子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

食べ逃したくない!「秋の味覚」旬の美味しいレシピといえば?500人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

食欲の秋。食べたいものがたくさんあって、毎回の食事が楽しみ! 食いしん坊のみなさんにとって嬉しい季節がやってきましたよ。

「秋の味覚」といえば、何を思い浮かべますか? お魚も、野菜も、果物も、この時期は旬の食材がありすぎて、何を食べようか迷ってしまいますよね。

そこで、今回『kufura』では20代〜50代の女性500名にアンケートを実施。旬を迎えて食べたくなる「秋の味覚」についてうかがいました。あっという間に過ぎてしまう秋。今しか味わえない極上の食材を召し上がれ!

低カロリーで旨味たっぷりな「きのこ」

スーパーで1年中売っている「きのこ」。でも路地栽培のきのこは秋が旬です。低カロリーで種類も豊富、旨味もたっぷりで飽きがこないのが嬉しいですよね。調理方法もたくさんあるので、ぜひきのこを主役に味わってください!

「きのこ類。炙って塩をちょっとだけつけて食べる。鍋に入れても炊き込みでも。香りでも秋を感じる」(46歳/デザイン関係)

「きのこ類がいっぱい入ったお味噌汁」(39歳/その他)

「しいたけ。焼いて醤油をかけて食べる」(60歳/主婦)

「きのこを入れた茶碗蒸し」(71歳/主婦)

「舞茸の炊き込みご飯。にんじん、こんにゃく、鶏肉と一緒に炊く」(42歳/主婦)

きのこの王様「松茸」で贅沢気分

そんなきのこの中で忘れてはならないのが、高級食材「松茸」。香りを嗅ぐだけで、ふわ~っと秋が広がります。少し贅沢をして今年は「松茸」を楽しんでみてはいかがですか?

「松茸。贅沢だけど秋の楽しみの一つだから」(36歳/主婦)

「松茸ご飯」(58歳/主婦)

「松茸のおすまし」(46歳/主婦)

「松茸の土瓶蒸し」(57歳/その他)

「松茸を焼いて香りを楽しむ」(41歳/主婦)

大人の秋の味「ぎんなん」

意外と「ぎんなん」を挙げてくださった方がたくさんいらっしゃいました。程よい苦みと絶妙な香りで、まさに大人の秋の味。お子さんにはまだ早いかもしれないので、こっそり大人だけでいただきます……!

「ぎんなんの串焼き」(25歳/その他)

「ぎんなん。そのまま焼いて塩を振って食べます」(64歳/その他)

「ぎんなんが入った茶わん蒸し」(39歳/その他)

「ぎんなん。殻を割って封筒に入れレンジでチンする」(73歳/その他)

あま~い「柿」はデザートに

秋に食べる果物の代表「柿」。皮を剥いてそのまま食べる方、熟して柔らかくなるのを待ってから食べる方、アレンジしてしまう方も。甘い旬の「柿」、本格的にスーパーにも並び出すのが楽しみです!

「柿。口の中で甘みが広がり感触も良い」(49歳/主婦)

「柿を使ったアイスを作る」(26歳/営業・販売)

「かなり熟して柔らかくなった柿をジャム風にして食べる」(46歳/金融関係)

「やはり柿なます」(53歳/その他)

秋の魚といえばやっぱり「さんま」

さんまがスーパーに並ぶと、秋の始まりを感じる方も多いのでは? 秋の味覚でたくさん意見をいただいたのは、やはり「さんま」でした。詳しくレシピをまとめた記事、  「『さんま』が恋しい…!塩焼き以外にもアレンジ無限、今年はどうやって食べる?」もご参考に!

「さんまに大根おろしとすだち添えて食べる」(34歳/その他)

「さんま。白米との相性抜群」(23歳/営業・販売)

「さんまの梅干し煮」(52歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「さんまを焼いてほぐしてにんじん、椎茸、しめじと炊き込みご飯」(39歳/営業・販売)

「さんまの塩焼き。定番だけど一番さんまを味わえる」(44歳/主婦)

優しい甘みでホッコリな「栗」

「栗」も秋になると必ず食べたくなる食材のひとつ。ほのかな甘みが、気分も優しくしてくれますよね。ご飯に入れても、おかずにしても美味しい! そして、栗のケーキ「モンブラン」が大好き!という方も多いのでは? どう調理しても美味しい「栗」はこの秋も外せません。

「栗ご飯。シンプルに栗・だしの素・酒・みりんで炊いて胡麻塩をふりかけて食べると美味しい」(60歳/主婦)

「栗の甘露煮」(27歳/その他)

「栗を渋川のまま甘煮にしても美味しい」(30歳/その他)

「モンブラン。大好きすぎる」(39歳/主婦)

「さつまいも」で心もお腹も満たされて

お芋も秋が旬ですよね。なかでも「さつまいも」は、甘さとホクホク感で子どもにも大人気。喜んでパクパク食べてくれます。スイートポテトなど甘さを生かしたデザートにしても、てんぷらなどのおかずにしても、食卓ではいつも大人気!

「さつまいも。お味噌汁に入れる」(24歳/金融関係)

「さつまいもご飯。切ったさつまいもを水にさらし、炊飯器にといだ米、水、酒、塩をいれてスイッチオン」(31歳/主婦)

「石焼き芋。最近はレンジでも作れて便利」(42歳/その他)

「さつまいもの天ぷら」(43歳/その他)

「さつまいもを生クリームと混ぜてスイートポテトにするのがお気に入り」(37歳/主婦)

 

いかがでしたか?

本格的な秋を目の前に、旬のものが多すぎて、今日は何を買って帰ろうか悩んでしまいますよね。でも、秋はあっという間に過ぎ去ってしまうので、食卓でもしっかり「秋」を捕まえて、楽しんでくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。