子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

家族が喜ぶ「玉こんにゃくのアレンジレシピ」味しみ、ピリ辛…美味しい!のオンパレード

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コロンとした丸いフォルムがかわいい「玉こんにゃく」。プリプリとした食感とクセのない美味しさはもちろんのこと、食物繊維がたっぷりでカロリーも低いので、ヘルシー食材としても大人気ですよね。今回『kufura』では、既婚女性173人にアンケートを行い、「我が家で人気の玉こんにゃくのアレンジレシピ」を教えてもらいました。

ごはんやお酒がどんどん進む!定番の「甘辛煮」

「オーソドックスですが、甘辛く煮た玉こんにゃくが家族にいちばん喜ばれます」(35歳/その他)

「玉こんにゃくの甘辛煮。スルメをいっしょに入れて煮込むと、スルメからいいダシが出てより美味しくいただけます」(57歳/主婦)

「玉こんにゃくを甘辛く煮て、からしをつけて食べると最高です」(43歳/主婦)

「玉こんにゃくの甘辛煮。一味唐辛子をかけると、冷めてもピリリとして美味しいので、お弁当のおかずにもピッタリです」(41歳/主婦)

「甘辛くしっかり味付けした玉こんにゃくを、卵黄につけて食べるアレンジが、我が家で大人気です」(39歳/主婦)

いちばん人気が高かったのは、定番の甘辛煮でした。甘辛いタレがしっかり染み込んだ玉こんにゃくは、ごはんのおかずはもちろん、酒のつまみにもピッタリなので、子どももパパも大喜び。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも重宝します。からしや一味などでちょい辛にしたり、卵黄をつけて食べるのも美味しそうですね。

野菜や肉などといっしょに「煮物」にするのもおすすめ

「玉こんにゃくと鶏肉の煮物。家族みんな“美味しい!”と言いながら、たくさん食べてくれます」(28歳/主婦)

「大根と手羽元といっしょに玉こんにゃくを煮込むと、コクのある美味しい煮物が出来上がります」(49歳/主婦)

「大根やゆで卵といっしょに、玉こんにゃくを生姜醤油で煮込むと美味しいです」(44歳/その他)

「玉こんにゃくと厚揚げ、シイタケの煮物がいちばん喜ばれます」(38歳/主婦)

「玉こんにゃくとタケノコの煮物は、主人の好物の一つです」(57歳/主婦)

「じゃがいもといっしょに玉こんにゃくを甘辛く煮込むと、ごはんが進む美味しい一品が出来上がります」(61歳/主婦)

玉こんにゃくだけの煮物も十分美味しくいただけますが、野菜や肉などほかの具材といっしょに煮込むと、それらの旨味が玉こんにゃくにしっかりと染み込んで、より美味しい煮物になる様子。玉こんにゃくだけの煮物より栄養もボリュームも満点で、これだけで立派なメインおかずになるのも嬉しいですね。

ダシがしっかり染み込んだ「おでん」も大人気

「おでんに入れた玉こんにゃくが最高に美味しいです」(63歳/主婦)

「玉こんにゃくをおでんに入れると、味がしっかり染みて美味しいです」(95歳/主婦)

「普通におでんに入れます。形がまん丸っていうだけで、子どもたちがすごく喜びます」(53歳/主婦)

「玉こんにゃくを串に刺して、おでんに入れます。そのまま食べてもいいですが、からし味噌をつけるとさらに美味しくなります」(62歳/主婦)

「おでんに入れて、甘味噌をつけて食べるのが大好きです」(60歳/主婦)

「串に刺して味噌おでんにすると、味はもちろん見た目もおしゃれです」(79歳/主婦)

「玉こんにゃくはおでんに入れるのが最高に美味しい!」という人もたくさんいました。いろいろな具材のダシがしっかり染み込んだ玉こんにゃくは格別な味わいで、お箸がどんどん進みますよね。おでんにそのまま入れても丸くてかわいい感じですが、串に刺すと見た目がより本格的に。からし味噌や甘味噌をつけたり、味噌おでんにするのもすごく美味しそうでいいですね。

「炒め物」にするならピリ辛炒めがイチオシ

「玉こんにゃくのピリ辛炒め。玉こんにゃくを炒めて、麺つゆと唐辛子で味付けるだけですが、すごく簡単で美味しいです」(61歳/総務・人事・事務)

