食べたくなる具材を入れて、家族の心もポカポカ温めてくださいね。みなさんの家の今日の味噌汁のご参考に!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。