子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

お弁当に大活躍!焼いて・炒めて・揚げて七変化「ちくわ」のアレンジレシピ大集合

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

そのまま食べても、調理しても美味しい「ちくわ」。お弁当のちょっとした隙間を埋めるときにも便利ですよね。

実際、以前kufuraでご紹介した記事(お弁当のおかず「もう一品足りない!」時に役立つ簡単レシピ)でも、一番多く回答が寄せられたのが「ちくわ」でした。

そこで『kufura』では、20代から50代の女性210名にアンケートを実施。「お弁当やおかずに大活躍のちくわレシピ」を教えてもらいました。いろいろなアレンジを知っておくと、いざという時に助かりそうですよね。

巻いたり和えたり…そのままでもアレンジ多彩!

「きゅうりを薄切りにして塩もみして、しぼったら、ちくわも細切りにして、白だしとすりごまであえるだけ、簡単レシピです」(28歳/その他)

「ちくわの穴にキュウリをいれる。凄く簡単で可愛くみえるので気に入っています」(28歳/その他)

「ちくわを一口サイズに切り、さらに縦に割れ目を入れてその中に大葉とキュウリを入れる」(39歳/その他)

「ちくわ、枝豆、ひじきをマヨネーズで和えてサラダにします」(26歳/その他)

「ちくわを半分に切ります。ピューラーできゅうりを薄く切ります。ちくわは、白い方が外になるように、きゅうりとちくわで丸めて楊子をさして留めます」(42歳/その他)

「縦半分に切って、梅干しと青じそをまいて爪楊枝で留める」(33歳/主婦)

ちくわの穴にキュウリを入れた「ちくきゅう」のほかにも、梅や青じそと和えた一品やサラダにするなど、さまざまなアレンジができますね。

パパッと時短でこんがりウマウマ「焼く」

「ちくわをふたつに切ったあと縦に切って、溝にマヨネーズをだしてパルメザンチーズ、こしょう、パセリをかけてトースターで焼く。グラタンもどきの味になります」(28歳/デザイン関係)

「磯部焼き。ちくわを斜め切りにし、小麦粉、マヨネーズ、酒、あおのりを混ぜた中に入れ、からませて、トースターで焼く」(45歳/主婦)

「ちくわを輪切りにしてアルミカップに入れてマヨネーズとチーズをかけて焼く」(54歳/その他)

「ちくわにオクラを入れて醤油と酒に漬けたものを焼くだけ。絶品つまみにもなる」(47歳/金融関係)

「ななめぎりにして、ただ空焼き。しょうゆをかけてたべるだけ。かんたん」(46歳/主婦)

「ちくわの穴にとろけるチーズを入れて、オーブントースターで焼く」(57歳/主婦)

「ちくわの穴にポテトサラダをいれて、油でさっと焼く」(44歳/その他)

マヨネーズをつけてオーブンで焼くというアレンジも、かなり人気。切ってオーブンに入れるだけだから、調理時間も短くて簡単ですね!

ご飯が進むこと間違いなし!「炒め物」

「ちくわを斜めに薄く切り、同じように玉ねぎを用意し、フライパンでよく炒めます。塩コショウで味付けをしたらマヨネーズで和える」(29歳/総務・人事・事務)

「ちくわを斜め切りにし、マヨネーズで炒めて青のりをふる」(50歳/主婦)

「細切りにしてキノコや人参や適当に余っている野菜と一緒に麺つゆで炒めると、ご飯が進みやすい味になる」(45歳/コンピュータ関連技術職)

「ちくわは輪切り。大葉を数枚みじん切りにして、オリーブオイルで軽く炒める」(58歳/主婦)

「ちくわの甘辛焼き。ごま油で炒め、しょうゆとみりんで味付けし、ごまをまぶして出来上がり」(35歳/主婦)

「フライパンにマヨネーズを入れ、その中に切ったちくわを入れて炒め、簡単磯部焼き。夫のお気に入りです」(58歳/主婦)

オリーブオイルやマヨネーズ、しょうゆなどで味付けしながら炒めてもGOOD! 濃いめの味付けにすれば、お弁当のおかずやおつまみにもピッタリですね。

定番の磯部揚げは味付けを工夫しても!「揚げ・揚げ焼き」

「ちくわ磯辺焼きです。薄力粉と水とあおさで衣を作り、ちくわに付け、揚げ焼きにします。マヨネーズをかけても美味しいです」(26歳/主婦)

「ちくわは薄切りにして米粉を適量からめます。そこへ少々の水と青のりを加えてさらにからめます。油をひいたフライパンでこれを焼けば、揚げないヘルシーな磯辺揚げの出来上がり。冷めてもとっても美味しくお弁当の隙間埋めにも最適です」(57歳/主婦)

「磯部揚げです。子どもたちがマヨネーズやケチャップを付けて、モリモリ食べてくれます」(38歳/主婦)

「ちくわの穴にオクラを入れて衣をつけて揚げる。それなりにボリュームもでてコストの割に満足感があります」(36歳/主婦)

「ちくわの天ぷら。チーズを入れたり衣にカレー粉をまぜたりして揚げる」(45歳/主婦)

定番の磯部揚げは、やっぱり人気。チーズ入りやカレー味にしたり、マヨネーズをディップしたり、味付けのアレンジも広がって楽しいですね。

旨味をたっぷり吸った「炒め煮・煮物」

「ちくわとひじき、ピーマンのきんぴら。健康的で子どもも大好き」(42歳/総務・人事・事務)

「薄めた麺つゆで煮たものがシンプルで美味しいです」(35歳/主婦)

きんぴらに混ぜたり、麺つゆでさっと煮たり、ちくわは煮物料理にも使える万能食材。ちくわが入っているだけで、子どもたちが喜んでくれそうです。

 

今回のアンケートでわかったのは、ちくわはそのままはもちろん、焼く・炒める・揚げる・煮ると、どんな調理法にも使える優秀な食材ということ。しかも安くて美味しいから、申し分ないですね。お弁当のおかずや、もう一品欲しいときに、これらのレシピをぜひ参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集