「玉こんにゃくのピリ辛炒めは、ごはんのおかずにも酒のつまみにもなるので便利。カロリーが低いので、罪悪感なくたくさん食べられます」(49歳/総務・人事・事務)

玉こんにゃくを炒め物にするのもおすすめの様子。中でも特に人気が高かったのが、玉こんにゃくのピリ辛炒めです。ピリリとした辛さがあと引く美味しさで、料理の箸休めや酒のつまみなどにもピッタリ。また、焼肉のタレや鰻の蒲焼きのタレなど、市販のタレを使った炒め物も人気! 手軽に濃厚な味わいのおかずが完成するので便利です。

「玉こんにゃくを炒めて、焼肉のタレで味付け。お肉がなくても焼肉風の味わいで美味しくいただけます」(73歳/主婦)

「鰻の蒲焼きのタレで炒めて山椒を振る。淡白な味わいの玉こんにゃくがちょっとしたおかずになるし、お弁当のおかずにしても美味しいです」(59歳/主婦)

酢味噌や柚子味噌でサッパリといただくのも美味

「玉こんにゃくを薄くスライスして、酢味噌をつけて食べると美味しいです」(59歳/主婦)

「茹でた玉こんにゃくに、酢味噌をかけて食べるとサッパリして美味しいです」(51歳/その他)

「玉こんにゃくを薄く切って、酢味噌をつけて食べると美味しいです。夏の暑い時期は、よく冷やしてからおつまみとして出すと、夫が喜んで食べてくれます」(66歳/主婦)

「茹でて串に刺した玉こんにゃくに、酢味噌や柚子味噌をつけて食べるのがいちばんのお気に入りです」(80歳/主婦)

茹でた玉こんにゃくを酢味噌や柚子味噌などにつけて、サッパリといただくアレンジも人気。玉こんにゃくを薄くスライスして刺身こんにゃく風にしてもいいし、そのまま串に刺したものに酢味噌や柚子味噌をつけて豪快に食べても美味しくいただけるようです。すごくサッパリしているので、これからの暑い季節にピッタリの一品と言えそうですね。

いつもの料理に加えて玉こんのプリプリ食感を楽しむ

「玉こんにゃくをカレーに入れると、食感が良くなって美味しいです」(49歳/主婦)

「しらたきの代わりに肉じゃがに入れると、すごくプリプリして美味しいです」(30歳/総務・人事・事務)

「シンプルに筑前煮の具として使っています。筑前煮は我が家の定番料理なので、家族もなじみのある味わいで食べやすいみたいです」(41歳/その他)

「玉こんにゃくを手で細かくちぎってチヂミに入れると、食感がコリコリしてとても美味しいです」(68歳/総務・人事・事務)

「豚汁に入れると、玉こんにゃくに味が染み込んですごく美味しいです」(39歳/主婦)

カレーや肉じゃがなど、いつもの料理に玉こんにゃくを入れると美味しいという人も目立ちました。玉こんにゃく独特のプリプリした食感が、料理のいいアクセントになって、いつもとはちょっと違う味わいを楽しむことができる様子。玉こんにゃくは丸ごと入れると大きくて食べにくいので、小さくカットしたり、手でちぎってから使うようにするのがいいかもしれませんね。

ほかにはこんなアレンジも大人気!

「他の具材といっしょにオーブンで焼いてアヒージョ風にし、熱々で食べるのがおすすめ。オリーブオイルにニンニクとパセリを多めに入れると、より一層美味しくなります」(66歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「玉こんにゃくの味噌田楽。甘めの味噌とプリプリの玉こんにゃくがベストマッチで、すごく美味しいです」(64歳/主婦)

「玉こんにゃくを網で焼いて、2~3個いっしょに串に刺してからみたらし餡を絡めると、ダイエットみたらし団子が完成します」(51歳/主婦)

ほかにも、家族が喜ぶ美味しいアレンジはいろいろ。洋風アレンジのアヒージョ風やみたらし団子風のデザートなど、どれも美味しそうなものばかりなので、ぜひ皆さんも試しに作ってみてくださいね。

玉こんにゃくのアレンジレシピをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 皆さんイチオシのレシピを参考に、定番からちょっと意外なものまで、いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集